■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
八田御朱印屋敷
018_convert_20151208154743.jpg

八田家御朱印屋敷と書院
山梨県指定有形文化財建造物
   八田家書院(附土蔵棟札、永々日記、家政暦年誌、地相絵図面、八田村古絵図)
   昭和36年指定
山梨県指定史跡
   八田家御朱印屋敷
   昭和44年指定

八田氏は八田権頭宗綱(常陸国、宇都宮氏流)の末裔とされるが詳細は不明である。
戦国期に武田氏に仕え、信玄の頃は蔵前衆の要職にあった。
家重のときに一宮町末木の地を武田氏から拝領し姓を末木に改めたが、武田滅亡のあとも徳川家康の庇護を受け、末木政清は八田に復姓した。
天正11年(1583)4月兄政清が、同9月には弟の新左衛門尉が棟別の免許を受けている。
新左衛門尉には男子がなく、政清の二男政俊(菅太郎)が両家を相続し、苗字帯刀を許されるとともに、3千4百坪の屋敷地が御朱印地として安堵された。
現在の八田家屋敷地は御朱印地の西の一画で、旧笛吹川に面する北辺には高い部分で約2mある水防堤を兼ねた土塁が残る。
八田家の由緒書によれば、天正10年(1582)3月、織田軍の兵火により建物はことごとく焼失してしまったという。
しかし徳川幕府より万力(山梨市)や富士裾野の木材の使用許可を得て建物は再建された。
現在残っている書院はこのときに建築されたようである。
伝承によれば屋敷地には主屋のほか、西座敷、西蔵、中味噌蔵、文庫蔵、御方屋、酒部屋などがあったという。
主屋については安政水害後に取り壊された際の記述で「間口十一間、奥行四間、カンバ葺」となっており、石置屋根で内部は柱と壁が密に配されていたらしい。
茅葺入母屋造の本書院の間取りは西から九畳の奥間、十五畳の中間、八畳の三の間が並び、これに一間の入側、式台玄関などが配される。
柱には栂材を用い、各間の内装は長押打ち、竿縁天井張りの書院造の造作を維持する。
ただし奥間の柱のみ径四寸の杉の面皮柱を用い、付書院、肘掛窓とあわせて数奇屋風を醸し出している。
書院の建築年代は特定されていないが、東隣の願念寺より2年古いという伝承がある。
様式、木割、残る建具の一部など古い要素をとどめる一方、天井の竿縁が太いこと、数奇屋風の奥間などは17世紀後半の特徴を具えている。
古文書は多く、永禄12年(1569)の末木家重譲状を筆頭に、絵図まで含まれている。
慶長11年(1606)の家財・人別・牛馬の目録のほか、安永~寛政年間の「永々日記」、寛政~明治年間の「家政暦年誌」、土蔵棟札(文久元年)などがある。

笛吹市教育委員会

(説明板より)

023_convert_20151208171343.jpg 024_convert_20151207101449.jpg

八田家書院と表門
八田家は昔武田氏の蔵前奉行として、年貢の収納、軍糧の輸送を司っていたため、天正10年(1582)3月織田軍の兵火に罹り居宅其他を悉く焼失した。
同年7月徳川家康入国の際、徳川家に隷属し、家康から万力御林の材木を賜って主屋《この建物は安政6年(1859)7月笛吹川洪水のため大破したので取り壊す》を造立し、又慶長6年(1601)都留郡富士根の材木を賜って書院を構築した。
この書院は茅葺入母屋造、桃山時代末期の武家書院様式で現在まで補修が完備して、よく当時の格調を保存しているとの理由で昭和36年12月7日山梨県指定文化財となった。
同家表門は寛文元年(1661)石和代官所創設の際代官平岡勘三郎良辰が石和陣屋表門として建立したものを、明治7年(1874)11月払い下げを受けて当家の表門としてここに移築したものである。

笛吹市

(説明板より)


【山梨県笛吹市石和町八田334】
スポンサーサイト


史跡 | 11:45:53 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。