■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「子供に迷惑はかけたくない」は正しいか?(汗)
最近の中年以上の人の中には「子供には迷惑はかけたくはないから・・・」と将来、子供との同居を望まない人がいる。
同居する、しないは勝手ですが・・・
私は、この「子供には迷惑をかけたくない」の言葉を聞くたびに違和感を覚えるのである。
果たして、この「子供に迷惑をかけたくない」という、この考え方、言い方は正しいのだろうか?

親が赤ん坊を授かったとき・・・
“おしめ”を交換しするなど“下(しも)”の世話をし、熱が出れば看病し、何をどうして欲しいのか泣き止まない赤ん坊をあやし・・・
そうやって赤ん坊を育ててきたはずである。
その時に、「迷惑だ」と言ったのだろうか?
「赤ん坊に迷惑をかけられている」と言う親が果たしているだろうか?
もし、いたとしたら、それは完全に親としては失格であろう。

人間は、歳を取ると、段々赤ん坊に近づいていくという気がする。
“おしめ”をするようになるし・・・(笑)
場合によっては、“下(しも)”の世話を第三者に頼るようになるし・・・
何が原因なのかわからないが、突然体調を崩すし・・・
ボケが入ってくると、何を言っているのかサッパリわからん話をするようになるし・・・(大笑)
突然の怒り出したり、駄々をこねたり・・・
こっちの言うことはサッパリ理解してくれないし・・・
まるで赤ん坊と同じである。(大汗)
違うところは、言葉が話せることと、体が大きくて重くて簡単には持ち上げられないくらいではなかろうか?(大笑)
その“大きな赤ん坊”の世話をするのを「迷惑」とは言わないと思うんですけど・・・
「世話が焼ける」「手がかかる」「手が焼ける」・・・これならわかるが・・・
「親に迷惑をかけられています」はありえないと思うのです。
その場合は別の状況を指すのであって、親の面倒を見るのを「迷惑をかけられている」と言ったのではおかしなことになると思う。
というわけで・・・「迷惑」という言い方はおかしい・・・

私は親父の面倒を見ているが、一度も「迷惑をかけられている」と思ったことはない。
「手が焼ける」・・・は日常茶飯事ですが・・・(大笑)

「自分の子供には迷惑をかけたくない」は、一見、子供に対して思いやりがある優しい親のように聞こえるが・・・
もしかして、子供に見捨てられる前に先手を打って、そういうことを言っているのか?(大笑)
それとも、自分の子供の家族さえ良ければ他人に迷惑をかけてもいいと思っているのだろうか?
それは、ちょっと身勝手じゃないのかね?
そういう人の面倒をどうして「他人」が見なくてはならないのか?(苦笑)
そういう人は、晩年は自分で自分の始末をつけてもらいたいものである・・・
本来なら、我が子より血のつながっていない他人には特に迷惑をかけるべきではあるまい?

ということで・・・
本来なら、「他人には迷惑をかけたくないから、自分の子の世話になります」・・・と言うべきではなかろうか?
スポンサーサイト


エッセイ | 01:00:56 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。