■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『脳に悪い7つの習慣』


まえがき
「脳トレ」のゲームやドリルで脳を鍛えることはできない
「脳のしくみ」にもとづいた構成だから、悪い習慣がカンタンにやめられる
脳のしくみから「脳に悪い習慣」がわかる!
脳に悪い理由を知ることで、初めて人は行動に移せる

第1章 脳に悪い習慣①

「興味がない」と物事を避けることが多い
脳は本能に逆らえない
「自分さえよければいい」と思ってはいけない
「興味がない」と考えるのはNG
脳が発達するとき、2つのクセが生まれていた
本能の過剰反応は身を滅ぼす
脳のクセを知れば、コントロールできる
興味をもつことで、脳のパフォーマンスはぐんと上がる

第2章 脳に悪い習慣②

「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
脳は情報にレッテルをはっていた!
「おもしろくない」「すきじゃない」などマイナスの感情はもつな
人を嫌って、得することは何もない
どうしても好きになれなければ、居場所を変えてもいい
「嫌だ」「疲れた」と口にするのはNG
感動しないと脳は鈍る
表情が暗いと脳も曇る
どんな上司が部下をいちばん伸ばせるのか
「疲れる脳」と「疲れない脳」がある

第3章 脳に悪い習慣③

言われたことをコツコツやる
情報はどのように思考に至るのか
脳にとっての「報酬」とは
「だいたいできた」と安心してはいけない
「無理かもしれない」と考えるのは脳にはNG
なぜ「言われたことをコツコツやる」が脳にとって悪いのか
目的と目標は分けなければ達成できない
目標をコロコロ変えてはいけない
上司や指導者に対して従順になるな
“ここぞ”というときにリラックスをしてはいけない
マニュアルどおりにやらせるな
「気合だ」「がんばれ」と叫ぶのはNG
脳に悪い習慣は勇気をもってやめる

第4章 脳に悪い習慣④

常に効率を考えている
どのように「心」が生まれるのか
思考に欠かせない「ダイナミック・センターコア」とは
効率を重視してはいけない
くり返し考えることが、独創性を生む
日記やブログで考えを整理することは脳にもよい
本を1回読むだけでは学んだことを活かせない
「ダイナミック・センターコア」を邪魔する脳のクセ
頑固では「ダイナミック・センターコア」が活かせない
反論されてカチンとくるのはNG
考えるときは4日ごとに間を置こう
独創性はやり方次第で身につけられる

第5章 脳に悪い習慣⑤

やりたくないのに、我慢して勉強する
脳はどうやって記憶するのか
悔しい気持ちは脳の力を引き出す
記憶力をよくするには
「名前だけ」を覚えるのはNG
「だいたい覚えた」でやめてはいけない
脳のしくみを活かすと記憶力が高まる
体験記憶の落とし穴を知っておこう

第6章 脳に悪い習慣⑥

スポーツや絵などの趣味がない
脳のさまざまな力にかかわる「空間認知脳」とは
姿勢の悪さは脳に影響する
スポーツや絵などの趣味がないのはNG
リズムを無視してはいけない
寡黙でいることにメリットはない
「生まれつきだから」とあきらめてはいけない

脳に悪い習慣⑦

めったに人をほめない
脳はどうやって考えを一つにまとめているのか
「気持ちを伝えられない脳」がある
たんたんとクールに話してはいけない
「空気を読まない」のはNG
目的は共有しないと達成できない
人をほめると脳が喜ぶ
自分を捨てる勇気をもとう

「違いを認めて、共に生きる」ということ―あとがきにかえて


ほぼ、この著者が言う「脳に悪い習慣」は、なるほどと思うのだが・・・
ただ、第3章の「言われたことをコツコツやる」は、ちょっと受け入れがたい・・・(笑)
「(他人に)言われたこと」をやるのが悪いのか?
コツコツやること自体は良い事だと思うのだが・・・
他人ではなく自分で決めたことをコツコツやる分には問題はないのか?
その点が、どうもハッキリしない・・・
「継続は力なり」は脳には悪い習慣なのか?
もうちょっと分かりやすく解説してもらいたかった。

それと・・・
「A10神経群」とか「ダイナミック・センターコア」とか、何のことやらサッパリわからない話を持ち出されるのも困ったものだ。(笑)
こちらとしては既に脳が「弱く」なっているのですから・・・(大笑)
専門用語らしきものを振り回されると、なおさら理解度が低下してしまうのです。
もう少しわかりやすい言葉を使って説明してもらいたかった。
やたらとカタカナ文字を振り回す人がいるが、それは脳には良いのか悪いのか・・・

「リスペクト」という言葉をやたらと使う人がいる・・・
「リスペクト」?・・・・「尊敬してます」「敬意を表します」と日本語で言えば済むと思うんだけど・・・
「コンプライアンス」も同様である。
不祥事を起こした企業などが謝罪会見の時によく使っている。(笑)
「これからはコンプライアンスを強化しまして・・・」みたいな・・・
「法令順守」と日本語で言えば済むことである。
「法律を守ります」「違法行為はいたしません」と日本語で言えばいいことである。
「コンプライアンス」なんて、カタカナを使うから本当の意味が分からずマヌケなことをしてしまうのである。
彼らの脳は腐っているのではないかとすら思ってしまう・・・・
と・・・・こんなことに、いちいちケチをつけて文句を言うこと自体が・・・・脳に悪いか?(大笑)

う~ん・・・なかなか難しいぞ・・・「習慣」を是正するって・・・(大笑)


今年の読書:65冊目

スポンサーサイト


読書 | 23:52:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。