■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
墓参り
今日からお盆かな?(苦笑)
毎年の事ながら、よくわかっていないんだけど・・・(苦笑)

今日、母の墓参りに行こうと計画していたところ・・・
自動車整備工場をやっている“トシちゃん”が、どうした風の吹き回しか、我が母の墓参りをさせてくれと言ってきた。
なんでも、ここ7年間、ずっと気になっていたそうである。(笑)
いやぁ~そりゃ母も喜ぶわ・・・というより驚くわ・・・(大笑)

山奥の田舎の過疎化した村の・・・(大笑)お墓にわざわざ来てくれるとは・・・
現地で待ち合わせて墓参り。

いずれ、拙者もこの世を去ったら、この墓に入ることになるだろう。
今回場所を覚えたのだから、必ず墓参りに来てくれるようにと言ったら・・・
「・・・・・」(汗)
「なんだ?その沈黙・・・」
「いや、はい、え~と・・・はい、必ず墓参りに来させていただきます」(苦笑)
「あれ?・・・おかしいな、その返事の仕方・・・」
「いや、ちゃんと墓参りに来ます・・・はい、たぶん・・・」(苦笑)
「たぶん?・・・・毎年俺の命日にはお参りに来るんだぞ。わかっているよな?」
「え?・・・・毎年?・・・命日に?」(苦笑)
「なんだよ、それ!」(大笑)

母の墓前で大笑いしながら墓参りをしていたら・・・
なんと!
従姉達が、偶然にも我が母の墓参りにやって来た!(驚)
「何をお墓の前で楽しそうに騒いでるのかと思った」と笑われた・・・(大汗)

「叔母さんのお墓参りに来たよ」と従姉達がニヤニヤしながら・・・ゾロゾロと・・・(笑)
いやぁ~これまた母は大喜びしているだろう。

感謝、感謝である。
スポンサーサイト


日記 | 13:15:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。