■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
妹のファミリーコンサートに行く
今日は、妹の家族のファミリーコンサート・・・
今回で4回目を迎える。
場所は、東京の新宿区にある「角筈区民ホール」とのこと・・・
それって、どこにあるの?(苦笑)
しかも「角筈」って、どう読むの?(大汗)

調べたところ、どうも新宿の中央公園の近くらしい・・・
コンサートは午後7時から・・・
ということで、近くのワシントンホテルの宿泊を予約しておいた。
このホテル・・・
昔は、拙者の東京出張のときの“定宿”だったホテルである。
最後に宿泊したのはいつだったろう?
20年か・・・25年ぐらい前だろうか?
しばらく来ていなかったら、随分変わってしまったような気がする・・・(唖然)
とりあえず、チェックインを済ませてから会場に向かう。

今回のコンサートも、前回同様、チャリティコンサートである。
収益金は前回同様、石巻市の「東日本大震災圏域創生NPOセンター」へ贈られる。
ここで、子供たちの活動資金に使ってくれるようにと、用途も指定しての寄附である。

拙者は、このコンサートには直接関わってはいない。
なぜならば・・・
楽器の演奏もできなければ、楽譜も読めないのだ。(大笑)
だから、“兄”は、ただの“お客さん”・・・(大笑)
唯一のお手伝いは、事前の原稿チェックだけ・・・・
拙者は、チャリティとか寄附とかというのが好きではない。(笑)
「被災者に・・・」と言っても、本当に被災者に届けるのかどうかわかったものじゃない。
スタッフや関係者の“飲み食い”に使われてるんじゃないかと疑ってしまうのだ。(大笑)
だから、日赤だろうと何であろうと、協力する気は起こらない。
日赤などは組織が大きいだけに、無駄な使われ方(横領も含め)がされているんじゃなかろうかと信用できないのである。

そういう性格を知ってか知らずか、妹は拙者にチラシ等の原稿の確認を依頼してくる。
兄としても頼られて嬉しい限りである。
ただ「チャリティー」だけしか書かれていないチラシなどではいけない。
限られたスペースに簡潔に、寄付についての文言を織り込まねばならぬ。(笑)
当然のことながらコンサートの内容の説明がメインだが・・・
「チャリティー」と書けば何でも許されるというような、いい加減なものにしてはならぬと思うのである。

コンサートのほうは、意外にも盛況だった・・・(大笑)
“区民ホール”なんていう立派な場所で開催して観客が集まるだろうかと心配していたが・・・(大笑)
コンサートの内容は・・・・よくわからない・・・(苦笑)
上手なのか、下手なのか・・・音楽の事はサッパわからないが、多くの方々が聴きに来てくれるんだから上手なのだろう。(大笑)
妹と2人の娘はピアノの演奏、息子はチェロの演奏・・・
で・・・パパは・・・拙者と同様に楽器の演奏ができないので・・・(笑)・・・皆さんへの挨拶と「裏方」・・・
ゲストに、妹と同じ音大出身のフルート奏者の“シマムラさん”を迎える。
彼女は、「アレクサンダー・テクニーク」の講師をしているということで、その話もしてくれた。

コンサート後、親しい仲間たちで“打ち上げ”・・・・
我が甥っ子は明日もコンサートがあるというのでその練習のため、打ち上げには参加せず真っ直ぐ帰って行った。

打ち上げで、一緒のテーブルで酒を飲んだ青年二人・・・
最近の20代、30代は、やっぱり“宇宙人”である。(唖然)
どうしても話が“自己中心”なのである。
周囲の事は気にしない・・・(唖然)

2次会に行こうかと外に出て歩いている最中のこと・・・
彼ら2人がタバコを吸いだしたが、そこは歩行喫煙禁止区域である。
「灰皿がある場所を探して、そこでタバコを吸いなさい」と注意したが・・・
「あ、そうですか。それはどうでもいいんですけど・・・それよりさっきの話なんだけどぉ~・・・」と平然・・・(唖然)
年上の拙者の注意を軽くいなして、自分たちの会話を再開し、平然とタバコを吸い続ける2人・・・
拙者も喫煙者だが・・・そういうことはしないけどねぇ~
だいたい、年長者に注意されたら従うけどねぇ~
怒鳴りつけようかとも思ったが、一応、妹の“顔”もあるから、我慢する・・・(涙)

この2人・・・・それぞれ自分の話だけをしているので、傍で聞いていて、全く会話が噛み合っていないことに気が付いた。(唖然)
それでも、彼らは平気で、それぞれがしゃべり続けているのである・・・(唖然)
しかも・・・自分の得意とするマニアックな話だけを・・・・(大汗)
これが世に言う「コミュニケーション」なのかね?(大汗)
とてもじゃないが、話しにならないので、「俺はホテルに戻るから、じゃぁねぇ~!」と途中で別れることにした。(大笑)

いやはや、世も末だな・・・・悪いけど・・・
スポンサーサイト


日記 | 10:51:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。