■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
佐伯に行く
当初の予定より、1時間早く駅に着いたので、予定より1本早い電車で佐伯に向かうことにする。
なにせ、午後から雨が降るというんだから急がねば・・・(笑)

電車に乗って、しばらくして・・・何か違和感を感じる・・・(汗)
なんだろう?・・・と思ったら、わかった!(笑)

233_convert_20151026151154.jpg 235_convert_20151026150852.jpg

原因は窓である!
車内がガラガラに空いていたので、わかったのだが・・・(苦笑)
窓は大きなガラスが1枚だけ・・・つまり窓に“柱”がないのである。
どうも落ち着かないと思ったら、これだ・・・(笑)

1時間程度で、佐伯に到着・・・

239_convert_20151027084710.jpg

ホームには、大きな看板が・・・・
佐伯は、2008年に映画『釣りバカ日誌』のロケ地になったらしい。
へぇ~・・・・と感心したが・・・この映画を見たことがないので、実は何も知らない・・・(大笑)

でも、こういうのって嫌いじゃないんだよねぇ~(大笑)
その町の駅に降りたとき、この町がどういう町なのかがわかる・・・
これって、いいと思うんだよねぇ~
アピールするものがないという町は、何かアピールするものを見つけるなり、作るなりする・・・
それが“町づくり”に繋がると思うんですよねぇ~
翻って、我が町の場合・・・どうなんだろう?
何もなかったような気がする・・・・(大汗)

ついでに、招き猫までお出迎え・・・(大笑)
いいな・・・・これも・・・(大笑)
これ、効果あるかも・・・拙者が茨城県からノコノコとやって来たんだから・・・(大笑)

240_convert_20151027084259.jpg 241_convert_20151027084352.jpg

佐伯というのは「さえき」と読むのかと思ったら、「さいき」と読むのだそうである。
あら・・・どうも拙者にとっては発音しづらい・・・(苦笑)
以前、松阪市に行ったことがあるが、ここを拙者は「まつざか」と呼んでいたが、正しくは「まつさか」と呼ぶと聞いて驚いた。(笑)
濁音がないと、どうも発音しづらい・・・(大笑)
無理して発音しようとすると・・・「まつさか」ではなく、「まっさか」になってしまうのである。
これでは「まっさかさま」の「まっさか」である・・・(苦笑)
固有名詞の読み方というのは、なかなか難しい・・・

駅から徒歩で佐伯城へ向かうことにした。
午後から雨が降ると天気予報で言っていたが・・・そういう雰囲気がない・・・(汗)
晴れてるし・・・暑いし・・・喉は渇くし・・・
途中でコンビニに寄って飲み物を調達・・・
ついでに佐伯城までの道順を店員のオニイチャンに尋ねる。
駅から歩いてきたといったら呆れられた・・・(大笑)

駅から歩いて、約30分ほどで佐伯城に到着・・・(だと思った・・・)

249_convert_20151027094935.jpg

遠くに見えるのは、三の丸の櫓門らしい・・・
で・・・後ろに回ってみると・・・櫓が!

261_convert_20151027100541.jpg

「御下櫓」と言うらしい・・・
ん?・・・未だかつて聞いたことのない櫓の名前だが・・・
よく見たら、公衆便所だった・・・(大笑)
それで「おしもやぐら」か・・・(笑)
なかなか洒落ていて好きだなぁ~・・・・こういうの・・・
説明板に「平成2年3月建立」と書いてあった・・・(笑)

ここにきて、初めてわかったのだが・・・
佐伯城は・・・山城?(唖然)
事前に何の勉強もせずに来たからねぇ~(苦笑)

258_convert_20151027101305.jpg

この山の頂上にある「本丸」まで登るには、3つのルートがあるらしい・・・
さて、どのルートを使おうかと迷った挙句、一番右のルートを登ることにした。

286_convert_20151027132936.jpg 287_convert_20151027133031.jpg

まあまあ、なだらかな山道である・・・・
しかし、この「なだらかさ」が、運動不足の我が身には堪えるのである・・・(苦笑)
しかも・・・
スーツ姿に重くて大きいショルダーバッグを肩から下げて、革靴で歩いているのである。(大笑)
どこから見ても場違いな格好である!(大汗)
しかも暑い・・・
しかし・・・雨が降らなかっただけ感謝すべきか?
これで傘を差して歩くのは無理・・・(苦笑)

30分ほどかかって、ようやく頂上に辿り着いた・・・

289_convert_20151027133726.jpg

おお、立派な石垣である!

頂上から見た景色・・・・

292_convert_20151027133934.jpg 293_convert_20151027134025.jpg

なかなかの眺め・・・・
やっとの思いで登ってきた甲斐があったというものである・・・(笑)

295_convert_20151027135124.jpg 306_convert_20151027135226.jpg

本丸跡には、二つに分かれた立派な石垣に木製の橋が渡されていた。
う~ん・・・天守閣から二の丸に渡る橋か?
どこにも説明板が見当たらないのが残念・・・
少し、説明が欲しいんですけど・・・・(苦笑)
これだけの石垣が残っているんだから、天守閣を復元したらすごいだろうなぁ~と思う。(笑)

さて、帰りは、同じ道を歩くのも芸がないので・・・(笑)
3本の道のうち、真ん中の道を下りる事にする。
が・・・・この選択は、ちょっとマズかったかも・・・(苦笑)

307_convert_20151027142023.jpg

この石畳は、当時からあったのかな?

310_convert_20151027143043.jpg

312_convert_20151027152215.jpg

道は狭いわ、下り坂は急だわ、落ち葉で滑り易いわ、石がゴロゴロしていて歩きづらいわ・・・・
間違ってもビジネスシューズの革靴で歩くような場所ではない・・・(大笑)
しかし・・・時間は短縮できた。
20分で下りて来た!
下りなんだから当然か?(苦笑)

時刻は午後3時・・・
さて・・・どうするか・・・
とにかく、ブラブラと大通りに向かって歩いてみる。

318_convert_20151027153348.jpg

途中で「矢野龍渓生家跡」の碑に出遭う。
矢野龍渓って・・・誰?(苦笑)



矢野龍渓(1850~1931)

文学者・政治家・ジャーナリスト。
本名矢野文雄。慶應義塾卒。
【碑文】
龍渓矢野先生誕生之地
舊藩主毛利公所賜之邸地也
先生祖父多門厳父光儀之二
君居之先生因寄附以為本校
之属地也矣
(藩主より賜った先祖の地を佐伯小学校に寄附する)

明治45年1月建設

(説明板より)



まだ時間的に余裕がありそうなので「佐伯市平和祈念館・やわらぎ」というところへ行く事にする。
が・・・大通りを歩いても“流しのタクシー”に出遭わない・・・(汗)
山歩きをしたせいもあって、クタクタである・・・・(涙)
そのうち、偶然にもタクシー会社を見つけた!
ラッキーである!(喜)
降るはずの雨は降らないわ、タクシー会社を偶然にも見つけるわ・・・
やっぱり拙者の日頃の行いがいいのではあるまいか?(大笑)

341_convert_20151027163022.jpg

平和祈念館は、ちょっと珍しい形の建物だった。(笑)

館内はロビー部分だけが撮影可能・・・(涙)
館内のその他の場所は撮影禁止。
期待していた佐伯海軍航空隊等の資料の販売は・・なし!(涙)
無料の資料の配布も・・・なし!(涙)
そういう資料が手に入ると思ったのだが・・・残念である。

334_convert_20151027172957.jpg

ロビーに展示されている丸い物体は・・・
九三式機雷の残骸だそうである。(汗)

333_convert_20151027172044.jpg

屋外に展示されているのは、米軍機の残骸・・・・

324_convert_20151027174457.jpg

建物の裏(?)に、「聯合艦隊機動部隊 眞珠湾攻撃發進之地」の碑があると、職員の方に案内していただいた。
「佐伯海軍航空隊跡」の碑のようなものはどこかにないかと尋ねたら、そういうものはないとのこと・・・
あら・・・残念・・・(涙)
「佐伯海軍航空隊」もしくは「佐伯航空隊基地」というのは、結構、有名だと思うんだけどなぁ~
「平和祈念」という名の付く施設がある場所というのは、結構、左翼的、もしくは反戦的な場所が多い気がする。
この町もそうなのか?
そうなると“顕彰”することになりかねないということで「碑」などは建てないのか?
でも、この真珠湾攻撃発進の地」の碑はあるんだよねぇ~(苦笑)
不思議である・・・
戦跡の保存とかしないのかね?・・・この町は・・・
戦争遺構等のマップとか作らないのかねぇ~
ちょっと残念・・・かなり残念・・・・(苦笑)

閉館ギリギリまで見学し、この「平和祈念館」の周辺を歩いてみる。
どうも、隣りの自衛隊敷地にある建物が、佐伯海軍航空隊の庁舎らしいが・・・・

342_convert_20151027201256.jpg

なんか違うなぁ~(苦笑)
どうも、庁舎は取り壊されて、その後に新たに、“それっぽい”デザインの建物を建てたようである。
敷地内に碑が建っていたが、勝手に敷地内に立ち入るわけにも行かず・・・
門の近くに守衛がいるわけでもないので、許可を得ることもできず・・・・
やむなくデジカメの望遠で碑文を撮影して読んでみたら「庁舎跡」となっていたから、間違いないだろう。
当時のものは取り壊されたのだろう・・・・

近くの橋・・・・

343_convert_20151027201943.jpg

344_convert_20151027203331.jpg

橋の所に、教育委員会が作製した説明プレートが貼り付けてあった。(苦笑)
その説明文によれば・・・
この橋の向うに佐伯海軍航空隊の陸上班の飛行場があったそうだ・・・・
多分、興人という会社の敷地になっている場所だと思う・・・・
で・・・そこまで歩く気力もないので、ここから駅に戻ることにした。

この道を真っ直ぐ歩けば駅に着くはず・・・
駅まで歩くだけの体力は残しておかねば・・・・(大笑)

352_convert_20151027204235.jpg

途中、反対車線に白い標柱を見る。
何かと思ったら・・・・佐伯海軍航空隊の正門を示す標柱だった!(喜)

353_convert_20151027204111.jpg

振り返って撮影・・・・
道路の向かう先が、航空隊の敷地ということになる。

30分ほど歩いて・・・(苦笑)・・・・佐伯駅に到着。
もうクタクタである・・・(汗)
これから宮崎へ移動するが、予定の電車に乗るまで1時間ほど時間がある。
どこかでコーヒーを飲みたい!
というわけで・・・・駅周辺を歩き回り、ようやく見つけた喫茶店でコーヒーを飲んで一服・・・
最近は「駅前の喫茶店」というのが、どの町でも滅法減ってしまい、喫茶店探しに苦労する。(苦笑)
ここで、お店のオバサンとオシャベリを楽しみながら時間を潰す。(大笑)

357_convert_20151027205522.jpg (佐伯駅)

午後6時過ぎの特急で宮崎に向かう・・・
約2時間後・・・・宮崎駅に到着・・・
ホテルにチェックインして、ホテルのレストランで夕食・・・
いやぁ~腹が減ったなぁ~と思ったら、午後9時を過ぎていた!(驚)
昼に臼杵駅でパンを齧っただけなんだから・・・腹が減って当然か・・・・(大笑)

358_convert_20151027210300.jpg
スポンサーサイト


旅行 | 13:51:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。