■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鑰屋(かぎや)
077_convert_20151023164005.jpg

慶長5年(1600年)創業の鑰屋(かぎや)可児醤油のお話

美濃の藩主(岐阜県)稲葉貞通が臼杵に移封される1年前
臼杵の町を偵察に来た7人の侍がいた
俗に言う7人の先遣隊である。
行商人に変装していた可児孫右衛門は
1年後に藩主の御供をして来た次男と共に
鑰屋可児傳右衛門店(可児醤油)を本町のこの場所で創める
鑰屋可児醤油は以後、醸造(酒、味噌、醤油)、両替商等手広く商い
城下町商人として稲葉藩に献納し繁栄をもたらし
名字、帯刀を許された。
殿様御家督の折には、金、3000疋献納
1794年江戸邸消失の折には、金、壱百両献納などがある。
本社二階の窓には鉄扉があり四百年建物を守っていましたが
戦時中鉄砲の弾にと供出しました。
白壁は米軍のB29戦闘機の目標になると軍から達しがきて
墨で黒く塗った名残です。
右端の店舗には孫右衛門や丁稚が歩いた「三和土(たたき)」があります。
歩くと石がグラグラと揺れます。

(説明板より)

【大分県臼杵市臼杵・本町商店街(八町大路)】
スポンサーサイト


建物 | 10:29:03 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。