■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『ビルマ敗戦行記』


まえがき

1 ビルマ戦線へ

帝立丸に乗って
     召集令状
     父の訓え
     出立
     意見書
     悪夢の一夜
     南シナ海
     一条の黒煙
泰緬国境をこえて前線へ
     サイゴン
     バンコック
     泰緬鉄道
     ビルマ北上
     マンダレー
     サガイン
     転属
カタン村にて
     下男役
     マチチの家
     異国の人情
     時局談
     亀の子爆雷
     牛飼い
     出動
     戦闘要図描き
     南下命令

2 マンダレー脱出

一足先の脱出行
     南下行
     火花
     特別作業隊
     心境の変化
     時局概要
弾薬回収作戦
     キンベット
     弾薬運び
     索敵
     退路守備
     撤収
孤軍山中を行く
     部隊解散
     火の山
     サボテン林
     右か左か
     食糧調達
     バナナ畑
     奇遇
     行路推定

3 モールメン集結

猛暑の行軍
     トングー出発
     敵機
     意外な収穫
     カレン人の家
     華僑の家
     死神
部隊集結
     モールメン到着
     猛爆
     爆弾の跡
     第二次宿舎
     看護
     若い少尉の死
     骨の磧
     弟の戦死
モールメン宿営地にて
     作文
     当番兵辞退
     将校人種
     決戦に備えて
     敗戦

4 「被武装解除日本兵」

最初の労役
     みじめなマスター
     最初の労役
     モン人部落
     ビルマ人の生活
捕虜収容所
     ふたたびモールメンへ
     寺院
     食事
     仕入れ
     所持品
     労役
労働の日々
     港湾荷役
     建築
     砂利積み
     残業に及ばず
     営倉
     備品作り
     木工作業

5 捕虜生活さまざま

インド兵と英人将校
     マドラス兵
     バーシャの涙
     ある英人隊長
     赤鰯
     刀研ぎ
     目利き
余暇の生活
     管理体制
     親しかった人々
     楽団
     故国を偲ぶ
     作詞作曲
     演芸会
     刃物作り
     内地の情報
     英軍の態度
     病気

6 帰還

     見送り
     キャンデーの甘さ
     復員
     現実
     帰郷
     爪切り

おわりに

     日本軍の本領
     猛獣と人
     身勝手な話
     人間勉強
     浮かばれない魂

あとがき


今年の読書:55冊目

スポンサーサイト


読書 | 23:48:21 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。