■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大学の同窓会
今日は我が母校の同窓会・・・・
今年は、いつもと違って“特別”な同窓会である。(笑)
「北関東連合会」の総会も行なうのである。
ということで・・・栃木支部、群馬支部からも役員が集まる。

いつもは茨城県支部だけの同窓会(総会および懇親会)なので気が楽だが・・・(大笑)
今回はそうはいかない・・・
今回幹事を務める「茨城県支部」として、ある程度の格好は付けねば・・・
そういうわけで、何度も事前打ち合わせをしてきた。
「準備なんて、当日、少し早く来てやればいいんじゃないか?」という諸先輩方の意見を制し、強引に何度も会議を開催してもらった。(大笑)

「会場は押さえてますよね?」
「おお、ちゃんと予約してあるから大丈夫だ」と先輩・・・
「会場は見ましたか?」
「いや・・・見てないけど・・・」
「テーブルの配置はどうするんですか?」
「・・・・・」
「ステージはありますか?」
「・・・・・・」
「横断幕、校旗が設置できるようになってますか?」
「・・・・・」
「座席の序列は大丈夫なんですか?来賓に失礼があったら、我が茨城の面目丸つぶれですよ」
「・・・・・」

どうも先輩方は考えが甘い・・・・(唖然)

最年少の役員の拙者が総てを仕切らせていただくことにした・・・勝手に・・・(大笑)

式次第、総会資料、受付用名簿、名札、席札等々・・・総て拙者が作製する。(苦笑)
こういうことは、ある程度慣れている・・・
なにせ青年会議所では“総務畑”を歩いてきたのである。(笑)
総会や式典を取り仕切ってきた経験がある。
青年会議所のメンバーは酒ばかり飲んで遊んでばかりいると、よく非難されるが、真面目にやれば、結構、勉強になる組織なのである。
こういう時には、青年会議所に所属して、いろいろと経験していてよかったなと痛感する。(大笑)

事前準備さえシッカリとやっておけば、あとはどうにかなる。
準備がお粗末では、当日、必ず問題を起こしてトンデモナイことになる。
世の中には“完璧”というものはない・・・
が・・・考えられることは考えて手を打っておけば、あとは、当日に何かあってもなんとかなるだろう。
どうもその辺りの考えが、先輩たちは甘いんだよなぁ~(大笑)

式典では「アトラクション」を入れることにしたが、これが頭の痛いところ・・・
なにせ、予算がないので、どうしても難しい・・・
たまたまタイミングよく“ウメちゃん”から「大道芸」のグループを紹介された。
こりゃ、“渡りに船”である。(喜)
茨城県といえば・・・・「蝦蟇の膏売り」である。(大笑)
ということで・・・「蝦蟇の膏売り」の口上をされる大道芸人にアトラクションをお願いした。

まず、最初に我が茨城支部の総会、引き続き「北関東連合会」の総会と続き・・・
無事総会を終了後、アトラクション・・・・

下打ち合わせを含め、アトラクションの司会進行は拙者の役である。(大笑)
拙者は、実は「蝦蟇の膏売り」の正統な口上を聞いたことがない・・・(汗)
だいたい、こんなものだろうということしか知らないので、果たして、どうなるか心配したが・・・
さすがは“プロ”である。
会場は大いに盛り上がり、好評を得ることができた。
芸人の筑波大清さんには感謝、感謝である。

231_convert_20151001132212.jpg

アトラクションの後に記念撮影・・・
我が大学の同窓会新聞には必ず各地の支部総会の記念写真が掲載される。
が・・・どの写真も、写っている人数の違いだけで、面白くない・・・(大笑)
そこで、大道芸人の筑波大清さんにも「蝦蟇の膏売り」の幟を持って写真に収まっていただいた。(笑)
これで、我が北関東連合会総会の写真は目立つだろう・・・(大笑)
来賓としてご臨席いただいた学長先生もOKを出してくれたので助かった。(大笑)

そして懇親会・・・・
参加者全員が自己紹介したのでは、それだけで時間がかかりすぎてしまい時間切れで懇親会が終わってしまう。(大笑)
ゆっくり食事をすることも、隣の人と話をする時間もなくなるだろう・・・
ということで、自己紹介を割愛し、どうしても話をしたいという人のみとして、あとは、名前だけの紹介で済ませるということで話は決まっていたはずなのだが・・・
司会を務めた先輩が、何を思ったのか、「それぞれ、ひと言づつ、お願いします」と言っちゃった。(大汗)
あ~あ~・・・・やっちゃったなぁ~(苦笑)
というわけで・・・拙者も自己紹介のスピーチをすることになってしまった・・・(涙)
拙者は、しゃべり出したら止まらないのである・・・(大笑)
話のネタは山ほどあるので・・・(大笑)
で・・・ついつい、暴言を吐く・・・
例え、学長先生の前でも大学批判をしてしまう・・・(大笑)
で・・・ヒンシュクを買う・・・
あっ・・・やっちゃったぁ~(大汗)
「こういう余計なことを言うから先輩方から叱られるのです」と言ったら大爆笑・・・
あれ?・・・皆さん、拙者の性格をご存知だったの?(唖然)

最大のミスは・・・実は予算・・・・
おカネの問題が一番大変・・・
先輩方が会場を決め、参加費を決めたが・・・これが甘すぎた・・・(唖然)
拙者が勝手に、試しに概算してみたら、赤字なのである。(大汗)
どう考えても、収入と支出のバランスが取れていないのである。(唖然)
「これ・・・マズイですよ」と言ったら・・・
「なんとかなるから大丈夫」と先輩達は言う。
「なんとかなる」と「なんとかする」とは違う・・・
どこかの誰かが何とかしてくれる・・・という考え方で、何の解決にもならないのである。
「俺が何とかする」って言ってくれるのならいいんだけど・・・
「なんとかなるから心配するな」という言葉くらい心配になる言葉はない・・・(大笑)
いったい、どこの誰が「なんとかして」くれるのか・・・具体的な話は出て来ない・・・

皆さんは、全く「戦争」の勉強をされていないから、その二の舞をしていると思う。
太平洋戦争での教訓を全く生かしていない・・・
反省もしていない・・・
戦時中も「なんとかなる」の一言で戦争を続けたのである。
物量に大差があっても「なんとかなるでしょう」である・・・(唖然)
「なんとかする」のではなく「なんとかなる」で、多くの将兵が無駄死にしたのではないか?
「なんともならない」場合は、「精神力で何とかしろ」「大和魂で何とかしろ」だったのではないか?
カネに関しては精神力は通用しない・・・
精神力で赤字を解消できるなら企業は苦労などしない・・・(大笑)
「なんとかなる」という言葉ほど無責任な言葉はないと拙者は思うのである。

基本は、収入は少なめに見積もり、支出は多めに見積もる・・・
こうしておけば、だいたい「なんとかなる」のであるが・・・
明らかに逆なんだから・・・(大汗)

結局、拙者の方でかかった経費は請求しないことにし、支部長にも少し“泣いて”もらって、とにかく何とかした・・・
「なんとかした」のは・・・結局、心配していた本人である拙者である・・・(大笑)
来年の「北関東連合会」の総会は群馬支部が主管である。
この時に、今回の決算書を公表するのである。
赤字の決算書などを出したのでは、茨城県の恥である!(怒)
かといって・・・大きく黒字を出したら「儲けた」ことになり、これまた批判の的になる。
何かと難しいのである・・・(笑)
一応、何とか赤字の決算書を出さないよう“誤魔化す”ことができそうなので・・・(大笑)
一安心・・・・
ドドッと疲れが出る・・・・(笑)

とにかく、無事に総会を終えることができた・・・
何だかんだと言っても、皆様のおかげである。
感謝、感謝・・・・
スポンサーサイト


日記 | 17:17:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。