■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『戦争遺産探訪 日本編』


口絵
    要塞/建築/モノの肖像/戦争末期の風景/トーチカ

はじめに

凡例

第1部 激動の舞台を歩く

1 日本のいちばん長い日を歩く
2 館山に昭和の戦争を見にいく
3 千葉からアジアへ~鉄道聯隊の軌跡をたどる
4 そして遺構はなくなった~軍需工場地帯を歩く
5 1945 都心の接収建築探検

第2部 戦争遺産が語る陸海軍史

1 明治健軍期
     城を鎮台に
     北方警備
     要塞の築造
     学校の開設
     偕行社(かいこうしゃ)と水交社(すいこうしゃ)
2 日清・日露戦争期
     広島大本営
     銅像の運命
     軍港の警備
     要塞地帯法の誕生
     鉄道と戦争
3 大正軍縮期
     第一次世界大戦と東京駅
     軍縮で廃止された要塞
     無線設備の軍事使用
4 昭和戦前期
     戦艦主砲の意外な使い道
     要塞廃止と工場誘致
     無条約時代の工廠(こうしょう)拡充
5 戦中・占領期
     急造された航空基地
     地下壕の建設
     トーチカ築城
     ホテル接収

第3部 戦争遺産を探偵する

1 かなしき要塞
2 掩体壕(えんたいごう)の戦後
3 無用の長物
4 隠された戦争
5 戦争と地図
6 戦争遺産の歩き方

あとがき

主な参考文献


今年の読書:53冊目

スポンサーサイト


読書 | 00:35:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。