■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
参議院は不要かも(汗)
安全保障関連法案が参議院で可決され成立した。
それはそれで結構なことだと思うが・・・

これに先立って参議院の平和安全法制特別委員会でのドタバタ劇は見苦しいものだった。
怒鳴りあい、つかみ合い・・・
何をギャーギャーやっているのかと、正直言って白けた・・・

続いて、参議院本会議・・・
グダグダ、グダグダと野党が抵抗し・・・大幅に時間がずれ込む。
議会関係諸施設の光熱費や関係職員の人件費が余計にかかるんですけど・・・
決められた時間内で仕事をこなせないような人間は「能力がない」と民間企業では評価されるんですけど・・・(苦笑)
国民に「一生懸命頑張っています」というアピールのつもりなんだろうけど・・・
見苦しいだけ・・・
しかも税金の無駄遣いをしているのである。

本当に参議院というのは必要なのかね?
衆議院で可決された議案を参議院で否決できないようなら参議院なんて必要ない・・・という意見もあるでしょうが・・・
私の場合は、そういう観点ではない。
あの見苦しいつかみ合いや、デレデレ、ノロノロとした採決である。
「参議院は良識の府」という言葉を聞いたことがあるが、どこが「良識」なのか?
衆議院と、どこが違うんだろう?

「衆議院」が「衆愚院」」になってしまうのは仕方がないとしても・・・(大笑)
参議院は、もう少し何とかならないか?
いっそのこと、昔の「貴族院」を復活させたほうがいいのではなかろうか?(大笑)
もう少し、品がある人たちに議員をしていただきたいものである!
国会が「衆愚院」と「参愚院」の二院制では、先々が不安である。

国会の外では「戦争法案反対!」と叫んでいるバカが多数集まっていたようである。
戦争法案?・・・・いつから「戦争法案」になったんだ?
「安保法案」のはずだけど・・・
言葉をすり替えて“感情論”で大騒ぎ・・・
その“仕掛け”にも気付かず、それに乗ってしまう人がいるんだから呆れる。
どうりで「オレオレ詐欺」に引っかかるバカが今もっているのも納得である。

街頭インタビューでは「よくわからない」との声を取上げているが・・・
そもそも知識のない奴に何を言っても理解は難しいだろう。(苦笑)
だいたい学校教育の場でも「戦争論」や「軍事論」「安全保障論」を取上げていないんだから無理もない。
私がノーベル物理学賞の記念講演を聞いてもチンプンカンプンなのと同じである。(大笑)

だから「賢人」にお任せしたいのだが・・・・
怒鳴りあい、つかみ合い、牛歩戦術では・・・・ねぇ~(大汗)
やっぱり参議院はいらないんじゃなかろうか?(苦笑)
スポンサーサイト


エッセイ | 21:50:29 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。