■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まさかのトラブル
今日から、フィリピンへ行く。
今回は、いつものツアー旅行・・・・
レイテ島とルソン島のバターン半島へ行く。

今回も、朝早い便のため、いつものように京成成田駅近くのホテルに前泊。
田舎からの参加だと(笑)、どうしても前泊、後泊が必要となる。
今回の「歴史ツアー」はレイテとバターン半島、コレヒドール島へ行く5泊6日の旅なのだが、これだと、前・後泊が必要となるので、拙者の場合は7泊8日の旅になってしまうのである。
当然、8日間も拙者が留守になるとなると・・・親父の顔が引きつる・・・(大笑)
「8日間?8日間も出かけるのか・・・」とブツブツ・・・(苦笑)
一人で留守番するのが耐えられないのだと言う。
ということで・・・仕方がない・・・少し縮めることにして・・・
今回は、出発は皆と一緒・・・コレヒドール島へは行かず皆さんと別れて、途中で帰国することにした。
早朝の便に乗れば、その日のうちには家に帰れるから・・・
前泊を含めても5泊6日に抑えることが出来る。
6日間の不在なら親父も我慢できるだろう・・・・(大笑)

午前7時半、成田空港集合・・・
今回も、常連さんが多いので、「お久しぶりです!」の挨拶・・・・
知った顔が多いというのは、楽しいものである。

Y氏も、その中のお一人・・・
以前、同じツアーで一緒だった。
ということで、一緒にチェックインすることにしたのだが・・・・
我々が利用するフィリピン航空のチェックインカウンターの前は、いつものように長蛇の列・・・・
順番が来るまで、オシャベリしていたら、S氏が妙なことを言った・・・
「このパスポートも、あとわずかで切れるんですよ」と言うのである。
有効期間の残りは3ヵ月あるかないか、だそうである。
「え?残りの有効期間が半年以上ないとダメなんじゃなかったでしたっけ?」
「そう?・・・だって、添乗員に確認したら大丈夫だって言ってたぞ」
「え?フィリピンは半年じゃなくて、3ヶ月でも大丈夫なのかな?」

順番が来て、二人でチェックインの手続き・・・
カウンターの職員というのは大したもので、ちゃんとパスポートの有効期間を確認するんですね。(大笑)
「これ・・・有効期間が足りませんけど・・・」
「ツアーだから大丈夫じゃないの?」とY氏・・・・
「申し訳ございませんが、搭乗はできません・・・」
あらら!やっぱり!
「そこを何とかならんかね?」とY氏も顔面蒼白で食い下がる。
この女子職員の話しだと、百歩譲って、出国したとしても間違いなくマニラで入国拒否をされて強制帰国(送還送還?)になるという・・・(大汗)
「強制帰国」の記録が残ったら、後々海外旅行の時にマズイんじゃあるまいか?
ここは引き下がったほうがいいだろう・・・

チェックインは拙者の分だけ・・・となる。
で・・・Y氏が添乗員に確認に行ったら、「え!まさか!」ということになった・・・
添乗員は「パスポートの有効期間は確認して置いてください」と言っておいたという・・・
Y氏は「確認したら、大丈夫って言ったよね?」と言う・・・
言った言わない、聞いた聞いていない・・・で、全く埒が明かない・・・
いずれにせよ、Y氏はそこそこの“高齢者”なので、聞き違い、勘違いをしたのだろうということになった。(汗)
結局、どう逆立ちしても出国は出来ないので・・・
Y氏はスーツケースを転がして帰宅・・・
後ろ姿を見送るが・・・こういうのはツライよなぁ~

拙者が個人でフィリピンに行く時にいつも利用する旅行社は、いつも出入国カードを事前に作成してくれて郵送してくれる。
あとは、拙者が署名すればいいという状態である。
これなら、旅行社側でもパスポートの有効期限は作成時点でわかるので、手の打ちようもあろうが・・・
このツアーは、出入国カードなどは、機内で配られたものに自分でその場で書かなくてはならない。
そうなると、パスポートの有効期限の確認は自己責任ということになる。
しかし・・・事前にパスポートのコピーを旅行社に送ってあるはずだから、旅行社でも気がつくと思うのだが・・・
全く旅行社側には否はないとは言い切れないような気がする。
参加を申し込んだ人のパスポートの有効期限ぐらいは確認するだろう・・・と思うのは甘いか?
そこまで親切なことはしないか?(苦笑)
Y氏とツアーの添乗員は知り合いなので、Y氏も安心して任せていたのだろう。
それにしても可哀想に・・・6日間、予定を空けて旅行に参加することにしたのに、即日帰宅とは・・・

本人もショックだろうが・・・一緒にいた拙者もショックである。(大汗)

ついつい、拙者も有効期限の残りを気にせず海外旅行を計画するところがある。
これは、大いに戒めねば・・・と改めて思う。

今回は添乗員を含め17名のツアーだが、そういうわけで、1名欠員し、16名となった・・・

午前9時半・・・フィリピン航空431便でマニラに向けて出発!

001_convert_20150820144757.jpg (機内食)
スポンサーサイト


旅行 | 13:25:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。