■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タケノコ泥棒から盗む!(笑)
今日は“ウメちゃん”の奥さんの実家の山のタケノコ掘りを手伝う。
毎年、タケノコを掘る時期に拙者が海外へ出かけてしまうので、いつも“ウメちゃん”に怒られる。(大笑)
「イザという時に役にたたねぇんだよなぁ~」(笑)
はい、はい、今年は早めにお手伝いしますよ・・・(苦笑)

“ウメちゃん”の義母である“おばさん”も、もう亡くなって久しい・・・
寂しいんだよねぇ~
いつもなら、「あらぁ~来てくれたのォ~!」と声をかけてくれるのだが・・・・・
その声が聞けない・・・
寂しく、トボトボと裏山に登る・・・

「勝手知ったる他人の家」・・・・である。(大笑)
二手に別れ、山の中でタケノコを探す。
毎年やっていると、どのあたりに生えてくるのかがわかる・・・

と・・・山の中で見知らぬ“オヤジ”がタケノコを掘っている!
あれ?・・・
声をかけてみたら、シドロモドロ・・・

“ウメちゃん”を呼んで更に“オヤジ”を詰問するが・・・
この“オヤジ”・・・ケロケロとした顔して平然としている。
拙者の嫌いな“団塊の世代”の非常識な“オヤジ”である・・・・
どこの誰の許可を得てタケノコを掘っているのかを尋ねたら、山の持ち主でもない、知らない名を言う・・・
その許可を出した人はどこに住んでいるのかを尋ねたら、「あっち!」とのこと・・・
まるで子供の答え方である。(唖然)
どうせ、口からでまかせで言っているのだろう。
「すみません」でもない・・・
こういう“団塊の世代”を見ると腹が立つんだよなぁ~(怒)

この“オヤジ”の掘ったタケノコを見ると、どう見ても素人の掘り方ではない。
明らかに「売り物」にするために綺麗に切り口を削ってある。

とりあえず、1~2本は、あげるから、残りは全部置いていけ・・・と命ずる。
“オヤジ”は、何も言わず、ふて腐れながら立ち去っていった・・・

と・・・・拙者は思っていたのだが・・・
再び、我々がタケノコ堀りを始めたら、隙を見て、また山に入って掘っている。
このやろう!(怒)
近くには“ウメちゃん”はいないので、拙者が叱りつける・・・
反発してきたらタダじゃすまさねぇぞ・・・
再び追い払ったが・・・信用ができない・・・
木の陰に隠れて様子を見ていたら、タケノコを隠している!
その数は軽く20本以上!
小さくて形の悪いものは、そのまま置き去り、いいものばかりを選んで隠しているのである。

まもなく、2本どころじゃなく5本くらいを抱えて山から出て行った・・・
「すみませんでした」の挨拶も、「いただいていきます」の挨拶もない・・・
さすがは非常識な“団塊の世代”である。

隠したタケノコは、あとで取りに来るつもりなのだろう・・・
“オヤジ”が立ち去った後、“ウメちゃん”を呼んで報告・・・
隠している場所は拙者が確認しているので、行ってみると、あるわ、あるわ・・・
こずるい“オヤジ”である・・・
なにも、このまま渡してやる必要はあるまい・・・
ということで・・・このタケノコは拙者が盗むことにした。(大笑)
あとで“オヤジ”が取りに戻ったら悔しがるだろう・・・(大笑)
ざまぁみろ・・・である。
スポンサーサイト


日記 | 14:08:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。