■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最近の母親は・・・・(怒)
昨日は、土浦駅前の古書店で「大古本まつり」・・・・
水戸藩士の“シミズくん”の運転で、古本を買いに行った。
で・・・今日は靖国神社で「戦没馬慰霊祭」がある。
これに参列しなくてはならないので、昨日のうちに上京せねばならなかった。
古本を買った後、拙者は土浦駅から特急列車で上野に向かう。
というわけで、買った古本は“シミズくん”に持ち帰ってもらい、一時、彼の自宅に保管してもらう。
いやぁ~申し訳なし・・・感謝、感謝・・・
かわいそうに、“シミズくん”には一人で帰ってもらわねばならないが・・・勘弁してもらおう。

上京して、ホテルに一泊し、今日は地下鉄で飯田橋に向かう。

地下鉄・飯田橋駅で呆れた光景を見た・・・(大汗)
ホームを歩き・・・長~いエスカレーターに乗った時、後ろから「ママ!ママ~!」と子供の叫び声が・・・
振り返ったら、拙者の直ぐ後ろから母親らしき女性が後ろを振り返ることなく一目散に走ってきた。
ん?・・・・なんだ?
かなり遅れて小学校1年生ぐらいの女の子が叫びながら走ってきた・・・・(汗)
エスカレーターの所で、この子はようやく“母親”に追いついたが、この母親はかなりご立腹・・・
どうも自分の言う事を子供が聞かないので、怒っているらしい。
「ゴメンなさい。ゴメンなさい」と驚くほど丁寧な言葉でこの少女は謝っているのだが、この“母親”はブツブツ文句を言っているだけ・・・
と・・・いきなり、エスカレーターの階段を駆け上がった!!(驚)
え?・・・と思ったときには、拙者の脇を通り抜け・・・この急角度で長いエスカレーターを駆け上がって行ったのである!(驚)
子供がそれを追って「ママ!ママ!」と叫びながらエスカレーターを必死に駆け上って“母親”を追いかけていく。
追い越された拙者は下から彼らを見上げたのだが・・・
いやぁ~この急角度を駆け上るのは危険だろう~
もし、子供が足を踏み外して転落したら、一気に拙者の所まで転がり落ちてくるぞ・・・(大汗)

一度も子供のほうを振り返らず、この“母親”はエスカレーターを駆け上がっていく・・・(唖然)
この子供に万が一のことがあっては・・・と思い、拙者も子供の後から駆け上ろうかと思ったのだが・・・
まてよ・・・変質者が少女を追いかけているように見えるのではなかろうか?(大笑)
こりゃ、マズイ・・・(汗)

一応、子供が足を踏み外した場合を想定して、身構えながら注視していたが・・・
それにしても、この「バカ女」・・・・何を考えているのか・・・
どういう事情があるのかは知らないが・・・子供が大怪我をしたらどうするんだ?
エスカレーターに指を挟んで切断ということにでもなったらどうする?
転んで顔に怪我でもしたら、女の子のことである・・・一生、後悔することになるぞ・・・
転落して首の骨でも折ったら、良くて半身不随、悪ければ死ぬかもしれないのである。
そういうことは考えないのかね?(怒)
こういう「バカ女」を“母親”に持った子供は不幸である。
これじゃ、まともな子供が育たないのもわかる気がする・・・(怒)

ようやく、エスカレーターが“終点”に到着・・・
エスカレーターを降りて、構内に一歩踏み出したら、先ほどの女の子の声が・・・
「ママ!ママ~!」と構内に響いている。(唖然)
しかし、人混みで、この少女の姿はどこにも見当たらない・・・
え?・・・うそ・・・・
“母親”は完全に娘を振り切ってしまったのか?
この人混みの中で?
なにせ、出口がいくつもある構内である。
拙者ですら、どっちに行っていいのか迷っているのだが・・・・
ズ~ッと「ママ~!」の声が構内に響き続いているのである。
ここで振り切ったら、子供は完璧に迷子になっちゃうでしょ?
うそぉ~・・・・やっちゃったの?(唖然)
悲しげな声を聞くのは、なんともツライ・・・
かといって・・・この子供がどこにいるのかが見えないのだからどうしようもない・・・
いやぁ~呆れた“母親”である。
母親失格だな・・・あの「バカ女」・・・・(怒)

以前、スーパーに買物に行った時に、でっぷりと太った“母親”が、まだ保育園に行くか行かないかという年齢の幼児を足で蹴っている姿に遭遇したことがある。
「早く歩けよ!なにモタモタしてんだよ!」と大声を上げながら幼児を後ろから蹴っているのである。(唖然)
その言葉遣い・・・とても女性とは思えない言葉遣いなんですけど・・・(唖然)
どこかの女子プロあがりのタレントのマネでもしてるの?
でっぷりと太っているからねぇ~
品がないったらありゃしない・・・(大汗)
ヨチヨチ歩きの幼児を後ろから足蹴りするとはねぇ~(怒)
この子の代わりに、てめぇのデカイ尻を蹴り飛ばしてやろうか?・・・(怒)・・・とつい思ってしまったが・・・・

最近の母親って、どういう育ちをしてきたんだろう?
少子化対策?・・・そんなこと、しなくていいんじゃないか?
こういう「バカ女」に、どんどん子供を生んでもらってもねぇ~
子供がまともに育つとは思えないんですけど・・・
一見、虐待には見えないという虐待もあるんじゃないか?
それが、その子の人格形成に大きく影響を与えるんじゃなかろうか?
猫や犬などのペットはバカ可愛がるが自分の子供は可愛がらない・・・というタイプじゃなかろうか?
(・・・という人を拙者は知っている・・・)

あ~嫌だ、嫌だ・・・
あの少女の切ない母親を呼ぶ声が耳に残っている・・・(涙)
こっちが泣きたくなるくらい辛いわ・・・これ・・・
スポンサーサイト


日記 | 11:08:05 | Comments(2)
コメント
職業柄、私もそういう親達を見るとガッカリしたり心配してしまいます…。
余裕がないというか、予測したり想像する力の欠けてるんでしょうか?
ところで、4月5日に東京にいらしてたんですね…私も偶然ですが8日に東京に帰国してました。ちょっとニアミスかな?hahaha
2015-07-08 水 23:17:39 | URL | Mayumi [編集]
Re: タイトルなし
仰るとおり、予測とか想像力が欠如している人が多いような気がします。
“そういうことをしたら先々どうなるかは予測、想像出来るでしょ?”ということが、出来ないのには呆れます。
で・・・その結果の責任は自分ではなく誰か、もしくは何かに求め、「逆切れ」するわけです。
仮に学校のテストの成績がいくら良くても、言葉は悪いですが、「バカ」ではないかと思うのです。(笑)
どうしてこういう人間が多いのだろう?
テレビが悪いのか、マンガばかり読んでいるせいなのか、ゲームやパチンコに熱中しているせいなのか・・・
(電車の中でピコピコとゲームに熱中している大人を見ていると憐れに思うのです)(大笑)
いずれにせよ、お粗末な世の中になったような気がします。
若い特攻隊員たちが命を捨ててまで守ろうとした日本の“後継者”たちが、この体たらくとは・・・・ねぇ。
自分たちがあの世に行った時に顔向けできないと思うんですよね。

ところで、一時帰国したのですか!(驚)
知っていれば、「お茶でも・・・」とお誘いしたのに・・・(大笑)
2015-07-09 木 11:21:49 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。