■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
18歳に選挙権?
選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立したそうである。(唖然)

へぇ~18歳に選挙権を与えるんだ・・・(汗)
よく、誰も反対しなかったものだと驚いた・・・(笑)

このことにより、衆参両院の国会議員を選ぶ“権利”が発生したわけである。
地方自治体の首長や議会議員を選ぶ“権利”も得たわけである。
ついでに・・・(苦笑)・・・
最高裁判所の裁判官を審査する「国民審査の投票権」も得たわけである。
“未成年者”の18歳、つまり“子供”から審査を受けるようでは最高裁の裁判官は憐れではないだろうか?(大笑)

ところで・・・これらの“権利”を得た18歳~19歳の“未成年者”・・・
“義務”のほうは、どうなっているんだろう?(大汗)

“未成年者”には“保護者”というのがいる・・・
現行法では、18歳、19歳は“未成年者”であるから“保護”を受けているわけである。
“保護”を受けている奴・・・つまり「一人前」ではない連中が、こういう“権利”を行使するって・・・おかしくないか?

これからは、立候補者は“子供”にも媚びることになるのか・・・(唖然)
スポンサーサイト


エッセイ | 11:26:55 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。