■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
弘道館鹿島神社
595_convert_20141216191002.jpg

弘道館鹿島神社

祭神 武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)
創建 安政4年(1857)5月9日

由緒
水戸藩第9代藩主徳川斉昭(なりあき)公(烈公)は天保9年(1838)水戸学大道の象徴たる藩校弘道館の仮開館に際して、仁孝天皇の勅許を得て神殿を造営し、同11年(1840)9月、潮田巧蔵に命じて、構内に武甕槌大神を祀る意思を宣言した。
『弘道館記』を真弓産の大理石に刻らしめ、安政4年(1857)5月9日、常陸国一ノ宮鹿島神宮の御分霊を遷祀し、更に斉昭公が自ら鍛えた「葵(あおい)くずし八雲(やくも)鍛え」の太刀を奉納して御神体に擬(なぞら)え弘道館に魂を入れて本開館となりました。
(太刀は水戸市指定重要文化財・県立歴史館保管)
明治4年(1871)1月郷社に定められ、水戸城東二十六ヶ町並に茨城郡の内小幡、橋場美新田、先後新田、吉沼、下座、下雨谷、世楽、佐才新田、上吉影、以上九ヶ村を氏子に附けられ明治15年(1882)1月28日県社に列しました。
武甕槌大神は日本国建国の祖神と仰がれ、孔子廟と共に文武兼備の貴神と尊崇され、昭憲皇太后や昭和天皇が御親拝遊ばされました。
御神殿は戦災で烏有(うゆう)に帰し、戦後しばらくは仮殿でしたが、昭和49年第60回伊勢神宮式年遷宮の折、皇大神宮別宮の「風日祈宮(かざひのみのみや)」の旧殿一式が特別譲与され、昭和50年5月9日伊勢皇大神宮の別宮一社のすべてを移築した全国唯一の荘厳な神明造りの御社殿が完成し、盛大な例大祭と竣功奉告祭が斎行されました。
尚本神社の神輿は北関東最大級です。

(※ 以下、年間行事等の記述は省略)

平成15年7月吉日
宮司 千種重樹 謹書

(説明板より)

【茨城県水戸市】
スポンサーサイト


史跡 | 15:52:57 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。