■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
米軍の残骸・・・
時刻はまもなく午後5時になるが、まだ戦跡巡りは続く・・・・

移動途中で、最近偶然見つかった日本海軍の防空壕に立ち寄る。
それまではジャングルの中に埋もれていて誰もわからなかったそうだが、台風の被害で姿を現したとか・・・
で・・・周囲の木を切り倒して草を刈って観光名所のひとつに加えたようである。(笑)

416_convert_20141204224623.jpg 418_convert_20141204224730.jpg

これに似た形の防空壕は韓国の済州島の日本海軍航空基地跡でも見たことがある。
ということは・・・これは、日本海軍の“規格品”なのかな?(笑)

続いて向かったのは・・・米軍の戦車の残骸がある場所・・・・(どこなのか知らないが・・・)(笑)
個人の土地の中にあるようである。

428_convert_20141205174415.jpg

これは米軍のM4シャーマン戦車・・・・
日本軍の地雷で破壊されたそうで、近くに米軍の慰霊碑が建っている。
その碑文によると、この戦車は第710戦車大隊に所属する戦車で、1944年(昭和19年)10月18日に日本軍の地雷によって破壊されたとのこと。
慰霊碑には4名の名前が刻まれている。
が・・・M4シャーマン中戦車は5人乗りであるから・・・・一人、生き残ったということかな?
この時に、第1海兵師団の大尉も“殺されて”いると刻まれている。
“殺される”・・・・ねぇ~
もう少し穏やかに書けないものかねぇ~(汗)
“死んだ”でいいんじゃないの?
この部隊は陸軍なので、海兵隊の大尉が一緒に戦死するというのは不思議だが・・・
もしかしたら、日本軍の陣地まで案内し、攻撃ポイントを指示するために同乗していたのかも・・・
碑文によれば、日本軍の洞窟陣地を攻撃して引き返す時にやられたようなことが書いてあった。

434_convert_20141205131007.jpg

この転覆している戦車を見ると、プラモデルの戦車が転がっているようにも見える。(大笑)
が・・・この戦車の重量は30トンもあるのである。
30トンもの物をひっくり返しちゃうんだから、そりゃぁ~すごい爆発だったのだろう。
一説によれば、機雷を改造した地雷だったという。

戦車の周りには我がツアー参加者で人だかり・・・触ったり叩いたり・・・
とても写真が撮れる状況ではない。
だいたい、写真を撮る人のことを考えて遠慮するなんていうことを彼らはしない・・・特に若い連中は・・・(大汗)
で・・・拙者は、その間、タバコを吸って・・・「休憩」!(大笑)
ちなみに、ちゃんと携帯灰皿持参である。
そこらに吸殻を捨てたら地下に眠っているであろう英霊に対して失礼である。

で・・・そのうち、添乗員の“アサダさん”が「それじゃ、そろそろ戻ってください!」と声をかける・・・
この時がチャンス!
ゾロゾロとバスに向かって戻って皆さんは戦車から離れていくので、ここから撮影を始めるのである。(笑)
拙者の魂胆を添乗員さんは見抜いていたようで・・・拙者を見てニヤリと笑う。
それっ!・・・とばかり二人で急いで写真を撮影!
撮影ポイントは、すでに「休憩中」に頭の中で組み立てておいた。
添乗員さんと二人で並んで、戦車の周りをグルッと回りながら近づいたり離れたりしながら撮影する。
添乗員さんと離れるにしても90度以上の角度には離れないことにしている。
間違っても対角線上には立たない・・・
これは撮影時の鉄則である。
対角線上に立ってしまうと、お互いの姿が写真に写り込んでしまうのだ。(笑)
お互いに、人間が写っている写真は撮りたくないので・・・・
ここは以心伝心と言うか、阿吽の呼吸と言うか・・・お互いが邪魔にならないように動く・・・
しかも短時間で撮影を終了せねばならない。
みんなは、もうバスに向かっているのである!(大笑)
急いで撮影してみんなの後を追う・・・
だから、拙者は常に殿(しんがり)を務めることにしているのである。(大笑)
殿ならば、多少遅れても文句は言われまい?(大笑)
今回も上手くいった・・・・
誰もいなくなったところで撮った写真がこれ・・・・(笑)

438_convert_20141205173809.jpg

次に向かったのも米軍の残骸がある場所・・・(苦笑)
今度は航空機である。
グラマンF6F「ヘルキャット」らしい・・・・

440_convert_20141205194006.jpg 446_convert_20141205194404.jpg

このガラクタ・・・・何がなにやら・・・(汗)

450_convert_20141205202331.jpg

この主翼の形からすると、F6F「ヘルキャット」のようだが・・・・

時刻は午後5時半・・・・
ジャングルの中は薄暗く、ストロボなしでの撮影は限界である。
しっかり構えてシャッターを押してもブレる・・・(涙)

この土地の持ち主は、日本軍の弾薬庫を改造して自宅として使用しているとのことで、帰りに立ち寄る。
皆さんは、見学に行ったが、拙者は興味が無い・・・(笑)
そんなに大勢で詰め掛けたら写真など撮れない・・・
必ず誰かの頭や顔が写ってしまう。
というわけで・・・拙者はバスの所で再びタバコを一服・・・・
で・・・・バスの運転手と雑談。(笑)
なにせ滅多に英語を話すことが無いので、こういう時間を利用して“英会話”をせねば・・・(大笑)

今日の“島内観光”は、ここまで・・・・
“民宿”に戻り、夕食の時間までに“民宿”の裏手にある海岸へ向かう。
ツアー参加者の中でお一人、夕日が沈むのを見て見たいという方がおられたので、ご案内する。
が・・・・残念ながら曇っていて夕日が沈むのが見えない!
これが晴れていたら綺麗なんだけどなぁ~
4年前に観たんだけどなぁ~(笑)
う~ん・・・・残念!

454_convert_20141205204311.jpg 455_convert_20141205204356.jpg

夕食中、雨が降り出した・・・それも土砂降りである!
あらら・・・・
明日はどうなることやら・・・・
スポンサーサイト


旅行 | 20:07:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。