■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アンガウル島へ向かう
今日は、アンガウル島へ行く・・・・
4年前にパラオに来たときは、ペリリュー島だけの訪問だったので、アンガウル島へ行くのは初めてである。
どんな場所なのだろうと、内心ワクワクである。(笑)

012_convert_20141103090043.jpg (WEST PLAZA HOTEL MALAKAL)

我々が宿泊したホテル・・・・
ちょっとパッとしないホテルですが・・・(笑)
ベランダでタバコが吸えるから、拙者は大満足である!(大笑)

009_convert_20141103090601.jpg 010_convert_20141103090652.jpg
(ホテルの前の様子)

朝食は午前6時半から・・・
レストランはホテルの向かい側の建物だが、時間通りに行ってもドアが閉まっていた。(大笑)
我々日本人は時間に正確である・・・(そうじゃない人もいないわけではないが・・・)(笑)
数分遅れでドアが解除された。
従業員の女の子一人だけなのか?
朝食の準備がまったくできていない・・・(大汗)
で・・・お節介な我々は、勝手に“お手伝い”を開始・・・
女性従業員が苦笑する。
余計なことをしまして・・・すみません・・・(大笑)

朝食の準備ができるまで、今回のツアーの参加者の自己紹介をすることになった。
若い連中の中に何人か自衛隊の戦史教官がいた。
へぇ~若いのに戦史教官?
・・・と、思ったが、よく考えたら、拙者は54歳である。
そう遠くない将来には定年退職をする年令だということに気が付いた・・・(大汗)
あれ?・・・俺は結構年寄りなんだ・・・・(涙)
そうなると、彼らのような若い人間が“教官”でもおかしくはないか・・・・

朝食を終え、港に向かう。

013_convert_20141103091836.jpg

014_convert_20141103092359.jpg (我々が乗るボート・・・・・)

パスポートを港の管理事務所に預けて出発!
昨日まで、低気圧が近くにあったため海はかなり荒れていたそうで、とてもアンガウル島へ行く事は無理な状況だったという。
今日は、低気圧がかなり移動してくれたので、なんとか行けそうだとのこと。
いやぁ~助かった・・・・運がいい・・・(笑)

016_convert_20141103093007.jpg 017_convert_20141103093058.jpg

皆さんは、どうやら船酔い止めの薬を飲んでおられていたようだが・・・・
拙者は、そういう薬は持参してこなかった。(笑)
拙者が過去に船酔いにかかったのは、中学生の時に海上自衛隊の護衛艦に乗ったときだけである。(大笑)
その後、大人になってからは、護衛艦に乗っても、フェリーに乗っても、客船に乗っても、船酔いにはかからなかった。
というわけで・・・今回も大丈夫だろう。(大笑)
大人になったら鈍感になったのかも?(苦笑)

025_convert_20141103094431.jpg

030_convert_20141103095900.jpg

低気圧の影響でお天気はイマイチ・・・・
青い空に白い雲・・・エメラルドグリーンの海に緑の島々・・・
そういう景色が見られるはずなのだが・・・残念ながら・・・普通の海・・・(大笑)

032_convert_20141103100503.jpg

おお!この色!この色!(大喜)
やっと、一部だが、綺麗な海が見えた!

コロール島からペリリュー島までは、内海を移動するので、波はない・・・
静かなものである・・・
しかも海の色は綺麗・・・・
深い場所は濃い青色・・・群青色というのだろうか?
で・・・浅いところは青緑色・・・エメラルドグリーンというのだろうか?(笑)
なにせ、海を見ていて飽きないのである。

この海を日本軍は「大発」と呼ばれる発動機艇で移動したわけで・・・・
速度は8ノットくらいだったから、時速14kmくらいということになるか・・・
う~ん・・・・遅い・・・・(汗)
ドドドッ・・・・とエンジン音をたてて、この海を渡って、ペリリュー島やアンガウル島に向かったのだろう。
この景色を見ながら・・・・
彼らはどんなことを思っていたのだろう?

ペリリュー島は内海にあるが、アンガウル島は、ペリリュー島のさらに外側にある島である。
つまり・・・外海にあるわけで・・・・
この内海から外海に出ると、途端に波に出会う。
特に今日は低気圧の影響が残っているので、いつもより波が高い。

033_convert_20141103104821.jpg

ちょっと、この写真では分かりづらいかもしれないが・・・
ドド~ン!と波がぶつかって、側面にすごい波しぶきが上がるのである!(大笑)
ヒェ~ッ!!・・・・と叫び声が上る・・・・(大笑)

035_convert_20141103105315.jpg

この写真でも、分かりづらいと思いますが・・・(大笑)
水平線が上るのである・・・・
つまり・・・ボートが波間に沈むわけで・・・・(大笑)
おい、おい・・・(大汗)
次の瞬間、波の上に乗り上げる・・・・(大笑)
よく船酔いにならないもんだと自分でも感心する。(大笑)
拙者はジェットコースターは大嫌いなのだが・・・・こういうのはなぜか平気・・・・(笑)

港から出発して約2時間・・・・
ようやくアンガウル島が見えてきた・・・・

043_convert_20141103105746.jpg
スポンサーサイト


旅行 | 08:50:34 | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-11-03 月 19:51:22 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。