FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

館長に会う
今日はクラークに向かう日・・・・
ホテルのチェックアウトは“ステラさん”がわざわざ来てくれてやってくれた。
もう10年以上の付き合いであるが、毎度のことながら助かる。
感謝、感謝である。
ホテルにはクラークから迎えの車が来ることになっているが・・・・
どういう人物が来るかは全く知らされていない。
現地旅行社の“タケウチさん”の携帯に電話をしたがつながらない・・・(大汗)
おい、おい、本当に迎えは来るんだろうな?(大汗)

しばらくして、拙者のことを探しているフィリピン人がいると、ホテルの従業員に声をかけられた。
その人物が運転手だった・・・(唖然)
拙者は表玄関の外に立って車寄せに車が入ってくるんだろうと待っていたのだが・・・・
彼は別の場所に車を止めて徒歩で裏口からロビーに入って来たそうだ・・・・
あのね・・・そういう「お迎え」ってあるの?(唖然)

“ステラさん”は、我々が確実に出かけるのを確認するまで残っていてくれた。
他の旅行社に手配したことだから彼女には我々を心配する義務はないのだが・・・
最悪の場合は、彼女を頼れるので、心強かった・・・
大助かりである。

ドライバー君は英語しか話せないので、なかなか会話が大変であるが・・・・(笑)
まぁ、片言英語を駆使した楽しいドライブをして・・・・(大笑)・・・・本日宿泊予定のホテルへ・・・・
が・・・・ホテルで待ち合わせ予定の“タケウチさん”がいない!!(唖然)
ドライバーに尋ねたら、「これから来るんじゃなかろうか?」と言う・・・・
あらら・・・・
仕方がないので、勝手にチェックインの手続きをして先に部屋に入る。

004_convert_20140926212103.jpg

部屋はかなり広い・・・・
このホテル、現在改装中のホテルで、フロントもロビーもレストランも閉鎖中・・・(笑)
仮設の机ひとつの“フロント”でチェックイン・・・
というわけで・・・・このホテル・・・・現在、宿泊代が半額なのである!(大笑)
それで、この部屋だからねぇ~・・・・満足である!

部屋で“タケウチさん”が来るまで待機・・・
まもなく“タケウチさん”がホテルにやってきた・・・
彼女の話によれば、ドライバーに途中で電話をしてくれるよう言っておいたのに、ホテルに着いてから電話をしてきたそうで・・・(唖然)
まぁ、フィリピンではよくある話かも・・・・
携帯電話がつながらなかったのは、数日前に携帯電話をバックごと盗まれたという。(唖然)
そういう場合は、拙者が日本を出る前にメールで新しい番号を教えてくれないと・・・・(大汗)
万が一というのは考えなかったのだろうか?(唖然)
日本人とはいえ、現地在住者となると、フィリピン人に似ちゃうのかな?(大笑)

博物館の館長さんと昼食を一緒に食べる約束をしていたので、急いで博物館に向かう。
館長さんをピックアップして近くのレストランで食事をする予定・・・・
館長さんは拙者の親父と同い年だが、かなり足が弱っていて、ほとんどヨチヨチ歩きに近い・・・
が・・・・気力は我が親父よりスゴイ・・・(大笑)
初対面の時は本当に怖かった・・・・(大汗)
が・・・今では気さくないいお婆ちゃんである。(喜)
博物館から出てきて・・・「おお!ミスタァ~スズキィ~!!」と大喜び。
こんなに喜んでくれるんだから来たくもなるというものである。(笑)
拙者は“ハグ”なんてしたことがないので・・・いきなり抱きつかれて、こっちはシドロモドロである。(大笑)

011_convert_20140927201920.jpg(レストラン)

レストランには観光局の“ガイ局長”もお呼びして、一緒に食事をする。
“ガイ局長”には、以前、観光リーフレットの和訳を頼まれていたので、英語が下手な拙者が訳した文章をプロの翻訳家の“フルサワさん”にチェックしてもらい・・・・(汗)
散々手間をかけて作った「和訳原本」を渡す。
“フルサワさん”にはボランティアでやっていただき恐縮至極である。(喜)
いやぁ~本当に助かった・・・感謝、感謝である。
この原本をコピーしてもらい、英文の観光リーフレットを読むのが苦手という日本人観光客に配ってもらうことになっている。
う~ん・・・ちゃんと、やってくれるかどうかは知らないけど・・・(笑)

博物館館長が「あなたにお願いしたいことがあったのを伝えるのを忘れていた」と言う。
何かと思ったら、日本茶のティーパックを日本から持ってきてもらいたかったと言う・・・・
ん?(笑)
ジャジャジャァ~ン!・・・・ちゃんと持ってきましたよ!!お土産で~す!(大笑)
「おお!良く覚えていてくれたわねぇ~」と館長さんは大喜び・・・・
お茶程度でこんなに喜んでいただけるんだから安いものである。

で・・・・
前回お会いした時に「あなたのバイオグラフィーについて書いた物を持ってきてくれ」と言われた・・・
その“バイオグラフィー”の意味が拙者にはわからないのですが・・・(大汗)
履歴書みたいなものかな?自己紹介文?
辞書を片手に、これは独力で英文で書き上げた・・・・
それを手渡したら・・・・
「あら・・・本当に書いてきたの?それじゃ、本気で探さないとね・・・」と館長さん・・・
拙者の英語力はかなり貧弱だが・・・(笑)
確かにそう言ったような・・・・(大笑)
え?・・・あれは冗談だったのか?(大汗)
いつも、こんなお婆ちゃんと食事していたのでは申し訳ない、もっと若い女性と食事をしたほうがいい、ついては、あなたの“バイオグラフィー”を書いた物を読ませてもらい、あなたの経歴や学歴に見合う女性を探してあげるので、次回、必ず持ってきてくれ・・・・って言ったよね?(大汗)
あれ?・・・・拙者の聴き違い?・・・・(大笑)

拙者としては、若い女性とデートするより、館長さんの喜ぶ顔を見たくて来てるわけで・・・
紹介してくれなくても別に構わないのですが・・・・(大笑)

005_convert_20140927205614.jpg(昼食)

このレストランのオーナーは日本人の方で・・・・
館長さんがアポをとっていた・・・(唖然)
同じ日本人同士なら話もし易いだろうという、英語が苦手な拙者を気遣ってのことなのだろう。
で・・・・オーナーの“アリタケさん”が時間をやりくりして、わざわざお店に会いに来てくれた・・・・
で・・・・「それで、私に何の用でしょうか?」と言う。(大汗)
「へぇ?別に用事があるわけじゃないのですが・・・・」(大汗)
町の名士である館長さんから「会って欲しい」と言われたので、わざわざ時間を作ってくれたそうで、申し訳なし・・・
「館長さんから、紹介するからと言われただけでして・・・・」と恐縮・・・・
いやぁ~参った・・・・(大笑)

食事を終え、“ガイ局長”の事務所を“見学”・・・・

013_convert_20140927214001.jpg

ここで、これからの町の開発計画や、その模型などを見せてもらう。
「で・・・ガイ!俺の家はどの辺に建ててくれるんだ?」とジョークを言ったら、通じたらしい・・・・大笑い・・・・

この周辺の建物は、日本軍が駐屯していた時に兵舎として使われた建物が残っている。
陸軍が使ったのか海軍が使ったのかは知らないが・・・・

012_convert_20140927214419.jpg 014_convert_20140927214515.jpg

戦後、かなり手を入れられているそうだが、基本的な部分は当時のままだという・・・・

時刻は午後3時・・・・
続いて、クラーク博物館に徒歩で向かう・・・
館長は先に戻っているので、改めて“表敬訪問”(笑)

015_convert_20140927214914.jpg(クラーク博物館)

ここに展示されている日本軍の遺品を“ヤナギモトさん”にお見せしたくて案内した・・・・
お父さんの部隊のものもあるのではなかろうかと思うのである。

020_convert_20140927220052.jpg 017_convert_20140927220005.jpg

さて、館長さんと別れ・・・・
次に向かいたいのは「リリーヒルの慰霊碑」なのだが・・・・
“足”がない!・・・・うまり、車がないのである!(大笑)
”タケウチさん”は、懇意にしている“ガイ局長”の車を運転手付きでタダで借りようと思っていたそうなのだが・・・(唖然)
なんと!彼の車は現在修理中とのこと・・・・(大笑)
あらら・・・どうする?
ここクラークフィールドは、その昔、米軍の空軍基地があった場所である。
1991年にフィリピンに返還されたが、基地の名残が残っている。
現在は「クラーク経済特別区」となっている。
博物館が建っている同じ地域に「リリーヒルの慰霊碑」があるので、歩いて行けない事もないが・・・・(汗)
敷地が広大すぎる・・・・(大汗)

結局、レストランのオーナーが特別に車を“提供”してくれた。(大喜)
通常は、そういうことはしないのだが、拙者が博物館長から信頼されている親しい“お客様”なので、特別に車を提供してくれたのだろうと“タケウチさん”が驚いていた。(笑)
スポンサーサイト





旅行 | 10:52:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する