■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『こんな「歴史」に誰がした』
こんな「歴史」に誰がした―日本史教科書を総点検する (文春文庫)こんな「歴史」に誰がした―日本史教科書を総点検する (文春文庫)
(2000/02)
渡部 昇一、谷沢 永一 他

商品詳細を見る


はじめに  谷沢永一

第1章 古代史 “日本人らしさ”の無視
~なぜ天皇を大王と呼び、『記紀(きぎ)』を黙殺するのか~

   日本人は醜く汚い~“洗脳教科書”の基本姿勢
   古代、天皇は「大王」だった?
   日本語の常識を知らない教科書執筆者たち
   なぜ、「天皇」という呼び方が生まれたのか
   考古学の致命的な欠陥
   『古事記』、『日本書紀』こそが大切な理由
   日本人のアイデンティティ~その基点とは
   『記紀』は、はたして皇室礼讃の書か
   「邪馬台国論争」は、なぜ無意味なのか
   外交文書の改竄は、シナの伝統
   日本史をシナの歴史で語る愚
   神話が教える「重大な手がかり」
   騎馬民族説は、なぜ誤りなのか
   日本と百済は同族だった

第2章 平安朝文化を過小評価する「無知」
~日本民族の「刷込み」を説かずして歴史は語れない~

   遣隋使の世界的意義とは
   教科書から“抹殺”された菅原道真
   外国文化を自家薬籠中のもにした民族は栄える
   日本文化における「刷込み」とは
   なぜ、藤原氏は天皇にならなかったのか
   シナ文明が停滞したのは、エネルギー不足のせいだった
   なぜ、シナでは近代精神が生まれなかったのか
   世界に冠たる平安文学
   本地垂迹(ほんじすいじゃく)説~日本独自の「神学」
   徹底的に啓蒙化していた日本人の宗教観
   なぜ、和歌を詠むことが仏道修行になるのか
   日本人のモラルを作った武家文化
   保安官として誕生した中世の武士たち
   平 忠度(たいらのただのり)に見る日本人の美意識

第3章 虚偽と悪意の連続~元寇と朝鮮征伐
~なぜ“現代の常識”で過去を裁くのか~

   「元寇の勝利はコリアの民衆のおかげ」という暴論
   モンゴルとロシアの共通点とは
   なぜ、倭寇は悪者呼ばわりされたのか
   誇るべき日本人の海外進出第一号
   朝鮮出兵の真相
   日清戦争と朝鮮征伐の共通点
   なぜ、朝鮮民衆は秀吉軍に加担したのか
   名将・李舜臣(りしゅんしん)を誉め称えた日本人
   これは詐欺師の教科書だ
   コリア文化を「発見」したのは日本人だった

第4章 “江戸260年の遺産”を黙殺する教科書
~日本人のユニークさを発見することこそ、歴史家の責務~

   天下の珍説~「太平天国の乱が明治維新の原動力」
   江戸時代の大名は「雇われ社長」だった
   「瘦せ我慢」の精神が、明治維新を産んだ
   世界史の奇跡~明治維新

第5章 中国人・韓国人のための明治史
~明治維新の世界史的意義を抜きに、何も語れない~

   教科書が「大韓帝国」誕生を記さない理由
   日本は朝鮮民族を「収奪」したのか
   日本の勝利を絶対に認めない現行教科書の奇怪さ
   伊藤博文暗殺が日韓併合を招いた
   朝鮮を対等に扱った戦前日本
   ハングルの育ての親は日本だった
   なぜ、コリア人は日本風の名前を欲しがったのか
   莫大な財産を持っていたコリア人慰安婦
   小手先のごまかしに終始する朝日新聞
   シナ事変の引き金を引いたのは誰か
   新資料「ラーベの日記」が明かす南京事件の真相

第6章 “一揆史観”は歴史にあらず
~教科書に隠された「悪魔の思想」を明かす~

   歴史用語を改変する教科書執筆者たち
   税金なき国家こそ、最悪の国家である
   「一揆史観」では歴史は語れない
   江戸時代が長く続いた真の理由とは
   反戦論を唱える自由があった明治日本
   なぜ、影響力ゼロの思想家が教科書に登場するのか
   佐藤信淵(のぶひろ)~史上空前の詐欺師
   平等主義こそ「悪魔の思想」
   なぜ、教科書は「財閥」を悪者にするのか
   戦前の青年将校と歴史教科書の共通点
   「戦争の常識」が忘れられた現代日本
   反日教科書~その真の狙いとは

第7章 反日教科書~誰が真犯人か
~その害毒は、酸性雨のごとく日本の青少年の心を蝕む~

   歴史教科書・三つの特徴とは
   なぜ、反日史観は自然発生したのか
   アメリカ人の恐怖心が産み出した「東京裁判」
   「世紀の大誤報」が謝罪外交を作った
   反日教科書の真犯人は誰か
   教科書の「内幕」を明かした長谷川論文
   教科書会社が争って買い求める「文書」
   圧力団体に屈服した教科書会社・文部省
   もはや消え去った教科書神話
   日本=ファシズム論は、なぜ間違いなのか
   耳学問で教科書を“検閲”する人々
   「大同協」文書の作者を推理する
   なぜ、日本で不当差別がなくならないのか
   「便乗屋」が社会運動を駄目にする
   教育界に巣食う「利権」とは
   平気で歴史事実を改変するコリア史観
   なぜ「刀狩り」が悪なのか
   女は金(きん)、男は鉄
   歴史教育に自由競争の風を

あとがき  渡部昇一

解説  田久保忠衛(たくぼただえ)(杏林大学教授)



教科書に関する話・・・これはひどすぎる話である。
この人達は本当に日本人なのだろうか?


今年の読書:50冊目

スポンサーサイト


読書 | 00:39:40 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。