■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マラッカへ行く
310_convert_20140827163817.jpg

午前8時、宿泊先の「ルネッサンス・クアラルンプール・ホテル」を出発!
これから「マラッカ」に向う・・・・
あの「マラッカ海峡」の「マラッカ」である。

途中、古い飛行場が道路わきに見えた。
戦時中、日本軍が使用した飛行場とのことである。

311_convert_20140827164731.jpg

マラッカはマラッカ海峡に面する港湾都市で、東西貿易の要衝地・・・・
そういうこともあって、まぁ、多くの国に占領されている。
そもそもは「マラッカ王国」というのがあったらしいが・・・
その後、ポルトガルに占領され、その次はオランダ領となり、続いてイギリスの植民地となり、最後は、日本軍に占領統治されたのである。
要衝の地であることは間違いないのだろうが、戦前の時点で、すでにシンガポールの港湾が要衝の地として台頭し、ここマラッカは港湾都市としては衰退していたようである。
だいたい、日本軍はシンガポールを攻略するために、このマレー半島を南下したのだから・・・
マラッカが、昔のような重要都市であったなら、日本軍はここに一大海軍基地を設けたはずである。

我々は「マラッカ」と呼んでいるが、これはどうも英語読みのようである。
正式には「ムラカ」と呼ぶのが正しいようであるが・・・・ムラカ州の州都だし・・・・
でも、いまさら「ムラカ」って言ってもねぇ~(笑)

マラッカに到着して最初に向かったのは、「スタダイス広場」・・・
時刻は午前10時半・・・・

315_convert_20140827174025.jpg

ここはマラッカでも著名な観光名所らしい・・・・
「スタダイス」はオランダ語で「議事堂」とか「市役所」を意味するらしい・・・・
赤い建物がその建物で、現在は博物館になっているようだが、我々は見学はしないそうで・・・(涙)
博物館好きとしては何とも残念・・・・

317_convert_20140827174634.jpg 320_convert_20140827174726.jpg

ここマラッカは、ペナン島のジョージタウンと共に、マレーシアの「世界文化遺産」に指定されているそうだ・・・・
あらら・・・へぇ~・・・・である。(笑)
歴史的町並み・・・ということらしい。
へぇ・・・知らぬうちに2箇所も世界遺産を見ちゃった・・・・(大笑)
マラッカには博物館が結構あるらしいが、それを見る時間が全くない・・・・(大泣)
また来るようなのか?・・・・一人で・・・・(大笑)

318_convert_20140828220335.jpg

ここには何台もの「輪タク」が客待ちをしていた・・・・
マレーシアでは、この「輪タク」を「トライシャ」と呼ぶそうだ。
フィリピンでは「トライシクル」と呼んでいる。(笑)
その中で、一番、派手だったのがこれ・・・
新婚旅行客用かアベック用か・・・・(大笑)
この「トライシャ」には34年前に一度だけペナン島で乗ったことがあるが・・・
キティちゃんの絵が描いてあるとなると・・・
う~ん・・・・拙者は恥かしくて乗れそうもないな・・・・これ・・・(大汗)

屋外展示されていた博物館の展示物を見っけ!!(喜)

321_convert_20140827175713.jpg

ひとつは「ブルドーザー」!!(笑)
英文の説明板を読んでみると・・・・
このブルドーザーは第2次世界大戦前にゴムのプランテーションで使われていたもので、ジャングルを切り開き、木を切り倒したりする作業者が歩く小路を造ったりするのに使われていたようである。
米国製の「オリバー」という名のブルドーザーで、製造されたのは1936年ではなかろうか・・・という。
1936年というと、日本は昭和11年・・・・「2・26事件」が起こった年であり、拙者の母が生まれた年である。(笑)
このころに日本にはブルドーザーなどという機械はない・・・・
ところがマレーシアの農園では使われていたのだから、日本はかなりの「後進国」だったのでは?(大笑)

戦前に米国のメーカーがブルドーザーを売り込みに来たという話を何かの本で読んだ覚えがある。
しかし、日本はブルドーザーを購入することはなかった。
なぜならば、不況の時には多くの労働者を道路を整備するなどの公共事業に使うことで、失業対策としていたわけで・・・・
そこに1台で100人分の仕事をします・・・などというブルドーザーを導入したのでは、失業対策が出来なくなるからだったそうである。
おかげで日本人はブルドーザーというものを知らずに戦争に突入した。
昭和17年、ガダルカナル島に上陸した日本軍は滑走路建設を、いつものようにスコップなどを使って人海戦術で行なっていた。
人力でジャングルを切り開き地面をならすんだから、時間がかかる・・・
モタモタしているうちに米軍の偵察機に発見され、ようやく滑走路が完成間近という時に米軍が上陸、滑走路を分捕られた。(汗)
もし、あの時にブルドーザーが日本軍にもあったら、あんな無様なことにはならなかっただろう。
米軍はブルドーザーであっという間に滑走路を拡張、すぐに完成し、飛行機が離着陸し始めた。
米軍のブルドーザーを見て、日本も同じものを作ろうと思ったが参考資料がない。(笑)
戦前に米国の営業マンが配ったパンフレット程度しかなかったようである。
が・・・京都大学かどこかの工学部に教材としてブルドーザーが2台ほどあったのを見つけ、これを参考に日本製のブルドーザーの開発を行なう・・・・
やることが遅いのである!
実は日本にもブルドーザーがあったなどと今頃気付くようではマヌケである!!(怒)
「総力戦」と言う割には大したもんじゃない・・・・
掛け声ばかり立派なところは今も昔も変っていない・・・・

マレーシアの農園では戦前からブルドーザーが使われていたとは・・・・
唖然・・・・である。

ブルドーザーの隣に展示されていたのは、かなり古い消防自動車!

322_convert_20140827175809.jpg 325_convert_20140827175902.jpg

これまた英文の説明板によれば・・・(笑)
この消防自動車は、1937年ごろに作られた英国製の消防自動車だそうだ。
これが使われ始めたのが1939年とのこと。
日本は昭和14年、ノモンハン事件があった年である。
この消防車・・・・
その後、英国がシンガポールに持って行ってしまったらしいのだが、多分、日本軍が占領した後のことだと思うが、後に日本がこの消防車を再びマレーシアに取り戻してくれたと書いてある。
ん?よくわからん話しだが・・・・(笑)
侵略者だの極悪非道だのと非難されている日本が、戦時中にわざわざ消防自動車をシンガポールからマレーシアに取り返してくれたというのか?(大笑)
マレーシアの誰かが「取り返してきてくれ!」と日本軍に頼んだのか?(笑)
どういう経緯があったのだろう?
興味の湧くところである。
で・・・この消防自動車は、なんと!・・・・1974年まで現役として活躍していたらしい。(唖然)
1974年は昭和49年である。
拙者が14歳のときである!
小野田少尉がルバング島から生還した年である!(笑)
ニクソン大統領がウォーターゲート事件で辞任し、日本では田中角栄首相が辞任して三木内閣が成立した年である。(笑)

マレーシアにやってきて、途中でシンガポールに持って行かれ、再びマレーシアに戻ってくるという数奇な運命を経ながら35年間も現役で活躍した消防車なのか・・・
おお~・・・・感動である。(笑)

日本では戦前に消防自動車というのはあったのだろうか?
これはいつか「消防博物館」にでも行って確認せねばなるまい。(大笑)

他の参加者は、これらには全く興味がないようで・・・・(笑)
あっさりと通過して先に進んでいってしまったが、拙者はこの古いブルドーザーや消防車を見ていて楽しくて仕方がない。(笑)
このツアーでは、いつものように拙者は“しんがり”を務めているので、多少遅れても問題はない。
最後列を歩くわけだから・・・・
問題は、“イズミ教官”の戦史の説明が聞けないことが不便なだけである。(涙)

この「スタダイ広場」(通称、オランダ広場とも呼ばれている)の裏手の高台に登る。
ここからマラッカ海峡が見えるのだそうだ。

328_convert_20140828221929.jpg 

遠くに見えるのが「マラッカ海峡」だそうだが・・・・
う~ん・・・・よくわからんなぁ~(苦笑)
タンカーらしき船も見えるが・・・・
う~ん・・・・よくわからんなぁ~(苦笑)
「マラッカ海峡」は、“海賊”が出る危険な海峡なんだよね?
そういう場所は、ここじゃなくて、もう少し離れたところか・・・・

この高台は「セントポールの丘」と呼ばれている。
頂上に廃墟となったセントポール教会がある。
ポルトガルが統治していた頃、キリスト教布教の拠点として、この教会が建てられたそうで・・・・
フランシスコ・ザビエルの遺体(遺骨の一部?)が一時期、ここに保管されたことがあるそうだ。
拙者は、まったく興味がなかったので・・・・(苦笑)・・・・写真を撮らなかった。(笑)
頂上には観光客がたくさんいて、鬱陶しいことこの上なし。(大笑)

丘を下って反対側に降りる・・・・
暑くて喉が渇くが・・・飲み物を買う余裕もない・・・・(涙)
ここは、飲み物持参で登るべきだな・・・

333_convert_20140828224415.jpg

「サンチャゴ砦」・・・・「ファモサ」とも呼ばれるポルトガルがオランダとの戦いに備えて造った要塞の跡である。
ここに日本語の説明板が設置されていた。



ポルタ・デ・サンティアゴ

ポルタ・デ・サンティアゴとは 出入り口を意味しており、まさに、“エイファモサ”(A'FAMOSA)の ポルトガル軍要塞への4つの入口の一つである。
ポルトガル軍のリーダーは1511年にマラッカを征服し、アルフォンソ・デ・アルバカーキは、マラッカのサルタンやアチェの攻撃からの防御策に1512年(A'FAMOSA)を建設した。

ポルトガル人達は廃墟となった宮殿、王族の霊廟やモスクからとなった(筆者注:取った?)建材を使って、幅3mの壁がついた、四角い砦を奴隷の労働者を使って建設した。
高さ40mの望楼は一時期要基(筆者注:要塞?)の北西角に位置していた時があった。
興味深い点は、このポルトガル風らしき建物にオランダ東インド会社の紋章が彫られていることである。
これは1670年にオランダの会社がこの砦を自分達の本社として利用していた為。

この砦は1795年に駐留した英国軍にあやうく跡形もなく取り壊されるところで、ウィリアム・ファークハといつ(筆者注:いう?)人物が火薬で砦を吹き飛ぼうと(筆者注:飛ばそうと?)したが、砦の破壊を止めるよう制裁(筆者注:制止?)した。
かつてこの他に(筆者注:この地に?)威風堂々と聳え立っていた要塞の面影を残す、ポルタ・デ・サンティアゴである。

ポルタ・デ・サンティアゴは、1977年5月12日に文化財保護法令第168/1976により、歴史記念文化財に指定された。

(説明板より)



この日本語・・・変な言い回しや誤字・脱字もあるが、意味はわかる。
あまり他人の文章を笑う資格は拙者にはない。(笑)
拙者の英語はもっとひどいだろう・・・・(大笑)
拙者がフィリピンの博物館に提供した英文の展示品説明文などは、米国人が読んだらどう思うか・・・・(大汗)
一生懸命、日本語で書いて展示してくれたんだから、こういう説明板はよく読んであげないとねぇ~
作ってくれた人に申し訳ない・・・
無視して通過するなんて・・・失礼だよねぇ~
自分がその立場になると、よくわかる。(汗)

近くの広場に装甲車が・・・・

336_convert_20140829105700.jpg

この装甲車(手前)と装甲兵員輸送車(奥の車輌)には、説明板がなかったが・・・
どうも戦後、マレーシア共産党と戦ったときに使用されたものらしい。

340_convert_20140829110636.jpg 341_convert_20140829110729.jpg

時刻は午前11時半・・・・
空の雲行きが怪しくなってきた・・・・(汗)
生暖かい風も吹き始めた・・・・
こりゃ、ヤバイ・・・ザ~ッと来るぞ・・・・(大笑)

タイミングよく、これから昼食である!
市内のレストランで昼食・・・・

345_convert_20140829110918.jpg 344_convert_20140829110826.jpg

ここの料理は「ニョニャ料理」という“郷土料理”だそうだ。
マレー料理と中華料理が混ざったものらしい。
が・・・拙者には、よくわからん・・・(笑)
中華料理との違いがわからんのです。(大笑)
拙者は“グルメ”じゃないから・・・とにかく腹が満たされれば、それでいい・・・・(大笑)

347_convert_20140829112028.jpg 346_convert_20140829111933.jpg
(レストランの前の様子)
スポンサーサイト


旅行 | 10:28:33 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。