■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『日本軍の小失敗の研究』
日本軍の小失敗の研究―現代に生かせる太平洋戦争の教訓 (光人社NF文庫)日本軍の小失敗の研究―現代に生かせる太平洋戦争の教訓 (光人社NF文庫)
(2005/07)
三野 正洋

商品詳細を見る


まえがき

第1部

1 日本陸軍の無謀
2 補給について
     補給軽視という悪弊
     日清戦争における補給
3 統一化、標準化の失敗
     その1 戦闘機の機関銃/砲の口径と装備数の問題
     その2 開戦時の陸海軍主力戦闘機
     その3 “驚くべき無神経”戦闘機のスロットル操作
4 用兵者の無能
5 差をつけたがる日本軍
6 硬直した頭脳
     その1 思いもしなかった特殊部隊の設立
     その2 ドーリットルの東京空襲
7 人命の救助の損得
     ○艦艇について
     ○航空機の救命装置
     ○組織としての人命尊重
        その1 艦船の位置表示システムの開発
        その2 B29爆撃機のためのライフライン
        その3 歩兵への救急セット
8 民間人と女性の活用
     ○民間人の場合
     ○女性の活用
9 名人の養成と新技術
10 情報の収集と分析について

第2部

1 怖ろしいほどの思い上がりと無駄/陸軍が造った潜水艦と航空母艦
     ○潜水艦
     ○航空母艦
2 潜水艦をめぐる問題
     大量建造の明暗
     大量建造をめぐる問題
     対潜水艦戦闘をめぐるいくつかのエピソード
        ○“粘り”の重要性
        ○爆雷の形
        ○商船の砲座
        ○ハンター・キラー戦術の成功
        ○対潜水艦戦闘をめぐる怠慢
3 航空機と牛車
     呆れ果てる非能率、日本人の限界?
4 戦病死と破傷風のワクチン接種
5 機械力と土木工事部隊
     1、いわゆる機械力の有無
     2、大組織の工兵部隊
6 拙速による戦闘機隊の悲劇
7 「マニュアルと取り扱い説明書」
8 重砲の悲哀
9 航空用エンジンをめぐる無駄使い
10 スキップ・ボミング
     その1
        スキップ爆撃の効果
     その2
        特別攻撃とスキップ・ボミング
11 航空母艦をめぐる問題
     その1
        カタパルトの有無
     その2
        開放型格納庫と舷外エレベーターについて
     その3
        護衛空母の活躍
12 ダメージコントロールの思想
13 暗号解読技術
14 歩兵銃の実態と自動小銃の開発
     ○射程の問題
     ○自動小銃
15 無線通信をめぐる3つのエピソード
     1、無線電話の活用
     2、無線電話の新技術
        A 短距離専用無線電話の開発
        B 咽喉マイクの開発
     3、平文使用の是非
16 アメリカの自由
     1、戦争中のストライキ
     2、パットン将軍の殴打事件

第3部

1 日本軍の優れていた部分
     1、日本海軍の場合
        ○空母の集団投入
        ○潜水艦と航空機の組み合わせ
        ○魚雷の性能の優越性
        ○兵士の士官昇進制度(陸海とも)
     2、日本陸軍の場合
        ○上陸用舟艇母船(MT船)
        ○プロペラ推進艇
        ○無砲身火砲

あとがき

文庫版のあとがき



今年の読書:40冊目

スポンサーサイト


読書 | 14:28:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。