■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦車!戦車!(大喜)
今日は、これから、郊外にある「オーストラリア陸軍戦車博物館」へ向う!(大喜)
ここには、我が日本陸軍の軽装甲車と中戦車が展示されているはず・・・・
是非、ここはじっくりと見学したい!!

502_convert_20140623145701.jpg 504_convert_20140623150957.jpg

508_convert_20140623151445.jpg 507_convert_20140623151341.jpg

移動中の景色をバスの車内から写す・・・・

移動中、作家先生の“ミヤザキさん”が「戦車博物館?そんなところへ行く必要ねぇだろ!」とグズグズ言い出した・・・(笑)
やっぱり予定変更の元凶は“ミヤザキさん”だな・・・・(大笑)

そもそも、ツアー旅行というのは、日程表があって、それを見て、どこに行くのかによって、そのツアーに参加するかどうかを決めるのであるから・・・
当初の予定を、現地に来てから、そうそうひっくり返されたのでは困るのである。
今回は、博物館訪問が多いので拙者は参加を決めたわけですから、その博物館訪問をキャンセルされたのでは、このツアーに参加した意味が無い。
自分が行きたくないところばかりに行くツアーなら、最初から参加しなければいいわけで・・・(大笑)
参加しておきながら訪問場所にケチをつけられたのでは困る!
これは、相手が立派な「作家大先生」であろうと「論客」であろうと、拙者は一歩も譲れない。(大笑)
たとえ・・・昨晩の夕食をご馳走になっても・・・・である。(大笑)
ダメなものは絶対ダメ!(大笑)
行くぞ!絶対、行くぞ!(大笑)

511_convert_20140623153000.jpg 512_convert_20140623153049.jpg

513_convert_20140623153216.jpg (消防署)

時刻は11時20分・・・・
ホテルを出発して2時間弱で陸軍の基地に到着・・・・
この基地の中に「戦車博物館」はある。
が・・・・
基地の周辺、基地の敷地内は撮影禁止!
博物館の建物の前でカメラを取り出して構えていると怒られそうなので、博物館の建物の撮影も遠慮した。

博物館は小さな建物で、ショーケースの中に雑多な展示物・・・・
結構、日本軍のものが保管されていたのには驚いた!(大喜!)

537_convert_20140623201907.jpg 515_convert_20140623201713.jpg

530_convert_20140623201811.jpg

珍しいところでは・・・・これなんか、珍しい・・・・

519_convert_20140623202802.jpg

この箱に入っているのは、説明文によれば、戦車の暗視装置とのこと。
1945年にニューギニアのラバウルで日本軍の中戦車から見つけたということである。
中戦車ということなら、九七式中戦車だろう。
当時の日本軍にも暗視装置なんてあったのか?
「ジャップ・タンク(日本の戦車)」という表記・・・日本を蔑視した「ジャップ」の文字は、チョット気に入らないなぁ~(怒)
「ラバウル」のスペルが間違っているのは愛嬌か?(大笑)

516_convert_20140623204515.jpg

この筒のようなものは、八九式重擲弾筒(てきだんとう)・・・・・
専用の八九式榴弾を遠くに飛ばす、簡単に言うと、携帯式の迫撃砲と言ってもいいかな?(笑)
説明文によると、ニューギニアの「ミルン湾の戦い」で1942年8月27日に入手したという。
「ミルン湾」は東部ニューギニアにある湾で、連合軍は「ミルン湾の戦い」と称しているが、日本軍はミルン湾のラビというところで戦ったので、「ラビの戦い」と呼んでいる。
1942年は昭和17年・・・・
日本が進撃していた時のことで、日本海軍の陸戦隊が、このラビというところにある連合軍の飛行場を攻撃するため、ここに上陸し攻撃をかけたが、結局は占領できずに退却したという戦いである。
この時の敵はオーストラリア軍と米軍・・・・オーストラリア軍がこれを持ち去ったんだろうなぁ~(大笑)

528_convert_20140623212017.jpg

この「円盤」のようなものは、日本軍の九三式地雷である。
説明文の英文は拙者の能力では解読の限界を超えちゃっていて苦労するのだが・・・(大泣)
え~と・・・・・・
37ミリ対戦車砲の近くに撒かれて、対戦車砲と共に戦車のキャタピラを破壊したり、操縦不能にしたり、というようなことを、この地雷はしたんだよぉ~ってなことが書かれているようである。(大汗)
あ~参った・・・もっと英文はシンプルに書いてくれ!(大涙)

535_convert_20140623214201.jpg

これもまた珍しいものだと思う。
ちょっと見づらいが・・・・日本軍の小銃の先に空き缶のような筒がくっ付いている。(笑)
説明板が見当たらないのだが、これは多分、「一〇〇式擲弾器(てきだんき)」だと思う。
この筒に九九式手榴弾を入れて、銃を撃つと、手榴弾が遠くに飛ぶというものである。
人間が手で投げるよりは遠くに飛ばせる。

さて、ここでの見学時間は1時間15分・・・・(笑)
あまりショーケースの中ばかりを見ているわけにも行かない・・・・
早く戦車を見に行かねば・・・・

我がツアーの参加者の姿が殆ど見えなくなった・・・・(汗)
またもや、拙者一人か?(大笑)

579_convert_20140623215816.jpg

屋外の戦車展示場へ向う・・・・

「もういい加減、そのくらいにして、終りにしないか!」と後ろで声がする。
振り返ったら、作家先生の“ミヤザキさん”である。
我がツアーの参加者のほとんどは、早々と見学を終えてバスに戻ってしまったのか?
ちょうど、添乗員の“アサダさん”が拙者と一緒にいた・・・・
「戦車を見ずに帰るわけにはいかないですよね?」(笑)
「当然ですよ!僕は戦車師団の戦友会の事務局長ですよ!!これを見ずに帰れますかって!」(笑)
「ですよね・・・・」(笑)
「見学時間は1時間15分ですよね?絶対、時間ギリギリまで見学しますからね!!」(笑)
“ミヤザキ先生”は、もういい加減にしろよとばかりにイライラしておられたようだが・・・・
無視!!(大笑)
申し訳ないけど・・・・無視させていただく。(大笑)
そうそう“団塊の世代”の我がままを聞くわけにはいかない!!(大笑)

583_convert_20140623221433.jpg

展示場の隅っこに日本軍の戦車が!(喜)

手前にあるのは、九七式軽装甲車・・・・

570_convert_20140623221918.jpg (九七式軽装甲車)

これは、「装甲車」・・・・「戦車」ではない。(笑)
2人乗りだが、日本軍としては「豆戦車」としての扱いを受けていたようである。
主に捜索連隊(むかしの騎兵連隊)に装備されていた。
拙者の祖父は捜索連隊の連隊長だったので、この装甲車にも親しみが湧く。
祖父が満州から台湾を経てフィリピン防衛に向かった時、「戦車を全部、他の部隊に持って行かれた」と言っていた。
戦車(多分、この装甲車のことだと思うが)は他の部隊に差し出すように命令されたのだろう。
この装甲車には、大きく2つのタイプがあって、機関銃を装備したものと、大砲を装備したものがある。
ここに展示されているのは大砲を装備したもの。
残念ながら、説明板がどこにもないので、入手の詳細等はわからないが・・・・
多分、ニューギニア方面で鹵獲したのではあるまいか?

後ろにあるのは、「九七式中戦車改」である!

539_convert_20140623223031.jpg (九七式中戦車改)

九七式中戦車には2種類ある。
当初の型は、砲身の短い57mm砲を搭載したものである。
この57ミリ砲型の九七式中戦車は靖国神社の遊就館に展示されている。
後期には砲塔部分を改良し、一式47ミリ対戦車砲を搭載したものが出来た。
「47ミリ搭載型」とか「九七式中戦車新砲塔型」とか、「九七式中戦車改」とかと呼ばれている型である。
ここに展示されているのは、この改良型の九七式中戦車。
乗員は4名・・・・
2名乗員の九七式軽装甲車より、当然、車体が大きい。

この九七式中戦車改は、我が戦車第2師団の戦車第7連隊に装備されていたものと同じ型である。
というわけで・・・戦友会事務局長である拙者としては是非お会いしたかった戦車なのである!!(大喜)
写真を撮って会報に載せなくては・・・・(笑)

この戦車にも説明板は設置されていなかったので、詳細は不明であるが・・・・
多分、ニューギニア・・・・ラバウルあたりで鹵獲されたものではなかろうか?

運良く、これら装甲車、戦車の内部の撮影も出来た!(大喜)
通常、こういったものは、内部がかなり破壊されて何も残っていないのだが・・・・
想像以上に状態がいい!
操縦席などもちゃんと残っている!!(大喜)
が・・・・
ここには、その写真は掲載しない!
なぜなら、最近、マナーの悪い奴が多いのである!
無断で写真をダウンロードしてパクる輩がいるのである。
その写真をちゃっかり自分のホームページやブログに載せている奴もいる。
そういう奴に限って連絡先のメールアドレスを開示していないから、抗議もできない・・・・
以前にも、拙者の撮影した写真を無断で使用されたので・・・・
この貴重な車内の写真だけは、ここには掲載しないことにした。(怒)

どうしても見たい人は・・・・
我が戦友会に賛助会員として入会して、年会費を払い、会報を手にするか・・・(笑)
自分で何十万円もの金を払ってオーストラリアまで行って見て来るか・・・・(大笑)
この2つしか方法はない・・・・です!・・・・(大笑)

日本の戦車は小さいというが・・・・
近くで見ると、結構、頼りがいがあるように見えるんですけど・・・・(笑)
そんなに悪くないじゃないか?・・・・日本の戦車だって・・・・と思ったが・・・・

582_convert_20140623225853.jpg

隣りのオーストラリア軍の軍用車両と比較すると・・・・やっぱり、かなり小さいか・・・・
う~ん・・・・こういう置き方って・・・どうだろう?
日本軍の戦車が非常に貧弱に見えちゃうんですけど・・・・(涙)

ここで大失敗したことに後で気がつく・・・・
戦車と一緒に記念写真を撮るのを忘れた!(大泣)

見学に与えられた時間はまだあるが・・・・
ここにある戦車や装甲車等の軍用車両を全部見学するのは無理・・・・
これもまた、ジックリ見るなら個人的に来るしかあるまい・・・(大涙)

敷地内をササッと見ながら駆け回っていたら・・・・(大笑)
あれ?
もしや・・・・
近づいてみたら、やっぱりそうだ・・・・「一式機動47ミリ砲」である!!

589_convert_20140623230942.jpg (一式機動47ミリ砲)

この砲は太平洋戦争の中期以降から使用された日本陸軍の対戦車砲である。
特徴のある防盾が失われているが・・・・砲身を見て気がついた・・・・(笑)
こうなると、マニアックだよなぁ~(大汗)

砲身には刻印が刻まれていたが、不思議なことに、本来の刻印の上に更に日本語の刻印がされている。
なんで、そういうことをしたのだろう?
「53ほ」という文字が上から刻印されている・・・・
これは、歩兵第53連隊(鳥取で編成)という意味だろうか?
この部隊はラバウル方面にいた部隊なので・・・・
もしかしたら、この部隊の砲かもしれないなぁ~

この博物館には、ミュージアムショップというようなものはないらしく・・・・
何か戦車に関する資料がないものかと探したが、残念ながら何もなかった・・・・(大涙)

予定の時間をタップリと有意義に使ってバスに戻る。
ほとんどの人達は、すでにバスに乗り込んでいて、憮然としていた・・・・(大笑)
ん?遅刻なんてしていませんからね!(笑)
予定通りの時間ですからね!!(大笑)

今回のツアーに参加した理由の一つは、この戦車博物館の見学が含まれていたからである。
九七式中戦車改が見られて本当に良かった!!(大喜)
この気持ち・・・・誰にもわかるまい・・・・
スポンサーサイト


旅行 | 14:49:42 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。