FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

キャンベラの観光
午前7時に朝食・・・・8時、チェックアウト・・・・・
今日はシドニー市内の観光である。

318_convert_20140614232628.jpg

319_convert_20140614232722.jpg (宿泊したホテル)

最初に向かったのは「オーストラリア国立博物館」・・・・・ですが・・・・
博物館の駐車場を一周して終り・・・・(大笑)
「ここが国立博物館です」とドライバー兼ガイド・・・・
時間の関係で内部の見学は出来ない・・・・
う~ん・・・・残念だ・・・・
博物館が大好きな拙者としては何とも残念だ!(大涙)
博物館というものは、外観ではなく、内部の展示物を見学するものなんですけど・・・・(大笑)
こりゃ、いつか一人で来て見るしかなさそうである。(涙)
今回は、下見だということで割り切ることにする。

320_convert_20140614233537.jpg (橋の上から見た国立博物館)

続いて向かったのは、「旧・国会議事堂」・・・・
まぶしいくらい真っ白な建物・・・・

339_convert_20140615102447.jpg 326_convert_20140615102228.jpg

338_convert_20140615102356.jpg 342_convert_20140615102532.jpg

この旧・国会議事堂の前の広場に“抗議小屋”のようなものがあった。
オーストラリアの先住民族であるアボリジニの“抗議小屋”らしい。
我がツアーの“論客”の皆様は、大喜びでそちらに向かい、写真を撮っている。
“論客”の皆様は、そちらのほうに興味があるらしい。(笑)
拙者は、まったく興味がないので・・・・周辺を一人でブラブラして写真を撮る。

328_convert_20140615103423.jpg

前庭に、銅像を見っけ!(喜)
誰の銅像かというと・・・・ジョージ5世というイギリスの国王の銅像だった。

335_convert_20140615103536.jpg

この人は、1910年(明治43年)から1936年(昭和11年)まで、国王だった人である。

ここでの見学時間は約20分・・・・外をブラブラするには時間がありすぎる。
建物の中に入れないのだろうかと、勝手に一人で中に入ってみた。(笑)
受付の職員に尋ねたら、中に入ってもいいと言う。
入館料も必要ないそうで、写真撮影も構わないという!
おお!ラッキー!(大喜)

343_convert_20140615113601.jpg 347_convert_20140615113705.jpg

内部は資料館になっていた!
うそ!
これ・・・見学したい!(大笑)
が・・・・見学するほどの時間的余裕はない。(涙)
集合時間まで、残り10分弱である!!
う~ん・・・・残念だ!(大涙)

348_convert_20140615114118.jpg

社会科見学の生徒達だろうか?
何やら“お勉強”をしていた。
歴史的に貴重な議場だからなのだろう。
机などを汚してはいけません・・・ということなのだろう・・・・
子供達は全員、白手袋を着用している。
ほぉ~・・・・この気遣いは大したものである。
白手袋をしたら、落書きをしようなんていう気は起こらないだろう。
日本も見習うべきだな・・・・

集合時間が迫ったので、急いでトイレに行き“用を足す”(大笑)

349_convert_20140615114206.jpg

古いトイレである。
小便器が3つしかないとは、少ないような気がするが・・・・
ここに議員さんたちが並んで立って「おい、君は今度の議案に賛成するのかね?」とか何とか言いながら“用を足し”たのだろうか?(笑)

時刻は午前9時40分・・・・
次に向かったのは、現在使用されている「国会議事堂」である。

350_convert_20140615120019.jpg 355_convert_20140615120135.jpg

ここも外観だけの見学・・・・
内部がどうなっているのかは、わからない・・・・
それにしても、近代的というか何と言うか・・・・どこに議場があるんだろ?(大笑)
この国会議事堂は1988年(昭和63年)に完成したらしい。

次に向かったのは・・・・
各国の大使館などが建ち並ぶ、閑静な一画・・・・
“論客”の皆様と、その取り巻きの皆様の要望で、中国大使館横に停車・・・・(大笑)
写真を撮る・・・・

356_convert_20140615125505.jpg 357_convert_20140615125604.jpg

中国大使館の建物・・・・大きい・・・・(笑)

写真を撮り終えたらバスに戻るはずが、どうも大使館の正門前に「法輪功」の女性が一人で抗議活動らしきことをしていると言って、“論客”の方々を始め、皆さん全員が正門のほうへ行ってしまった!(唖然)
“あの人達”は、好きなんだよなぁ~・・・・こういうの・・・・
「法輪功」とは、中国政府から弾圧を受けている中国の宗教団体らしい。
それで大使館前で一人で抗議をしているのだろう。
大喜び・・・興奮して吹っ飛んでいった・・・・(汗)

拙者は、そういうのはまったく興味がない。
だいたい、本当に、その女性が「法輪功」の人間で、抗議をしているとは限らないのでは?
大使館の正門前で一人でやっていて、大使館員に排除されないというのは怪しい・・・(大笑)
これは、もしかして中国側の“やらせ”かも?
「法輪功」による抗議のふりをしておいて、近づいてきた人を監視カメラで撮影・・・・
同情的な言動があった場合は、“反中の危険人物”として記録しておいて・・・・
我々がいつか中国へ行ったときには、さんざん嫌がらせをするとか・・・・(大笑)
中国共産党なら、そのくらいのことをしかねまい?(笑)

わざわざ中国の公安当局に顔写真を撮られに行くようなマネをする気はない・・・(大笑)
というわけで・・・一人、バスに残る。(大笑)
こういうことをするので、拙者はへそ曲がりで協調性がないと、子供の頃から責められたが・・・・(大笑)
仕方がない・・・・性格である・・・(笑)

運転手兼ガイドさんも困った様子・・・・
「時間がないんですよねぇ~参ったなぁ~」
当初の予定では日本大使館前でバスから降りて写真を撮影する予定だったらしいが、中国の悪口を言っている割には、中国が好きな様子・・・という“論客”の皆さんのおかげで、その予定が狂いそうだという。
いい迷惑である・・・・
「あの人達は、いつもあの調子ですから・・・・」
「そうなんですか?」
「日本人なら、中国大使館の場所より日本大使館の場所を確認しておくべきだと思うんですけどねぇ~日本大使館前で時間をたくさん使うべきだと思うんですけど・・・・あの人達は逆なんですよねぇ~」(大笑)
いつまで経っても戻ってこないので、バスの中でガイドさんとおしゃべりをして時間を潰す。
まぁ、こういうのもいいかも・・・・(大笑)
なかなか、現地在住の日本人ガイドと個人的に話をする機会は少ないからねぇ~(笑)

かなり経って、皆さんが興奮して戻ってきた・・・(唖然)
何が面白いのやら、拙者にはサッパリわかりませんが・・・・(大汗)

バスを走らせ、まもなく日本大使館が見えてきた。
「右手に見えますのが日本大使館です」とガイドさん・・・・
しかし、皆さんの反応は鈍い・・・・
まったく興味がないご様子・・・・
日本大使館より中国大使館のほうがお好きなようである。(大笑)
ん?
皆さんは本当に日本人なのか?(大笑)
我が日本大使館が他国の大使館より見栄えが悪かったら政府に文句を言ってやらねばなるまい?(大笑)
国家の恥ですぞ!
しっかりと見なくていいのかね?(笑)

時間に余裕がなくなってしまったので、下車せず、そのまま通過・・・・(大笑)

360_convert_20140615201022.jpg (日本大使館)
スポンサーサイト





旅行 | 10:24:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する