FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

妹たちが来る
以前より母の体調がすぐれないという事を妹に伝えていたので、妹が子供達を連れて東京から様子を見にやって来た。
前回は甥っ子が一人で来たので、今回は姪っ子2人が同行。

旅行から帰ってきたばかりで疲れが出るところに孫たちが顔を出すのはいかがなものか・・・・という気もしないではない。
しかし、反面、楽しい旅行から帰ってきた翌日は気が抜けて寂しさも感じるかもしれない。
疲れが出る暇もなく、寂しさを感じる暇も与えず立て続けにドタバタさせるというのも、もしかして良いのではなかろうか?

妹たちはバタバタとやって来て夕方にバタバタと帰っていった。
旅行の興奮冷めやらぬ母に波状攻撃!
これでいい。これでいい。
スポンサーサイト





日記 | 20:02:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
梅雨近し
脱藩浪士様、こんばんは。
ご母堂様の病気が心配ですね。一日も早いご快復をお祈り申し上げます。
さて私の知人からですが、叔父さんが22歳で戦死した事を最近知らされたとの事です。色々事情があったようですが、高齢の親族から最近打ち明けられ仰天したそうです。そして、叔父の事をもっと知りたくなったと考えられたようです。
ただ戦域が僕の不得手なフィリピンですので、浪士様に相談させて貰いました。昭和20年4月19日ルソン島のタエバエシム州パレオ峠にて戦死されたそうです。兵籍簿を取り寄せるようにお勧めしていますが、何でも拙書を読まれて人の命の重さを痛感し連絡して下さいました。
もし浪士様に何かお判りになる事があれば、何でも構いませんので教えて頂ければ最高の供養になるかと存じます。
2007-06-06 水 00:27:57 | URL | とりてつ [編集]
とりてつ様、ご無沙汰しております。
お知り合いの方の叔父様ですが、多分、バレテ峠で戦死との事だと思いますが・・・
そうですねぇ~軍籍簿を入手出来たらメールでご連絡ください。
所属部隊によっては、詳しくわかるかもしれませんので・・・
NHKの岡山放送局で今年の夏にバレテ峠での戦闘等に関しての終戦特集の番組を制作予定との事です。
昨日、NHKからいろいろとご質問のお電話を頂きました。
不思議なタイミングに驚いています。
2007-06-09 土 14:02:42 | URL | 重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する