FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

郵便物が届く
思いがけない人から郵便物が届いた。
中を開けたら京都伏見の昔のタウン誌。
1995年~96年のものが7冊。
送り主は京都伏見に在住で戦時中は大本営特殊情報部員だった河原井さん。
手紙が入っていないので、どういう趣旨でこれを送りくださったのかと色々想像する。
7冊のタウン誌に共通しているのは歴史に関する特集記事が載っていること。
さては・・・これだな!
早速御礼のお電話をする。
初めてお会いした2年前と比べるとかなりお弱りになられた由。
「手紙も書けなくなった・・・」とのこと。
まめにお手紙を下さった方なので、書けないというのが余程辛いらしい。
「お送りくださったのは歴史好きの私を思ってのことでしょう?」と言ったら図星だったらしい。
受話器の向こうから嬉しそうな声が聞こえた。
「こりゃ、伏見に行かねばなりませんね!」
またまた嬉しそうな声。
一度お宅にお邪魔したことがあるがそれ以来お会いしていない。
どうせ『脱藩浪士』の身。時間は自由。
久しぶりに京都へ会いに行こうかな?
スポンサーサイト





日記 | 00:54:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する