■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
有権者の責任は?
いつまでもネチネチと騒がれている「慰安婦問題」・・・・
政府は「河野談話」の経緯を検証するためにチームを新設するのだそうだ。
まぁ、それはそれで結構ですが・・・・(笑)

「河野談話」・・・・
宮沢内閣の時の官房長官・河野洋平氏が、政府の調査でその“証拠”が見つからなかったにもかかわらず、旧日本軍の関与と強制を認め、慰安婦に謝罪をした「談話」のことだそうだ。
この談話を歴代内閣も踏襲し、“お隣の国”の嫌がらせに対し、代々謝罪を繰り返させられている・・・
というわけで・・・
この河野洋平という政治家を批判する人も多い。
私もこの人は“国賊”ではなかろうかという気がしているのだが・・・(笑)

この人は「慰安婦問題」の他にも・・・・
「旧日本軍の遺棄化学兵器」の処理を日本の責任で行なうという取り決めを中国(中国共産党)と取り交わしている。
彼が外務大臣の時の事だが・・・
これは非常におかしな話で・・・
日本が戦争に負けた時点で日本軍はこれらの兵器を中国(国民党)に引き渡しているはずだと思うんですけど・・・
そうだとすると、これは“遺棄”ではなくて、受け取った側の問題ではなかろうか?
もし、中国(中国共産党)がとやかくいうのであれば、それは台湾(国民党)に言うべきではなかろうか?(笑)
安易に認めちゃったおかげで、日本は余計なおカネを支払うことになったわけで・・・・それも血税を・・・(笑)
どうもこの人は、何でもかんでも相手に言われると調べもせずに安易に認めちゃう性格のようである。
まぁ、自分がカネを出すわけじゃないから平気なのだろうが・・・(笑)

さらに、これも外務大臣の時に、中国に媚びて、来日しようとしていた台湾の李登輝氏に対してのビザの発行に反対したりしている。
これって・・・一種の“差別行為”ではなかろうか?(汗)
明らかな犯罪者とかテロリストっていうならわからないでもないけど・・・
外務大臣が、そういうことを安易にやっていいのかねぇ~
この人は、自分がどこの国の外務大臣なのかがわかっていなかったのかもしれない。(笑)
もしかしたら、自分は中国の外務大臣だと思っていたのかも・・・(大笑)

平成18年の「全国戦没者追悼式」では、「戦争を主導した当時の指導者の責任をあいまいにしてはならない」というようなことを述べたとか・・・
え~・・・これもマズイと思うんですけど・・・
最終的には天皇陛下の命によって開戦されたわけですから・・・
天皇陛下は「開戦の詔」を発しているわけですし・・・
責任を問うというならば、最高責任者、大元帥である天皇陛下の責任も問うことになると思うんですよね?
いいのかな?
そういうことを言っちゃって・・・衆議院議長なのに・・・

どうもこの方は、“思慮浅い”のではないかという気がするんですけど・・・
後世に・・・末代まで・・・禍根を残すような発言が多いような気がするんですが・・・
変な「前例」を作ってしまったのではないかという気がするのです。
そういう意味で・・・“国賊”ではなかろうか?

しかし、わからないのは、こういう人がなぜか衆議院議長という座に座り続け、憲政史上最長の記録を作ったということ。
ということは・・・国会議員の皆さんは、こういう“国賊”を人物的に立派な人だと認めていたということではなかろうか?
・・・となると・・・国民から選ばれた国会議員の皆さんが認めた衆議院の議長さんを“国賊”と呼んでいいかどうか・・・

そうなると、中国や韓国に媚びる言動や天皇陛下に累が及びそうな危ない発言も、国民の総意ということになるのか?(大汗)
いやはや、わけがわからなくなってきたぞ・・・これ・・・(大笑)
どうも納得できないな・・・

やっぱりどう見ても国益に反する言動をしているとしか思えないんですけど・・・
こういう人物を選んだ人達にも問題があるのではなかろうか?
政治家(国会議員)というのは、選挙で国民から選ばれるのですから・・・
選んだ人にも責任はあるんじゃないか?

この河野洋平氏が立候補した選挙区は、「神奈川17区」である。
「神奈川17区」は、小田原市、秦野市、南足柄市、足柄上郡、足柄下郡が選挙区である。
ということは・・・ここに住んでいる有権者の良識に問題があるということになる。(笑)

河野洋平氏は、すでに国会議員を“引退”しているようだが・・・
最後の出馬となった平成17年の選挙では16万9825票を得て当選している。
つまり・・・16万人以上の人間が、この“国賊”を敢えて選んで、最後の最後まで国政に関与させたわけですよね?(大笑)

どうして、河野洋平氏を批判する人は、「選んだ人達」のことは批判しないのだろうか?
今から言ったのでは、過去の罪を問うような話になってしまうけど・・・・(笑)

やっぱり、政治家個人だけを批判するのではなく、“そういう人物”に投票した有権者もセットで批判すべきではなかろうか?
スポンサーサイト


エッセイ | 22:08:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。