■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
非人道性?
和歌山県の太地町の「イルカの追い込み漁」・・・

シー・シェパードという団体は「虐殺」だと騒ぎ・・・
ネットでも「イルカ殺し」とか「野蛮人」というコメントが英語圏を中心に寄せられているそうで・・・
駐日米大使の「非人道性を深く懸念します」の発言もあったとか・・・

「非人道性」・・・ねぇ~

ところで、「人道」って、なんだろう?

生活のための漁を行うことが「人道」に反しているというのか?

「非人道」とは、原子爆弾を投下して軍人も一般市民も、女も子供も老人も、一瞬にして焼き殺すような、アメリカが行なったような行為を指す言葉だと思っていたんですけど・・・
どうなんでしょうか?
キャロライン・ケネディ駐日大使さん・・・

イルカや鯨は殺しちゃいけないけど、マグロやサンマは殺していいのか?(笑)
それは、白人は殺しちゃいけないけど、黒人やアメリカインディアンは殺していいということと同じような気がしてしまうのですが・・・(大笑)

それとも魚は殺してもいいが、哺乳類だからダメだというのか?
我々人間は普段から哺乳類も食べていますけど・・・

海に住んでいる哺乳類はダメだが、陸上に住んでいる哺乳類は殺していいというのか?

それとも、殺し方に問題があるのだろうか?
あの目のクリクリッとした可愛い牛を殺してステーキにして食べている米国人にお尋ねしたい・・・
あの可愛い目をした牛を、どうやって殺しているんでしょう?

「非人道性」・・・ねぇ・・・(汗)

その昔、私の祖父の家では肉牛を育てていた・・・
ある時、ちょうど市場に売られるところに出くわした。
いつも、草を食べさせるため放牧地に連れて歩いた牛がトラックに乗せられるところだった・・・
この牛は売られて牛肉になってしまうという。
従姉とみんなで「連れて行くな!牛殺し!牛殺し!人殺し!」・・・などと大声で叫んだことがある。
私が小学1年生か2年生の時のことである。(笑)
祖母から「牛を売ってお金に換えないと食べ物が買えないんだよ」と言われたが・・・

あの可愛い「牛ちゃん」が殺されて肉になるのはなんとも辛かった。
一緒に歩いていると、後ろから拙者の背中を鼻でツンツン押してくる、可愛い「牛ちゃん」だったのである。
道草を喰って歩かなくなると、後ろに回って棒でお尻を叩いて歩かせるのだが、その時に後ろをチラリと見て鳴いて怒るのである。(笑)
そんな可愛い「牛ちゃん」を殺すとは何事ぞ!(怒)
散々大騒ぎをしたので、さすがに引き取りに来た業者の人も困った顔をしていたが・・・

今思えば、本当に失礼なことを言ったものだと思う。(大汗)
業者の方はさぞかし傷ついたのではなかろうか?
「牛殺し」呼ばわりしちゃったからなぁ~(大汗)
まだ我々は子供だったから仕方がなかったと思うけど・・・

たぶん、イルカの追い込み漁に抗議をしている方々は、当時の私と同じ思いなのだろう。
つまり・・・小学校低学年程度の知能と云う事になるか?(大笑)

生活のための漁に対して「非人道性」などという言葉を発するのはいかがなものであろうか?
「虐殺」だの「イルカ殺し」「野蛮人」も同様である・・・

「非人道性」・・・ねぇ・・・
「人道」とは何か、「非人道」とは何かを、良く考えてから言った方がいいのではなかろうか?
スポンサーサイト


エッセイ | 23:01:23 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。