■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『カントの人間学』
カントの人間学 (講談社現代新書)カントの人間学 (講談社現代新書)
(1997/12/18)
中島 義道

商品詳細を見る


まえがき

第1章 エゴイズムについて
 エゴイズムに陥るのは避けられない
 論理的エゴイズムとは
 エゴイズムと人間嫌い
 反論に我慢がならないカント
 有能な人をことごとく撃退するカント
 美的エゴイストとは何か
 美の主観的普遍性
 カントの感受性
 カントと騒音問題
 道徳的エゴイストとは何か
 優しさの暴力
 カントはエゴイストか

第2章 親切について
 親切は不完全義務である
 負債を恐れ乞食を嫌ったカント
 親切の弊害
 博愛的な同情心について
 幸福な人が道徳的になるには
 無邪気は道徳的ではない

第3章 友情について
 わが愛する友人たちよ、よい友人というものは存在しないのだ!
 友人を求めなかったカント
 メロスはなぜ走ったか
 生活の自立と意志の自律
 不幸な少年時代?
 負債からの自由
 人生を二度と繰り返したくはない!

第4章 虚栄心について
 虚栄心とは?
 虚栄心と自惚れ
 虚栄心と名誉欲
 なぜ高慢はいつも卑劣か
 カントと嫉妬心
 昇進の遅かったカント

第5章 生活のスタイルについて
 おしゃれなマギスター
 没趣味な住まい
 食卓の規則
 料理と食卓のマナー
 哲学談義は禁ずる!
 非社交的社交性
 時間厳守の裏にあるもの

第6章 容貌について
 小男カント
 世間は容貌を重視する
 男は醜くてもよい?
 カントの肖像画

第7章 女性について
 強き者、汝の名は女なり!
 二人のシャルロッテ
 カントの女性に対する態度はオランウータンに対する態度と同じである
 結婚によって女性は自由になり男性は不自由になる
 学問のある女性は口髭をつけるべし
 母と妹

あとがき



カントという人が哲学者であるということは誰でも知っているだろう。
哲学者と言えば、カントという名が直ぐに頭に思い浮かぶ・・・
じゃぁ、カントのことを知っているかと言うと・・・(笑)
全然知らない・・・(大笑)

大学時代に、カントが書いた本を読んでレポートを書いたようなのだが、何を書いたのか全く記憶にない。
そういうレポートを書いたことすら記憶にないのだが、当時の日記に、夜遅くまでかかってレポートを書いたことが書かれているんだから、間違いなくカントの著作について何か書いたようだ。
でも、全然覚えていない・・・(笑)
記憶にあるのは・・・カントという名前だけである。

本書は、カントの思想(価値観と言ったほうがいいか?)、人物像を、わかりやすく書いてくれている。
ほぉ~・・・そういう人だったのかと、急に親近感が湧いた。

特にカントの女性に対する考え方なぞは、もう笑ってしまうほど同感である!
その他の部分についても共感できる部分がいくつもあり・・・
もしかして、私はカントの生まれ変わりではなかろうか?・・・と思ったほどである。(大笑)

面白い・・・
こういう本を大学の「哲学」の授業にテキストとして使ってくれていたらなぁ~(笑)
かなり記憶に残ったと思うんだけどなぁ~

これは、いい本である。(笑)


今年の読書:21冊目

スポンサーサイト


読書 | 22:41:15 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。