■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ルソン島へ行く
今日は4時起床、4時半にホテルをチェックアウト・・・とのこと。
だが、だいたい、のろまな拙者がベッドから起きて30分で身支度を整えることができるわけがない・・・(大笑)
結局、起床は午前3時・・・
殆ど睡眠を取っていない・・・(涙)
にもかかわらず、なぜか元気!(大笑)
昨日、残り物の「ドリアン」を、皆さんから「あんたが全部食べろ」と言われて全部食べちゃったせいだろうか?(笑)
“精力”が付きすぎてしまったのか?(大笑)
全然疲れてねぇぞ・・・(汗)

集合時間前にロビーに行ったら、ロビーは朝早すぎて薄暗い・・・(笑)
すでに何人かが集まっていた。
で・・・恒例の喫煙!目覚めの一服・・・である!(大笑)
ソファーに座っていた“タカサカさん”が荷物を見ていてくれるというので、“イケダさん”と二人でタバコを吸いに外に出かける。
まもなく、添乗員さんが「出発しますよ!荷物はどうしたんですか!」と半分怒ったような感じで我々を呼びに来た。
ん?まだ出発時間には早いんだけど・・・
どうも時間前にみなさん、集合されたようである。
で・・・予定より早く出発することになったようである。

で・・・ロビーに戻ったら・・・
ゲゲゲッ!
誰もいないロビーに我々の荷物だけがポツンと置き去りになっていた!
あ~あ~・・・・
“荷物を見ている”はずの“タカサカさん”は、ただ“見ていた”だけのようで・・・
我々の荷物を置き去りにしてサッサと車に乗っていた・・・(唖然)(怒!)
どうもこの方は「見ている」の意味がわかっていないようである。
こういう無責任な人の言葉を信じちゃいけない・・・
ロビーには幸い誰もいなかったので盗まれることはなかったが・・・
いやぁ~あぶねぇ、あぶねぇ・・・
他人を頼ってはいけない・・・とくに調子のいい無責任な人を・・・
反省、反省・・・・
危機管理が出来ていなかった・・・

470_convert_20140313153335.jpg

ホテルで用意してくれたサンドイッチの弁当を空港の待合室で食べ・・・
ダバオ発、午前6時35分のフィリピン航空810便でマニラに向う。

475_convert_20140313154020.jpg 478_convert_20140313154103.jpg

午前8時半ごろマニラ空港に到着・・・
ここから車で真っ直ぐ「カリラヤ」にある「比島戦没者慰霊碑」に向う。
拙者は、正直言って、ここは好きではない。
「カリラヤ」という場所では大して大きな戦闘があったわけでもない。
戦後、岸信介元総理がこの慰霊碑の設置に関わっていたそうで・・・・
場所はフィリピンの電力会社所有の敷地・・・
たぶん、政治がらみじゃなかったのかなぁ~と想像しちゃうんですけど・・・
こんな辺鄙な場所に、わざわざ造るとはねぇ~
もっと多くの日本人が死んだ場所に造ればいいものを、なんで、こんな関係もない場所に造ったのか・・・
日本の公式の慰霊祭や、遺族会などの慰霊団は必ずここに来て参拝するのだが・・・
わざわざ時間をかけてマニラから来るほどの場所じゃないと思うんですけど・・・
拙者は、毎回、ここに連れて来られるたびにムカつくのである。(怒)
こんな場所に、フィリピン全土で戦死した英霊が集まってくるとは思えないのである。

484_convert_20140318163011.jpg

時刻は11時半・・・
簡単な慰霊祭を執り行い、ここで昼食をとることとする。

483_convert_20140318232923.jpg

旅行社のほうで手配して車に乗せてきた弁当を頂く。
これがまた、メチャクチャ美味しい弁当なのである!
日本国内で食べる下手な弁当より、数段美味しいのである!
フィリピンで、こんなに美味しい弁当にありつけるとは・・・こりゃ、大感動だった!(大喜)

485_convert_20140318233520.jpg 486_convert_20140318233642.jpg

ここには、以前、戦友会やら遺族会などが建てた慰霊碑があった。
今回来てみたら全て撤去され、看板が建っていた。
以前から、土地の持ち主に無断で慰霊碑を建てていたことが問題となっていたが、ついに撤去されて敷地内に埋められてしまったようである。
まぁ、土地の所有者(フィリピンの電力公社)に無断で建てる事自体が非常識であるから仕方があるまい。
これら慰霊碑を勝手に建てた「団体」の良識を疑わざるを得ないが・・・

しかし、以前から、フィリピン各地にある建立者が解散してしまい管理する人がいなくなった慰霊碑が撤去されてきたが、そういうものを日本政府の手で、ここに移設することは出来なかったのだろうか・・・という気がする。
日本の戦没者の慰霊公苑ということであれば、日本政府の手でそのくらいのことをしても良さそうなものだが・・・
どうせ、形だけの「慰霊公苑」なのだろうから、そういうことは無理か・・・・(汗)

次に向かったのは、山下奉文大将処刑の地・・・

ここは、かなり以前に入口の場所が替わってしまい、狭い路地を入った突き当たりに入り口がある。
その路地を見つけるのに一苦労・・・
ガイドも久しぶりの訪問なので忘れているし、拙者も久しぶりなので案内する自信がない。(笑)
たしか・・・電信柱があった、すぐ近くの路地を入って左に曲がって進むはずだが・・・
さて・・・この次の路地か・・・それとも、その先の路地か・・・(汗)
ガイドと拙者で、あ~でもねぇ、こ~でもねぇと言いながら、ようやく路地の入口を見つけて、無事に到着!

495_convert_20140319213725.jpg 494_convert_20140319213814.jpg

久し振りに訪問したら、「処刑地跡」は随分、荒れているような感じ・・・
近所の“管理人”らしき現地人の話では、わざと草を刈らず、枯れてから刈ろうと思っているとか何とか言い訳していたが・・・(笑)

489_convert_20140319214805.jpg 490_convert_20140319214920.jpg

拙者が、ここに最初に訪れた時は、処刑地跡の慰霊碑には小屋がけはされていなかった・・・
その後、整備されて、小屋がけされたが、一度、この屋根瓦が割れてしまったことがあり、この瓦を提供した“カメイさん”と2人で修復後の様子を確認しに来たのが最後だったと思う。
あれから何年経っただろう・・・
周囲の木が大きく育ってしまって雰囲気が随分変ったような気がするが・・・屋根瓦は健在のようなので良かった。

“コウノさん”は事前に山下奉文の本を読んで感動し、この地を訪れるのが今回の旅のメインテーマなのだとおっしゃる。
で・・・ついでに、拙者のホームページの過去の訪問記事もプリントして持参しておられた。(汗)
いやぁ~何とも照れくさい・・・(大笑)

この場所のすぐ近くに本間雅晴中将が処刑された場所がある。
直ぐ隣りの土地だが、所有者が違うので、入れないのではないかと言う。
以前は老夫妻が管理されていたようだが・・・今はどうされているのか・・・
確か、奥様がお亡くなりになった頃、訪問したので、おじいさんに弔意を伝えたが・・・
あのおじいさんはどうしたか・・・
地元の“管理人”らしき青年に案内するように言って、半ば強引に本間中将処刑地に皆さんを案内する。
こうなると、一体、誰がガイドなのか・・・(大笑)

目と鼻の先まで来ていながら、お参りせずに帰ったのでは本間さんに申し訳ない・・・と思うのである。

492_convert_20140319220659.jpg(本間中将処刑地跡)

時刻は午後2時・・・
マニラ市内のホテルに向う。

午後3時半ごろホテルに到着・・・
この「トレーダース・ホテル」は、日本人がよく宿泊するホテルだが、拙者は初めての宿泊である。
拙者の“定宿”は、ここから少し離れている。
チェックインの手続きを終えて、皆さんは各自部屋に入る。
拙者はコーヒーが飲みたいし、タバコも吸いたかったので、部屋に入る前に“イケダさん”とコーヒーラウンジへ・・・

店内で拙者のことをズ~ッと見ているフィリピン人女性が・・・(大笑)
しばらくして・・・「あのぉ~私のことを覚えていますか?」と日本語で声をかけてきた。(驚)
さて・・・誰だろう????(大汗)
尋ねてみたら、どうも“飲み屋さん”のママらしい・・・
拙者は滅多に外に酒を飲みに行くということはない・・・
今までに行ったことがあるお店は2軒だけである。
話をしているうち、そのうちの1軒のお店のママさんだということがわかった。(笑)
しかし、そのお店に行ったのは・・・もう6年ぐらい前のことなんですけど・・・(大笑)
それにしても、よく拙者の顔を覚えていたものである。(唖然)
拙者は全然覚えていない。
“イケダさん”からは「あんたは顔が広いねぇ~」と呆れられたが・・・
そんなわけ、ないんだけどなぁ~(大笑)

彼女は、このホテルで日本人のお客さんをお店に誘うため待機しているという。
いやぁ~御苦労様なことである。
最近は日本人ツアー客も少なくなり、また、誘っても話しに乗ってくれるお客が少ないので商売が大変だという。
ここで会ったのも何かの縁というものであろう。(大笑)
夕食後、彼女の店に行ってあげることにする。
“イケダさん”は行く気はないと言うので、拙者一人だけだが・・・まぁ、いいだろう・・・(笑)

496_convert_20140319223808.jpg

497_convert_20140319223856.jpg(部屋から見た景色)

夕食の時間まで余裕があるので、ホテルの周囲を一人で散策する。
ホテルから少し離れたところにコンビニがあるのを発見・・・
収穫はそれだけ・・・(笑)
ホテルの裏のほうは、雑多な建物がゴチャゴチャと建ち並んでいるだけ。
道路にテーブルとイスを出しているような“簡易食堂”のオバチャンから「食事をしていかないか?」と声をかけられたが、これから夕食に出かけるのである!(笑)
いくらなんでも、ここで飯を食うわけにはいかぬので断る・・・(大笑)

夕食はホテルの外のレストランで・・・・
“ヨシダさん”ご夫妻が、今回はみなさんに大変お世話になったから・・・と、飲み物をご馳走してくださった。
感謝、感謝・・・

食後、ホテルに戻り、“待ち構えていた”ママさんに“拉致”されて、タクシーに乗り込みお店へ向う。
ツアー仲間から変な誤解を受けそうな行動だが・・・(大笑)
久し振りに飲んで歌って・・・ホテルまでママさんにタクシーで送ってもらい無事“ご帰還”となる・・・・(大笑)
スポンサーサイト


旅行 | 17:16:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。