■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
セブの戦跡をめぐる(2)
227_convert_20140210212544.jpg 231_convert_20140210212647.jpg

町の中を走り・・・

229_convert_20140210213140.jpg 234_convert_20140210213228.jpg

マーケットの中を走り・・・

到着したのは、『マゼラン・クロス』と呼ばれる場所・・・
話によると、ここに上陸したマゼランが十字架を建てたのだとか・・・
「それが何だ?」という気がしない気もないが・・・(大笑)
観光名所なのだそうだ。

235_convert_20140211133409.jpg

マゼランが1521年にこの地に来た時に、ここに十字架を建てたそうで、そのときは、ここは砂浜だったとか・・・
現在は、この十字架を保護するため、屋根付きの建物で覆われている。
ちなみに、1521年は室町時代・・・
この年に、あの武田信玄が生まれている。(だから何だ?・・・と言われればそれまでだが・・・)(笑)

236_convert_20140211134042.jpg(天井の絵)

237_convert_20140211133817.jpg(マゼラン・クロス)

(碑文)
Magellan's Cross

This Cross of Tindaro Wood
Encases the Original Cross Planted
By Ferdinand Magellan On This Very Site
April 21, 1521

なんだかよくわからないけど、みんながお参りをしている。
ふ~ん・・・・拙者には全く興味なし・・・(笑)

ここに若い日本人男女のグループも来ていた・・・
「あ・・日本人・・・日本人よ・・・あの人たち、日本人・・・」と我々を見てヒソヒソ話・・・
20代の若いオネエちゃんたちだが・・・何をヒソヒソと日本語で話をしているのやら・・・
バカじゃあるまいか・・・ヒソヒソ話が筒抜けである。(笑)
どういうわけか、海外で同じ日本人に会うと、日本人というのは、警戒したり毛嫌いしたりするのである。(大笑)
あれは何だろうねぇ~
特に若い連中・・・
で・・・相手が外国人だと、なぜか警戒心を持たない・・・
こういうバカがレイプされるという事件が2年前の2012年にセブ島で起こったという。
20代の日本人女性2名が、韓国人男性達に“集団レイプ”されたという。
旅先で知り合い、一緒に酒を飲んだ挙句、襲われたらしい。
なにもフィリピンへ来て韓国人旅行者と飲みに行く事もあるまいに・・・
日本の女も・・・バカである・・・・
その後は、このセブで同様の事件が起こっているかどうかは知らないけど・・・
この若いオネエちゃんたちも気をつけたほうがいいと思うけど・・・(笑)
かなり頭が“軽そう”だから・・・

韓流ブームに乗って、日本人女性たちが大挙して韓国に出かけていたようだが・・・
この中で、どれほどの人が韓国人男性にレイプされたのだろう?
韓国は性犯罪では世界第一位といわれているほどの“危ない国”だそうである。
マスコミは不思議と報道しないのだが・・・
旅行業界に悪影響を及ぼすからなのか、それとも韓国に遠慮してのことなのか・・・
いずれにせよ、例の、いわゆる「従軍慰安婦問題」も果たして日本だけに責任があるのかどうか・・・
甚だ疑問である。

平成の世になったら、日本人女性観光客が韓国人の“慰安婦”になっちゃったか?(汗)
困ったものだ・・・
あまりオツムの宜しくない人は海外には行かないほうがいい・・・(笑)
“ノー天気”な若い日本人女性観光客を見かけるたびに、そう思うのである。

ここから徒歩で直ぐのところに『サント・ニーニョ教会』がある。
そこも有名な観光名所だそうで、そこへ案内された・・・・

241_convert_20140211162501.jpg

教会の周辺は、すごい混雑である!
ツアーの殿(しんがり)を引き受けた拙者としては一番気を使うところである。
途中ではぐれる人がでないか、スリに遭うのではあるまいか・・・と・・・
ツアー仲間の中には全く“ノー天気”な人もいるので・・・緊張の連続である・・・
まぁ、何かあっても拙者の責任というわけではないのだが・・・(笑)

242_convert_20140211162701.jpg

『サント・ニーニョ教会』の入口・・・
ここから先は撮影禁止とのこと。
すごい人だかりで長蛇の列・・・
何でも、幼いイエス・キリストの像があるとか・・・
そこにお参りするフィリピン人に外国人観光客が混じって更に大混雑を起こしているようである。
いやぁ~なんと信心深いのだろうか・・・フィリピン人というのは・・・
その昔のスペイン統治の影響はかなりのものである。
正規のルートで行列に並んだのでは、いつになったら辿り着くかわからない・・・
というわけで、回廊の隙間から内部を覗くことが出来るということで、そちらに向かうが、こちらも大混雑・・・
人混みを掻き分けてまで見る気はないので、拙者は少し離れたところでツアー仲間の動向を“監視”する。(笑)

時刻は11時・・・・

次に向かったのは『サンペドロ要塞』・・・・
スペイン統治時代に造られた要塞で、観光名所だそうである。
この要塞の前に『プラザ・インデペンデンス』という公園がある。
たぶん日本語に訳せば『独立記念公園』ということになると思うが、ここに日本軍のどこかの部隊(部隊名を忘れた!)の慰霊碑が建立されていたが、いつの間にか無くなったとガイドの“スズキさん”・・・

へぇ~・・と、ワゴン車の窓から公園を眺めていたら・・・あれ?慰霊碑!
「慰霊碑がありますけど!」
「いや、そんなはずはないよ。無くなっているから・・・」とガイドさん。
「いや、確かに公園の隅に慰霊碑がありますよ!」と拙者・・・
じゃぁ、確認に行ってみようということで、要塞を見学する前に公園に向った。

で・・・見つけ!(喜)
「ほら、あったでしょ?」
「へぇ~これは知らなかった。よく車の中から見つけましたねぇ~」とガイドさんが半分呆れ顔・・・
「このツアーは、かなり目のいい人の集まりですか?」と冗談まで言われてしまった。(大笑)
こういうことには勘が働くんだよねぇ~・・・拙者は・・・(大笑)

246_convert_20140212174442.jpg 248_convert_20140212174725.jpg

(碑文)
建立の趣旨
第二次世界大戦において、ここセブ島の陸に海に多数の日本人、フィリピン人が散華されました。
この方々のご冥福を祈るとともに人類最大の不幸である戦争を再びくりかえさないことを誓います。
この碑が日比両国の永遠の平和と友情を培う礎石となることを心から願うものであります。

この慰霊碑・・・
いつ、だれが建立したのかは刻まれていない。
売名行為ではないということで、敢えて建立者名を刻まないのだろうが・・・
「戦争を再びくりかえさないことを誓います」と言っておられるのである。
誰が?・・・・(笑)
誰が誓っているのかがわからないのでは、世界平和の話も、お粗末の一言ではあるまいか?(笑)
全ての日本人が誓っているのか?(汗)
拙者は誓いませんけど・・・(笑)
“誓い”とは、そんな安易なものではなかろう?
太古の昔から戦争は繰り返されてきたのである。
そうそう安易には“繰り返さない”などとは言えないのではなかろうか?
極めて無難な碑文であるが・・・拙者には少々違和感を覚える内容であった。
できるならば、自分の能力を発揮できぬまま、飢えや病魔で無残な最期を遂げた“霊”を“慰める”文面であって欲しいと思うのである。
日本と米国との戦闘に巻き込まれて、不本意な最期を遂げた現地人の“霊”を“慰める”文面であって欲しいとも思うのである。
拙者にとっては「世界平和の祈念」と「慰霊」はイコールでは結べないのである。

251_convert_20140212184805.jpg(公園)

この慰霊碑を“確認”して・・・・『サンペドロ要塞』に向う。

258_convert_20140212184856.jpg(要塞入口)

この要塞は1565年に建設が始まったらしいが、詳細はわからないようで・・・
想像では、木の柵で囲まれた砦のような感じだったようである。
ちなみに・・・1565年というと・・・日本では永禄8年・・・(笑)・・・
宣教師のルイス・フロイスが室町幕府の将軍・足利義輝に謁見したという年である。

1739年に、この地の知事がスペイン国王に、この要塞のことを報告したものが、公式記録としては一番古いもののようである。
ちなみに・・・(笑)
日本では、この年は元文4年・・・徳川吉宗が将軍だった頃である。

263_convert_20140213151028.jpg

267_convert_20140213160535.jpg 268_convert_20140213160100.jpg

見学は、時間の関係か・・・城壁の2階部分を少し歩き回っただけで終る・・・(笑)

273_convert_20140213162414.jpg

要塞の入り口の所に、この要塞の古写真等の史料が少しだけ展示されていたので、帰りにこれをジックリと見学する。
英文の解説プレートによると・・・
考古学的発掘をこの周辺で行なったところ、西暦1000年頃の植民地時代の集落があったという証拠が見つかったそうで・・・
アジアの貿易品、淡色の(白黒の?)商品、青と白の陶磁器製品、多彩色の製品、緑色のうわぐすりをかけたような陶器などといった、アジアとの貿易製品が、他のアジア諸国と早い時期から貿易をしていたことを表している・・・という。
で・・・
この城砦は、1899年3月にアメリカ軍によって初めて守備隊が設立され、そのウォリック兵舎はこの城砦の一部として1900年初頭まで使用されていた・・・とか・・・?(笑)
で・・・・
1917年11月26日に、このウォリック兵舎が放棄されたため、セブ市当局は、サンペドロ要塞を市の公園に使用する目的で転用することを要求した・・・のだそうで・・・
その後の数年間、城砦はセブ・ガーデン・クラブのクラブハウスの敷地として使われたそうで・・・
1957年にはセブ動物園として、1978年から1993年までは行政機関の事務所として使われた。
で・・・現在は・・・
国の記念建築物となり、セブ市が管理している。

と・・・いうようなことが書かれていた。(英語が苦手なので正しい翻訳が出来たかどうか甚だ疑問ではありますが)(大笑)
まぁ、そんなことが書かれていたわけですが・・・
戦時中は、ここを占領した日本軍が捕虜収容所として使用したという話を聞いた事があるが・・・
どういうわけか、その事については記載されていない・・・
なぜだろう?
実際には捕虜収容所としては使用されてはいなかったのか?
それとも日本に遠慮して、わざと記載しなかったのか?
歴史的事実なら、そうそう気を遣わずに、記載してくれていいと思うんですけど・・・(大笑)
中国や韓国のようにウソを書かれては困りますが・・・(大笑)

時刻はまもなく12時・・・・
レストランに移動して昼食!

274_convert_20140213173101.jpg

昼食後、海岸沿いを、北上・・・・「カーメン(カルメン)」に向う。
ガイドの話では、日本軍は上陸してきた米軍と戦いながら海岸沿いに北東へ逃げたようである。
いろいろ説明してくれたのだが・・・
どうも予備知識がないと頭に入らない・・・
しかも、南方ボケか・・・(笑)・・・メモ帳を持参してきたが、まったくメモを取る気力もない・・・(涙)
「はぁ~そうですかぁ~」と言って数分後には、もう忘れている。(大涙)
やっぱり主体性の無いツアーでは、どうもダメだ・・・
目的を持って個人で来ないと・・・などと思ったりするが・・・
何をしにここに来たんだろう・・・高い旅費を払って・・・
う~ん・・・どうもシャキッとしないんだよなぁ~
これは拙者の性格の問題だな・・・(汗)

目的の場所がわからず、多少、行ったり来たりしてしまったが・・・
ようやく目的場所を見つけたようである。
幹線道路から狭い脇道に入ったところに「日本兵のお墓」があるのだとか・・・
どうもそこに行くらしい・・・

281_convert_20140214180943.jpg

284_convert_20140214181654.jpg 282_convert_20140214181556.jpg

『ジャパニーズ・グレイブ』と英語で看板が出ている。
日本語に訳せば、「日本人の墓」であるが・・・
ここに日本兵が埋葬されているとは思えない。
多分、「慰霊の場所」ということで、これを造ったのではあるまいか?
これを造った人は、どうも生還された元日本兵らしいが、相変わらずガイドさんの説明をちゃんと聞いていなかった・・・(汗)
この“お墓”の脇に、慰霊に来た人の休憩所として使うために建物まで建てたそうであるが・・・
残念ながら、我々が尋ねた時には管理者も誰もおらず、“休憩”は出来なかった。(笑)

時刻は午後2時半・・・

ここからセブ市に引き換えし、ホテルに戻り、今日の予定は終了・・・
スポンサーサイト


旅行 | 16:05:05 | Comments(2)
コメント
お帰りなさいませ。お疲れ様でございました。
毎回拝見させていただき、私旅してますよ。
全部終わってから、コメントさせていただきましょうと思っておりましたが
アホな女群の重兵衛さん節語りが余りにもヒットでキーボードに手が伸びてました。全く、全く、全くです!!
孫が成人した時にアホ女との縁を持たない様な日本男子に育てて欲しいと娘に期待をします。
重兵衛道場を開場なさねる場合は是非お知らせを。(笑
2014-02-18 火 11:27:30 | URL | お染 [編集]
Re: タイトルなし
ただいまぁ~!(笑)
怠け怠け、ボチボチと更新していますが・・・痺れを切らしちゃいますよねぇ。
すみません。
ちょっと関係ないことを書き過ぎたきらいがありますが・・・
まぁ、これが私ですから・・・ご勘弁を・・・(笑)
日本人のレベルが低くなって、中国人化、朝鮮人化しているような気がする今日この頃であります。(大笑)
つい、イライラしちゃうんですよねぇ~(笑)
で・・・ついつい、書いちゃう・・・
マズイ性格だなぁ~と思うのですが・・・直す気は全く無し・・・
道場・・・ねぇ~(大笑)
道場を作ったら「道場破り」ばかりが来そうなので・・・作りませ~ん!(大笑)
2014-02-19 水 13:35:14 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。