■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
工藤祐経の墓
083_convert_20131230223324.jpg

工藤祐経(くどうすけつね)の墓

建久4年(1193年)5月28日、しのつく雨の夜、工藤祐経は、曽我兄弟の仇討ちにより、陣屋で殺害されました。
富士の巻狩(まきが)りの夜に起きたこの事件は、当時大騒動になりました。
曽我兄弟の兄十郎は、仁田(にった)四郎によって斬殺され、弟五郎は、捕らえられ翌日処刑されました。

この墓は、曽我兄弟によって討たれた工藤祐経が、この地に埋められたと伝えられることから、長い間ひっそりと守られてきました。
この西方にある「曽我の隠れ岩」とともに、この地が、武士道を象徴する三大仇討ちの一つの舞台となった歴史をしのばせてくれます。
なお、この東南約1kmのところ、上井出(かみいで)字上原(あざわはら)には、源頼朝の命によって兄弟の霊をなぐさめるために建てられた曽我八幡宮があります。

富士宮市

(説明板より)



静岡県富士宮市

スポンサーサイト


史跡 | 11:31:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。