■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
若獅子神社に行く
3時間ほどの“仮眠”を取って、東京駅へ行き、新幹線に乗る。
今日から3泊4日で関西方面に旅に出かける・・・

まずは・・・静岡県!
新幹線で「三島駅」まで行き、在来線の東海道本線島田行きに乗り換えて「富士駅」へ・・・
ここで今度は身延線に乗り換えて「富士宮駅」に向う。
乗り換え時間はわずか数分・・・
見知らぬ駅での乗り換えは焦る。(大笑)

東京から2時間弱で到着!
時刻は12時40分・・・
今日のメインの訪問地は、ここ富士宮にある「若獅子神社」である。

駅を出ると・・・
駅前のビルの間から富士山が見える・・・

063_convert_20131230220423.jpg

駅前の中華料理屋で昼食を食べ、タクシーに乗る。

065_convert_20131230220552.jpg(中華丼)

タクシーのドライバーは女性の方で・・・
「若獅子神社」までお願いしたら、場所を知らないという・・・
「若獅子神社」は、その昔、「陸軍少年戦車兵学校」があった場所なんですけど・・・(汗)
地元の人も知らないという場所なのか?(唖然)

近くには「白糸の滝」という名所があるらしいんだけど・・・
とにかく、その方向へ向かってもらう。

で・・・・オシャベリしているうち気が変わった・・・(大笑)
「最初に白糸の滝に行ってみましょう!」(笑)

071_convert_20131230222548.jpg(白糸の滝)

「白糸の滝」は有名な滝なのだそうだが・・・
う~ん・・・どうなんだろ?
我が茨城の「袋田の滝」のほうが、すごい気がしないでもないが・・・(大笑)
ちょうど滝の前の遊歩道が修復中のため近づけなかった。
ドライバーさんは残念がっていたが、拙者としては、こういうのも面白い・・・
いつか、遊歩道が完成したら、そこまで行ってみようか・・・
修復中の写真と、その後の写真を比較してみるのも楽しいし・・・(笑)

ついでに、近くを散策してみる・・・

007_convert_20131230222904.jpg

「曽我の隠れ岩」というのがあった・・・
この岩のどこに隠れていたのだろう?
よくわからん・・・
だいたい、曽我って・・・誰?(笑)
こういう時に博学の“シミズくん”が一緒だったら面白かったんだがなぁ~(大笑)
「曽我兄弟」っていうのは、どうやら仇討ちで有名な人のようである・・・(汗)

086_convert_20131230223442.jpg

そのまた近くに「工藤祐経の墓」というのがあった。
おお!これは、これは面白い・・・
史跡めぐりである!
ドライバーさん・・・「お好きなんですねぇ~」と呆れ顔・・・(大笑)
彼女は、場所は何とか知っているが、実際には来たことはないと言う。
「地元の史跡を勉強して下さい!」(大笑)
この工藤祐経という人は、曽我兄弟の仇討ちで殺された人らしい・・・(汗)

「こういう史跡と言うか、こういうのがお好きなのですか?」とドライバーさん・・・
「はい、知識はありませんけど・・・ワクワクしちゃうんですよね!」(大笑)
「いい趣味ですよね?仕事はもう引退されてねぇ~・・・いいですねぇ~」
引退???
あ~・・・説明するのは面倒だ・・・そういうことにしちゃおう・・・(大笑)

「わかっても、わからなくてもいいんですよ。こういうのを見るでしょ?で・・・後々何かの本で読んだりした時にね・・・あ~そういえば、そういう史跡に行ったことがあるとか、お墓に行ったことがあるとかって思い出すでしょ?その時に、あ~あの場所かぁ~なんて思い出したりして、それが面白いんですよねぇ~」
「いやぁ~本当に楽しそうに見てますもんね?ところで・・・どちらからいらっしゃったんですか?」
「茨城県です!」
「え!やだぁ~!」
「はぁ?なにか・・・?」
「私、水戸の出身なんですけど!」(笑)
「うそぉ~!何それ!」(驚)

まさか・・・同じ茨城県人とはね・・・(大笑)
「お客さんは、あまり“なまって”いませんね?」と褒められ(?)たが・・・
拙者は一歩、茨城県境を越えたら共通語で話すよう自動的にセットされておるのです・・・(大笑)

そこからは、茨城弁談議である・・・
関西弁を話す人に会うと・・・「大阪の方ですか?」で済んでしまう・・・
博多弁で話す人に会っても、「博多弁ですか?」で済んでしまう。
ところが茨城県の場合・・・
茨城弁がポロッと出ると・・・「なまってますね?」と必ず言われるのである!
これが面白くない!
なんで、茨城弁の場合は「なまってる」と言われて、その他の言葉は「関西弁」「博多弁」と言われるだけで済んでしまうのか?(怒)
これは茨城県人は「田舎者」「いなかっぺ」だと思っているからに違いない!
「私も静岡に来たばかりの頃は、なまってるって散々言われましたよ」とドライバーさん・・・
「でしょ?バカにしてるでしょ?茨城県を!けしからんですよね!」(怒)

などという話で大いにドライバーさんと盛り上がる。(大笑)

時刻は午後2時を過ぎた・・・
ヤバイ・・・
早く目的の「若獅子神社」に行かねば・・・日が暮れたら何しに来たかわからなくなってしまう。

ドライバーさん・・・
観光案内所で若獅子神社の場所を教えてもらったらしい。
さぁ!行きましょう!行きましょう!

094_convert_20131230235548.jpg(富士山!)

098_convert_20131230235953.jpg(若獅子神社)

午後2時半、若獅子神社に到着!
ここは陸軍少年戦車兵学校があった場所である。
我が戦車第2師団の戦車兵の中にもこの学校出身者が結構いたはずである。
ということで・・・来年の戦友会の会報の表紙に、ここの写真を載せようと思い、訪問したのである。
ただ、写真を撮るだけのため・・・わざわざ・・・(笑)
自分でも、よくやるよなぁ~・・・と思う。
が・・・また、こういうのが楽しいのである。
決してムダではない。(笑)

神社には誰もいない・・・
神主さんでもいれば、お話を聞かせてもらおうかと思っていたのだが残念・・・

ここにはサイパン島から還って来た九七式中戦車が展示されている。
どうも心無い人間がこの戦車のキャタピラと車輪の一部を壊したらしい。
こんなところまでわざわざやってくるのだから、多分、戦車マニアか何かだろう・・・
マナーが悪い奴がいたものである。(怒)
もう風化してボロボロになりかけているんだから、触るなって!乗るなって!・・・常識だろう、そんなこと・・・

115_convert_20131231000225.jpg

さぁ、目的は果たした・・・もう後は暇である。(笑)
今晩は静岡駅前のホテルに泊まることにしているので、チェックインにはまだ余裕がある。
「運転手さんのお勧めの場所があったら連れて行ってください!」とお願いして・・・・ドライブ!(大笑)

いかに観光客を1時間でも長く滞在させるか・・・
半日で用事が済んでも、残り半日を滞在させれば、お客さんは飲食をするからおカネを地元に落とすことになる。
そういうちょっとした工夫は必要ではないだろうか?
というわけで・・・そこで大事なのがタクシーの運転手さんの会話と知識ということになる。
「できるだけ地元の史跡を覚えて、歴史好きの人を案内するようにしたらどうでしょう?」
「いやぁ~今、この業界も暇でねぇ~」
「観光客なんか来ませんか?」
「来ませんねぇ~」
「若獅子神社が有名じゃないんだからダメですよね。見所はいくらでもあると思うんですけどねぇ~」
「うちなんか、病院の送迎ばかりで・・・史跡めぐりなんて、無理ですよ」(大笑)
あらら・・・

ドライバーさんに連れて行ってもらったのは「曽我兄弟のお墓」・・・・
到着した場所は、「曽我八幡宮」・・・

142_convert_20131231010345.jpg

なんか・・・おかしい・・・(笑)
曽我兄弟が祀られているのでしょうが・・・
ここはお墓かな???(笑)

すぐ近くの道路際に小さな目立たない標柱を発見!
もう少し大きな目立つ看板を作ればいいのに・・・

148_convert_20131231010817.jpg

032_convert_20131231120930.jpg

これによれば・・・
この奥の高台に曽我兄弟の墓所がある・・・と書いてある。
「曽我兄弟霊地」ということで、供養塔があるようなので、そちらが「お墓」ではあるまいか?
ということで・・・ドライバーさんをタクシーに残して一人で行ってみる。(笑)

031_convert_20131231120854.jpg

高台って・・・・ありゃぁ~・・・結構キツイわぁ~
運動不足の体には堪える・・・(笑)
しかも、ちょっと怖いんだよね・・・(大汗)
ガサッ・・・と音がすると・・・ドキッとするんだよね・・・
これ・・・結構、心臓に悪い・・・(大笑)

143_convert_20131231010702.jpg(曽我兄弟霊地)

で・・・無事に到着・・・(笑)
お参りをする・・・誰なのか知らない人だけど・・・(大笑)

続いて向かったのは・・・「日蓮正宗 総本山 大石寺」・・・・
「すごい三門ですから是非見て下さい」とドライバーさんが言う。
う~ん・・・拙者は曹洞宗なんですけど・・・(大笑)
まぁ、いいかぁ・・・

151_convert_20131231173830.jpg

いやぁ~大きな三門である!
宗教団体ってカネがあるんだねぇ~(笑)

どうも「御影堂大改修落慶法要」があるそうで・・・一般の人(信者じゃない人?)は奥には入れないとのこと・・・
というわけで・・・三門だけを見て帰る事にする。

154_convert_20131231174026.jpg

「案内図」によれば、三門から奥のほうには“坊”というのがたくさんあるようで・・・
これは僧侶や信者の宿坊(宿泊施設)だそうである。
ふ~ん・・・すごいんだねぇ~
ここは、以前、なにやら創価学会とトラブルがあったような話だが・・・
どうも、宗教の話はよくわからん・・・
ドライバーさんは、いろいろ説明してくれたのだが・・・申し訳ないが、さっぱりわからなかった・・・(大汗)
申し訳なし・・・・

時刻は3時半を過ぎている・・・
駅に戻りながらの名所めぐり・・・
最後は、「浅間大社」・・・
ここも有名なのだそうである。(笑)
「ここで車を降りて、浅間大社を見学して徒歩で駅に向かってはいかがでしょうか?」とのこと。
というわけで・・・浅間大社でドライバーさんとお別れする。
タクシー代は・・・8500円なり!(笑)
いやぁ~いいドライブが出来た!
運転手さんに感謝、感謝!

157_convert_20131231222700.jpg

「浅間大社」というのは正式には「富士山本宮浅間大社」と言うらしい・・・・

168_convert_20131231223047.jpg

ここをお参りして、茶店でコーヒーを飲んで一服・・・
時刻は4時半・・・
駅に向って歩くことにする。

175_convert_20131231223348.jpg
(夕陽を浴びている富士山!)

駅の近くの商店街を歩いてみたが、どこの町も似たようなもので・・・
シャッターが閉まっている店ばかり・・・
商店街は今日は定休日なのか?(笑)
そんなはずはないよな?・・・・今日は土曜日なんだから・・・
なんとも寂しい商店街だった・・・

180_convert_20131231223507.jpg

午後4時45分、富士宮駅に到着!

ここから「富士駅」に向かい、乗り換えて「静岡駅」へ・・・・

この身延線といい、東海道本線といい、車両のドアの開閉は車体に付いているボタンを押して行なうようで・・・
これが良くわからんのです。(苦笑)
ホームに並んで電車を待つ時、迂闊にも列の先頭になっていた・・・(笑)
列車が入ってきて・・・
さぁ~ボタンを押していいのやら、悪いのやら・・・(大汗)
ボタンは拙者の目の前にあるのである!
自動で開くんじゃないか?・・・という気がしないでもないが・・・
周囲を見渡したら・・・他の乗客が拙者のことを見ている・・・(大汗)
ん?やっぱり押すのか?(大汗)
どうも、わからん・・・
なにせ、我が常磐線は「全自動」である!(大笑)
手動でドアを開閉するなんてねぇ~・・・やったことねぇもんなぁ~(大笑)

静岡駅前のホテルにチェックイン・・・
夕食は外に出てみたが、忘年会シーズンのせいか、すごい混雑である!
いやぁ~すごい人出・・・活気があるというか何というか・・・
我が町とは大違い・・・まぁ、人口も4倍ちかく多いんだから無理もないか?

人波に押されて・・・ウロウロした挙句・・・
ようやくイタリアンレストランを見つけたので、そこで夕食をとる。(大笑)
スポンサーサイト


旅行 | 08:36:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。