FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

道徳の教科化?
小中学校では「道徳の時間」というのが週に1時間ある。
私が子供のときにもあったが・・・今もあるらしい。
この「道徳の時間」・・・
正式の教科ではなく、「教科外活動」に分類されているのだそうである。

そうなんだぁ~・・・と今頃、わかった・・・
私が教育実習をやった時に、社会科なのに「道徳の時間」も受け持たされたのである。(大笑)
「道徳」なんて教えられないから・・・(大笑)
私の「講話」で済ませちゃったけど・・・(大笑)
正式の教科じゃないから任せられちゃったんだろうねぇ~・・・たぶん・・・

文科省は、この道徳教育の充実策を検討しているそうで・・・
今回、有識者会議が、この「道徳の時間」を“教科”に格上げして、“検定教科書”を使うべきだとする提言をまとめたそうである。
これを受けて文科省では、学習指導要領の改定に着手して2015年度には教科化する方針だという。

はぁ?・・・・である。(笑)
ちょっと待って下さいよ・・・である。(大笑)

「道徳」を教科化した場合、教えるのは誰かというと・・・教師である。(笑)
が・・・教師というのはピンからキリまでいるのである!(大笑)
国旗(日の丸)の掲揚に反対したり、国歌(君が代)の斉唱に反対するような教師も多いわけで・・・
そういう連中に果たして「道徳」が教えられるのだろうか?(大汗)
「道徳心」のない教師が「道徳」を教えるというのは無理ではなかろうか?(大笑)
足し算や引き算ができない奴が数学の教師になっているようなものなのだから・・・(大笑)

「教科」にしないで「教科外活動」のままにして、外部から、それなりの人を講師として招いて教えたほうが効果があるのではあるまいか?
下手に「教科」にして教師に指導させるのは危ないんじゃなかろうか?(大笑)

この有識者会議の座長は、慶応大学の学事顧問をされている鳥居康彦さんという方である。
慶應義塾大学塾長(学長)になる前から大学改革には熱心に取り組んでいた方で・・・
教育行政、教育制度の改善にも提言をしている方・・・
いわば、「改革派」といっていいかもしれない。
学問でも多くの業績を残している立派な人である。
が・・・この先生・・・経済学者なのだそうだ。
う~ん・・・そこのところがちょっと引っかかるんだよね。(笑)
経済学者が・・・道徳・・・の“有識者”・・・ねぇ~
「有識者」って何だろう?(大笑)
この先生・・・我が茨城県立水戸第一高等学校をご卒業された方なので、優秀な方だというのは、良くわかっておりますが・・・
「教科」に格上げすれば子供達の道徳心が向上するかね?
ちょっと安易な発想じゃあるまいか?
「道徳心」のない教師のほうを、どのようにお考えなのだろうか?
ちなみに、副座長は文科省の元・事務次官で、現在、東京国立博物館の館長をされている銭谷真美さんという方だそうである。
博物館の館長さん・・・ねぇ~・・・・

そもそも「道徳」とは何ぞや?(大笑)
「善悪」の“善”とは何ぞや?“悪”とは何ぞや?
これ・・・老子の思想?
この「有識者会議」には何人の「思想家」「宗教家」が入っているんだろ?
「道徳」というのは、考えるとかなり難しいと思うんだけど・・・

その他、この「有識者会議」のメンバーにはどんな人がいるのか知らないが・・・
マスコミも得意の「知る権利」「報道の自由」を行使してくれないので、国民には知られることがない。(大笑)
肝心のところを報道しないんだからマスコミの「知る権利」「報道の自由」もいい加減なものである。(大笑)

困っている人がいたら助けましょう・・・は、道徳的な行動である。
が・・・
自業自得で困っている人は・・・助けるべきか?(大笑)
パチンコにのめりこんで、借金地獄に陥って苦しんで困っているいる人を助けるべきか?(大笑)
難しいんじゃないか?・・・「道徳」って?
「教科」にしちゃって大丈夫かね?
自らを「労働者」と言っている「日教組」の教師に教えられるのかね?
こういう難しいこと・・・(大笑)

今のところは「道徳」を「教科」にはしないほうがいいんじゃないかなぁ~
その前に、教える側の教師のほうをどうにかすべきじゃなかろうか?(大笑)
スポンサーサイト





エッセイ | 21:20:55 | Comments(2)
コメント
>その前に、教える側の教師のほうをどうにかすべきじゃなかろうか?(大笑)
パチパチパチ(いっぱい拍手、拍手

私が浮かんだのは重兵衛さんお勧めの荘子”駢拇篇”のところです。
道徳をこんなに必要性を唱え始めたのは現状が衰退しているからなんだろうと。。。。。
2013-11-28 木 11:13:56 | URL | お染 [編集]
Re: タイトルなし
道徳というのは、本来ならば家庭の中で親が教えればいいのでしょうが・・・
それが出来ないのであれば学校しかない・・・
となると・・・やっぱり教える側の「レベル」が問題となると思いますけどねぇ~
道徳は片手間に教えるというわけにはいかないと思うんですよねぇ~

いっそのこと「孔孟思想の時間」ということで、孔子と孟子を教えたらどうだろうか?(笑)
荘子と老子は・・・高校生に教えましょうか?
「何事も諦めが肝心」だと・・・(大笑)
2013-11-28 木 18:50:14 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する