FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『比島捕虜病院の記録』
比島捕虜病院の記録 (1973年)比島捕虜病院の記録 (1973年)
(1973)
守屋 正

商品詳細を見る


img126_convert_20131118154855.jpg

はしがき

序章

第1章 ジャパンゲリラ

第2章 幽鬼の群

第3章 大いなる愛

第4章 プリゾンの明暗
          精神病棟
          米軍の囚人
          大トラ事件
          真正PW
          橘丸事件
          慰安演芸会
          手術室
          婦人子供病舎
          プリゾン外のワード

第5章 新病院
          新しい出発
          新病院風景
          オットー・ジャーリンジャー軍医中尉
          マキリン山
          ラボラトリー
          病院のその他の設備
          キッチンとサプライ
          米軍の文化活動の一端
          病院のその他の点描
          珍版「糞尿譚」
          病院風景の俳句と川柳
          ヤクザ仁義

第6章 PW大学

第7章 PWの楽しみ
          「季節風」
          室内ゲーム
          演劇
          コーラス
          美術展覧会
          スポーツ
          お正月
          Y談

第8章 婦人キャンプ
          山中の従軍看護婦たち
          婦人キャンプの生活

第9章 一般キャンプ
          「PWの記」
          秘聞米国版「吉田御殿」

第10章 比島の露
          第一キャンプ
          山下大将の処刑までの状況
          病院看護婦の戦犯慰問とコーラス慰問
          観音様に命を助けられた話

第11章 喜びと栄光
          私たちの帰国と病院閉鎖まで
          一七四会の結成とブリス博士との再会

あとがき



著者は軍医さん・・・
終戦後、日本軍捕虜のための米第174兵站病院に約1年弱、医者として勤務し、日本の傷病兵の治療に当った。
本書は、その記録である。

フィリピンのルソン島、カンルバン捕虜収容所に病院がある。
のちにルソン島捕虜病院と改称されたそうだが、ここが米第174兵站病院ということらしい。

実は、この捕虜病院に終戦後、私の祖父が入院したことがあったそうである。
祖父の部隊は、終戦まで山の中で戦い続け、9月になって投降したのであるが、その時にかなり衰弱していたそうである。
一足先に復員(帰国)した師団参謀から「かなり衰弱していたので病院に入院しているが、元気だから安心して待つように」と留守宅に連絡があったと母から聞いた覚えがある。
祖父からは直接この時の話を聞くことは出来なかったが、伯父も同じことを言っていたので、間違いないだろう。
一時期、体力回復のため病院に入院していたのだろう。

この捕虜病院の初代院長はテオドル・L・ブリス博士という人で・・・・
日本兵傷病兵を米兵並みに扱った人だそうである。
この人の話がすごい・・・感動ものである。
「恩讐を越えて」とか「敵味方の区別なく」などとは口ではいくらでも言えるが、実際はなかなか難しいのではなかろうか?
ブリス院長は、米兵に使用するための貴重な薬剤を惜しげもなく日本兵に投与している。
さすがに、これに反対する声も上ったが、ブリス院長は、これらの声を無視して治療に当ったという。
「日本兵捕虜の患者」ではなく「ただの患者」として区別なく医師としての使命を遂行したのだろうが・・・
なかなか出来ることではない。
相手は、ついこの間まで敵だった日本兵なのである。
「人格者」とはこういう人を指す言葉だろう。

この貴重で高価な薬の投与で多くの傷病兵が命を救われているが、残念ながら手遅れで亡くなっている方も数千名いるのである。
もし、ブリス院長の勇断がなかったら、その犠牲者数はかなりの数に及んだに違いない。

この捕虜病院で勤務した日本人医師や看護婦や関係者などで「一七四会」というのが結成された。
この会の招きでブリス博士は奥様を同伴して昭和41年(1966年)に来日された。
戦後20年目の感動の再会である。
日本政府は閣議で、このブリス博士に勲三等旭日中綬章を贈ることを決め、授与したのである。
現在のような国民栄誉賞の“安売り”ではない。
本当の“偉業”にたいする感謝の勲章である。
昔の“日本政府”も大したものである。
ちなみに・・・時の総理大臣は佐藤栄作である。

ブリス博士は、来日から3年後の昭和44年に67歳でアメリカのオハイオ州で病死された。
67歳は・・・ちょっと若すぎる死である。
なんとも残念・・・・
ご子孫はどうされているだろうか?

ブリス博士から贈られた当時の捕虜病院の写真や、著者の当時の病院内や風景を描いたデッサンが本書には掲載されている。
これだけでも貴重な資料である。
捕虜になった方々の体験記は、結構、目にするのだが、病院の内部のことに関してはなかなかお目にかかれない。
専門的な話も多いが、それが逆に興味をそそる。

カンルバン捕虜収容所には、私は以前一度だけ見に行ったことがあるが、当時の面影は全く残っていない。
新興住宅とゴルフ場になっていたようで・・・どこに収容所があったのやら、どこに病院があったのやら、死亡した捕虜の墓地はどこだったのか・・・さっぱりわからずガッカリして帰ったことがある。
地元の人に尋ねても誰も当時のことを知らないという。
それもそのはずで、誰も住民がいない広大な土地だから収容所を作ったわけで・・・(笑)
住民なぞいなかったのだから当然である。
現在の住民は、戦後になって流れ込んできた人たちなのである。

あの当時の様子を偲ぶ事が出来なくなった現在・・・
本書は貴重な資料だと思う。



今年の読書:60冊目

スポンサーサイト





読書 | 15:43:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する