■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『謎解き「張作霖爆殺事件」』
謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)
(2011/05/18)
加藤 康男

商品詳細を見る


まえがき

第1章 「河本大作首謀説」をめぐって

(Ⅰ)爆殺計画
     張作霖を爆殺せよ
     関東軍首脳の関与
     爆破計画
     爆薬セット
     スイッチを押せ
     張作霖絶命
(Ⅱ)現場検証
     架橋の警備
     爆薬とその設置場所
     列車の破壊状況
     神田中尉の写真
     残された電線
     小川平吉
     殺害後の計画
(Ⅲ)昭和天皇と田中義一首相
     河本支援グループ
     上奏へ
     孤立無援
     逆鱗に触れて
     「祖父は首謀者です」

第2章 「コミンテルン説」「張学良説」の根拠

(Ⅰ)クレムリンの極秘ファイル
     ソ連の謀略
     暗殺指令
     『GRU帝国』
     ブルガリアから来たスパイ
     ヴィナロフの任務
     ソ連説、これだけの動機
     グリーシカ指令
(Ⅱ)張学良の謀略~爆薬は列車の天井に
     奉天城の赤旗
     学良、極秘入党
     政敵暗殺
     獅子身中の虫
     蔣介石・田中会談
     佐々木から河本へ
     豊台機関区
     イギリス情報部

第3章 謎の解明~「河本首謀説」の絶対矛盾

(Ⅰ)関東軍爆破の疑問
     現場写真の怪
     田母神俊雄氏の見解
     奉天領事報告書
     「瞬間写真」は誰が撮ったのか
(Ⅱ)昭和史の闇に決着
     MI6の現場図面
     田中隆吉の証言
     軍法会議
     『GRU百科事典』

あとがき

参考文献



昭和3年・・・当時、満州一帯を支配していたのが張作霖・・・
この張作霖が北京から奉天に列車で帰る途中、乗車していた列車が爆破され暗殺された。
この暗殺をしたのが日本軍(関東軍)で、その首謀者は河本大作大佐であるとされ、これが通説となっている。

この暗殺事件は日本軍の謀略によるものとされていたが、以前から私は疑問に思っていたのである。
随分昔・・・子供の頃に、この暗殺直後の現場写真を見たことがあった。
日本軍が線路に爆薬をしかけて、張作霖の乗った列車を爆破して、張作霖を殺したのだという。
しかし、子供心に、どうも納得いかないのである。
線路を爆破したはずなのに写真では線路はなんともないのである。
線路をドカ~ン!と爆破したら、線路はめくり上がると思うんだけど・・・
客車も、台車には車輪がちゃんと付いているし・・・
線路が爆破されたら車輪は吹き飛ぶんじゃないの?
破壊された車体の写真も見たが、土台(台車)はしっかり残っていて、上の部分が粉々になっていた。
どうも納得できなかった・・・線路がドカ~ンと爆破されたんだよね?(笑)

子供だった私が不思議に思っていたことへの回答は、その後、全くといいほど答えが見つからなかった。
“歴史家”“昭和史家”と称する偉い人達は、何も疑問に感じなかったのだろうか?
河本大佐自身が、自分がやったと言っているんだから、それでいいでしょう・・・ということなのか?
結局、張作霖暗殺は日本軍の謀略工作である・・・で、一件落着なのである。

そこに・・・本書・・・
私の疑問と同じ疑問を呈し“謎解き”をしている。
張作霖を殺したのは誰なのか・・・も“謎”だが・・・
河本大作が張作霖を殺したということになっている・・・というのも“謎”である。

コミンテルンの関与、息子の張学良の関与・・・等々・・・
決して荒唐無稽とは思えない“謎解き”の話である。
当時、ソ連のコミンテルンがかなり暗躍していたことは事実である。
アメリカの中枢部にまで食い込んでいたことも事実である。
で・・・中国大陸では、ソ連、アメリカ、イギリス、ドイツなどが暗躍していた。
「日本が中国を侵略しました」というような単純な話ではない。
騙され、利用され、乗せられ、裏切られ・・・の連続だったに違いない。

誰が誰の指示で動いているのか・・・も正確にはわからなかったのではなかろうか?
爆破のスイッチを押したのは東宮大尉だが、昭和12年に上海で戦死しているので、証言は得られない。
河本大佐は戦後、戦犯として中国の収容所に入れられて、昭和30年にそこで亡くなっている。
河本大佐は本当に首謀者なのだろうか?

この“謎解き”は、結構面白い。

何を今さら・・・そんな過去のことはどうでもいいじゃないか・・・という人もいるだろう。
誰が首謀者だったかを今さら知ったところで何の得があるのか・・・という人もいるだろう。
しかし、日中戦争は、そうそう単純なものではなかったのである。
単純に、日本が中国を侵略したという話ではないと私は思っている。
もっとドロドロしていて、誰と誰が繋がっているのかというのも、複雑に入り組んでいたのではないかと思われるのである。

張作霖を殺したほうがいいと考えていたのは日本軍だけなのか?
そもそも、殺してしまおうと日本軍は考えていたのか?
誰かの「入れ知恵」ではないのか?
形だけ爆破する格好をして、実際は別の誰かが爆破したのではないか?
現場の車両の残骸から推定すると、爆発物は線路ではなく車体にあったとしか思えない・・・
そうなると、通説が覆ってしまう・・・
本当の首謀者は、張作霖の暗殺を日本のせいにしようとしたのだろうし、日本側(河本大佐)も、“手柄”になると思って、あえて「首謀者」を名乗っていたのではあるまいか?

本書を読んでいると、色々出てくるのである。

これは過去の話ではない・・・
国際関係とは、国同士の利害関係とは、こういうものではないか・・・
現在にも通じているのではないか・・・
現在進行形の国際関係を推測する為にも、こういう歴史からの勉強は大事だと思う。

そういう意味でも、本書は大いに勉強になる本であると思う。


今年の読書:59冊目

スポンサーサイト


読書 | 00:15:04 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。