FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『太平洋戦争 封印された真実』
太平洋戦争 封印された真実―仕掛けられた罠と不当な勝者の論理 (Rakuda Books)太平洋戦争 封印された真実―仕掛けられた罠と不当な勝者の論理 (Rakuda Books)
(1995/10)
佐治 芳彦

商品詳細を見る


まえがき

第1章 歴史の連鎖の中の「日米百年戦争」
~仕掛けられた戦争の罠と不当な勝者の論理

 1 太平洋戦争の謎を解く二つのキーワードは?
 2 第一次世界大戦にひそんでいた第二次大戦の原因
 3 世界大戦を戦った真の当事国は日米だけ!
 4 「太平洋戦争」と「大東亜戦争」とでは意味が違う
 5 太平洋戦争を「歴史の終わり」ととらえる欧米史観の誤謬
 6 太平洋戦争の“歴史的戦犯”は黒船のペリー提督?
 7 「謝罪」のマインド・コントロールをした進歩的文化人
 8 石原莞爾はなぜ戦犯にされなかったか
 9 石原莞爾の戦犯リスト除外についての5つの疑問
10 戦争に一方的な悪や善はありえない!
11 日米いずれが軍国的・侵略的国家だったか
12 日米軍事対決を避ける手段・方法は一つだけあった

第2章 日清・日露後に始まった日米対決の構図
~近代日本が直面した対外戦と外交

13 圧迫された国が圧迫する国になった?
14 勝海舟が反対し内村鑑三が賛成した日清戦争の開戦理由
15 日露協商か日英同盟か、国運を賭けた選択
16 英・米・仏・独・露の利害が交錯した日露戦争
17 中華思想を剥ぎとり西欧傲慢時代に終止符を打つ
18 日本軍の制海権の拡大によって変質する日米関係
19 米の対日方針の強硬化により来航した白船艦隊
20 日・米・英の「未来戦記」が示唆した文明論的洞察
21 満州をめぐる日米の「砲声なき戦い」の勝者は?
22 日英同盟廃棄、ワシントン体制、世界不況・・・日本を襲う打撃

第3章 ついに点火された太平洋戦争への導火線
~満州事変によって挫折した世界最終戦構想

23 王道主義と覇道主義の対決として起こった満洲事変
24 満洲事変は絶妙なタイミングで起こった
25 満州国の理想「五族協和」「王道楽土」が挫折した理由
26 綏遠(すいえん)事件で「鵜の真似」をして溺れた東条英機
27 日中戦争の発端、盧溝橋事件の黒幕は劉少奇か?
28 日中全面戦争化を不可避にさせた3個師団派遣のミス
29 日中和平を阻んだ海軍の南京渡洋爆撃と近衛首相の過失
30 陸軍が賛成し海軍が反対した日独伊三国同盟の締結
31 戦後も踏襲されたABCD包囲網による経済制裁
32 真珠湾開戦の宣戦布告遅延は外務省の大失態

第4章 誤解された「物量」神話の謎
~敗因の一つとされた「物量不足」は勝敗を決めたか

33 日米戦争における「物量」神話は信じられるか
34 日本が物量3対1の優位でも負けたミッドウェー海戦の謎
35 「物量」があっても戦機を逸してはだめなケース~南太平洋海戦~
36 日本はなぜガダルカナル戦で兵力を出し惜しみしたのか?
37 数量的劣勢をくつがえしたアメリカの戦術行使とは?
38 敵の息の根をとめられなかった日本海軍の「戦力保全主義」
39 日本海軍の「攻勢終末点」拡大はソロモン敗戦を招いた
40 「物量」は勝利の決定的要因か~ミッドウェー作戦~
41 物量優位と逐次投入の誤算~ソロモン海戦~
42 戦力分断・各個撃破が物量を圧倒~「あ号作戦」~

第5章 致命的な兵站思想軽視の謎
~生産・補給・輸送こそ国家総力戦の支え

43 「物量」とともに見逃せない「兵站」思想の追究
44 開戦時、日本の石油備蓄は現在の26日分しかなかった
45 米潜水艦の攻撃に崩れた企画院の物資動員計画
46 日本海軍は海の動脈シーレーン防衛を本気で考えていたのか
47 輸送船護衛を嫌った日本海軍の軍尊民卑的兵站思想
48 南方石油の大量輸送を妨げた海軍のタンカー独占
49 日本海軍の無能に反発してつくられた世界最初の「陸軍潜水艦隊」
50 海軍司令官に見捨てられたガダルカナル輸送船団の悲劇
51 軍事資材の奪い合いや船員軽視で見せた陸海軍の醜態
52 日露戦争の退役軍人まで駆り出された海上護衛隊

第6章 “見えない戦い”情報戦敗北の謎
~エレクトロニクス開発競争に遅れた悲劇

53 戦後まで尾を引いた日本の情報戦軽視の悪癖
54 評価されなかった重大情報~ガダルカナルの場合
55 「山本長官機を撃墜せよ」~ヤマモト・オプションの謎(1)
56 情報の管理・伝達に問題が?~ヤマモト・オプションの謎(2)
57 情報軽視はどんな結果を招くか~「あ号作戦」の場合
58 情報戦の花形~レーダーの開発はなぜ遅れたか?
59 レーダーが戦争様式を一変させたサボ島沖夜戦
60 レーダー不装備がもたらした「マリアナの七面鳥撃ち」の悲劇
61 特攻を無力化したアメリカの秘密兵器「近接(VT)信管」
62 空からの対潜レーダーと磁気探知機で一矢報いた901航空隊

第7章 日本軍新兵器の栄光と悲惨の戦果
~敵の新兵器に優る兵器で対戦できたか

63 米軍を震撼させた日本の新兵器~ゼロ戦と酸素魚雷の秘密
64 空の王者、格闘性抜群のゼロ戦の弱点は防御力にあった
65 大東亜戦争決戦機「疾風」の活躍を妨げた用兵のミス
66 ロケット弾は実用化したが、ミサイルはどうだったか
67 数々の海戦で威力を発揮した「三式対空砲弾」の秘密
68 シンガポール陥落の決め手となった強力兵器「九八式臼砲」と「無砲弾」
69 日本海軍の酸素魚雷はなぜ連合軍から恐れられたか
70 世界初の巨大潜水空母~イ401の性能と威力は?
71 「B29を撃て!」~世界最大の試製15センチ高射砲の戦果
72 日本はなぜ新兵器の研究・開発にたゆまぬ努力をしなかったのか?

第8章 太平洋戦争愚将・弱将列伝
~日本を敗戦に導いた将軍・提督たちの素顔

73 専門家による将軍・提督の伝記・人物評は信用できるか
74 南雲忠一司令長官がハワイ・ミッドウェーで犯した失敗とは?
75 井上成美、原忠一が逸した珊瑚海海戦での勝機
76 栗田健男司令官はなぜレイテ湾に突入しなかったのか
77 牟田口廉也中将の硬直思考がインパールの悲劇を生んだ
78 富永恭次中将はフィリピン戦線で特攻を見捨てて敵前逃亡
79 フィリピン戦線を離脱した寺内寿一大将の許しがたい倫理観

第9章 太平洋戦争の残された疑問
~「戦争」の真意究明こそ国際相互理解への第一歩

80 太平洋戦争は東南アジアの民族解放戦争だった
81 ビルマ(ミャンマー)独立に貢献した南機関と鈴木敬司大佐
82 日米どちらが“人種差別戦争”を行なったか
83 太平洋戦争とヒトラーの戦争との違いはどこか
84 不正確な「伝聞」で捏造される慰安婦伝説の真偽
85 誤った推測が生んだ幻の「大和(奈良県)大本営」
86 客観的取材と綿密な調査なしに行なわれた歴史の「偽造」
87 反日運動、反日報道の背後にある巨大な勢力とは?

終章 ふたたび到来した太平洋時代
~地球最大の海洋を制御し、新文明の構築へ

88 太平洋の制海権を求めて~「日米百年戦争」は文明論的必然
89 太平洋戦争の真の勝者は日・米・中のいずれか?



今年の読書:58冊目

スポンサーサイト





読書 | 00:09:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する