■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高山さんの講演会に行く
今日は、高山正之さんの講演会を聴きに上京する。
カンボジア・ベトナム旅行以来の再会ということで・・・(笑)
当時は、どうもジャーナリストらしい・・・という程度の認識しかなく、別にお互いに自己紹介もせず、ちょっと雑談した程度であった。
先日、著書を読ませていただき、こういうコラムを書かれる方なんだと初めて知った。(大笑)

で・・・今回、その高山さんの従軍慰安婦問題を中心とした周辺諸国の情勢などについての講演があることを知り、聴きに行く事にしたのである。(笑)

運良く、講演の前に講師にお会いしたので、この間の旅行中お世話になったご挨拶をする。
と・・・横から割り込んでくる奴が・・・(唖然)
こちらが、挨拶中だというのに、平気で割り込んでくるんだから気が知れない。
どうもこの手の講演会に参加する“保守派”と呼ばれる人間は、常識がないようである。(怒)

以前、桑木さんの講演の時も、同様のことがあり、さすがに頭にきたので、「2分間だけ話をさせて下さい!」と割り込んできた人を遮ったことがある。(大笑)

これには多少、無理もないかなと思うところもあるが・・・
講師への挨拶・・・ダラダラと、延々と、自己アピールする馬鹿がいるのである。(汗)
後ろには、講師に挨拶する為にズラリと並んでいるのに、平然として持論をいつまでも講師に披露する馬鹿もいる。
それが普通なのだろうから、ついつい、我も我もと他人の挨拶中でも割り込んででも挨拶しなくては・・・となるのだろう。
が・・・しかし、これは、失礼な“行動”である。(怒)

だいたい、こういうことをするのは常識のない“団塊の世代”の連中である。(大笑)

講演会は、なかなか面白い“うんちく”を聴かせていただいた。
さすがは、知識が豊富である。
どこかの誰かの本の内容の“受け売り”を、もっともらしく語る“保守派の論客”ぶっている“愛国者”とは、ちょっと違う。(大笑)
物の見方など・・・勉強になりました・・・
が・・・
最後の質疑応答・・・やっぱりねぇ~・・・・であった。

「ご自分の意見ではなく、あくまでもご質問をお願いします」と司会者から釘を刺されているのに・・・
堂々と自分の知識をひけらかす馬鹿が続出・・・(唖然)
これだから講演会後の質疑応答って嫌いなんだよなぁ~(大笑)
延々と自分の知識と見解を開陳するのである!
時間が限られているのに、そんなに「質問者」が話していたのでは、講師が答える時間がなくなるのではないか?(笑)
質疑応答の時間は、質問者のミニ講演会か?
ようやく一人の“質問”が終わってホッとしたら、次の質問者も・・・馬鹿・・・(笑)
いい加減にしろよ!・・・と怒鳴りたくなる。(大笑)
結局、質問でも何でもないのである・・・
自分が目立ちたいだけ、講師や会場の人達から一目置いてもらいたいだけのことであろう。
やっぱり、こういう連中も“団塊の世代”なのである。(大涙)

だから、拙者は“団塊の世代”は嫌いなのである!(大笑)
ごく一部ではあるが、常識のある、それ以上に、尊敬に値する“団塊の世代”の知人もおるが・・・
こういう人は、もちろん、大好きである。(大笑)
なので・・・“団塊の世代”の5%ぐらいは大好きであるが、95%ぐらいは嫌いである。(大笑)

講演会に、先日の極東ロシアお世話になった元幹部自衛官の“サトウさん”が来ておられていたのでご挨拶をする。(笑)
ロシアで散々冷や汗をかきながら苦労をした仲である。
変な親近感ができてしまっているのである。(大笑)

その後、再び講師にご挨拶。
この講演会後には講師を囲んでの懇親会が予定されていたが、拙者は行かないことにしていたので、その事を伝える。
一瞬、意外そうな顔をされていたが・・・
どうせ、懇親会には自己主張したくてウズウズしている“団塊の世代”が集まるのだろうし・・・(大笑)
そういう席に同席する気になれない。
講師には申し訳ないが・・・
旅行中に高山さんとは名刺交換をしていなかったので、名刺を交換する。
と・・・やっぱり“団塊の世代のオッサン”が割り込んできた・・・(唖然)
あなたたちは、天下国家を語るより、自分の言動を何とかすべきである。(大笑)
少しは気配りをするという“常識”を身につけることのほうが先ではなかろうか?・・・

まぁ、今回の主たる目的は、高山さんに挨拶することだったから、目的が達せられて満足!(大笑)

まっすぐホテルに向かい、チェックイン・・・
スポンサーサイト


日記 | 15:44:42 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。