FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

会沢正志斎の墓
264_convert_20131023131003.jpg
(茨城県水戸市・本法寺)

市指定史跡
会沢正志斎の墓

幕末尊王攘夷論の指導者として、全国の志士から畏敬された。
会沢正志斎(安)先生は1863(文久3)年7月14日、82才で世を去りここに葬られた。
先生は藩の貧しい武士の家に生れたが、10才の頃から藤田幽谷先生の弟子となり、その学問を大成し彰考館総裁に任ぜられて大日本史編集につとめた。
それと共に先生は、当時、日本の内外に迫る危機を憂え大改革の構想を練って「新論」をはじめ多くの書物を著わし弘道館が創立されると、その初代の総教として、多くの英才を教育した。
先生の教えを受けた者は藩内士民ばかりでなく、全国各地の有志におよんで明治維新への運動を展開したが、なかでも、長州の吉田松陰と久留米の真木和泉守はその双璧というべきであろう。

水戸市教育委員会

(説明板より)
スポンサーサイト





史跡 | 13:32:51 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する