■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
稲荷櫓
175_convert_20131020125339.jpg 167_convert_20131020184445.jpg
(山梨県甲府市・甲府城)

稲荷櫓

城内の鬼門(北東)に位置することから、艮櫓(うしとらやぐら)とも呼ばれ、江戸時代には武具蔵として使われていた建物です。
明治初年まで残っていたことが古写真などでわかっており、発掘調査でも2度にわたり建物を建築した痕跡(遺構)と、土地の平安を祈るための輪宝(りんぽう)(地鎮具)が6点見つかりました。
今の建物は、この遺構や残っていた絵図や資料などをもとに、できるだけ当時の姿に復元したもので、平成16年に建築しました。

櫓の外観
二階層、入母屋造り、瓦葺、白壁、窓、鯱(しゃち)、北・東側に石落とし
櫓の規模
南北(梁間)五間(10m)、東西(桁)六間(12m)

(説明板より)
スポンサーサイト


史跡 | 19:42:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。