FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

山手渡櫓門・山手門
141_convert_20131020090606.jpg
(山梨県甲府市・甲府駅前)

甲府市歴史公園
山手渡櫓門

「楽只堂年禄(らくしどうねんろく)」絵図には、石垣を渡し架けているように描かれており、一層目の門の上に櫓(やぐら)が載る櫓門形式の門としています。
一層目は石垣の間に門扉、ケヤキ材の鏡柱(かがみばしら)、添柱(そえばしら)等が配置され、75cmもの太さの大梁等を支えます。
二層目の規模は「甲斐府中城図」等複数の絵図に記されている3間×7間としています。

(説明板より)

156_convert_20131020123456.jpg 163_convert_20131020161339.jpg

甲府市歴史公園
山手門

「楽只堂年録」絵図には、両脇に低い石垣と土塀も描かれており、近世城郭の主要な虎口では、外側に高麗門、内側に櫓門を設けております。
門扉を支える両側の鏡柱の上に冠木を渡し、前後に腕木を出して切妻屋根を架け、鏡柱の背後にそれぞれ控柱を建て、本屋根より小振りな切妻屋根を載せる特徴的な構造です。

(説明板より)
スポンサーサイト





史跡 | 18:45:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する