FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

霊感?(笑)
腹が減った・・・どこかで昼食をとらねば・・・
と思って、大学の周辺をウロウロしていて、ふと思い出した!
たしか・・・山梨大学のどこかに旧軍の糧秣倉庫だったか、赤レンガの倉庫が現存していたんじゃなかったっけ?
記憶がハッキリしていないが・・・
たしか、山梨大学だったと思うんだよなぁ~(汗)

というわけで・・・食堂探しから倉庫探しに変更!(笑)

しかし、いくら大学周辺を歩き回っても、それらしき建物は見当たらない。
ふと、大学の近くの狭い路地が目に入った・・・
ここを歩いてみるか・・・

なにげなく入った路地・・・
そのまま真っ直ぐ歩いていったら・・・・
あらら!真正面に赤レンガの建物がチラリと見えた!
もしかして・・・(笑)

行って見たら、やっぱり赤レンガ!
形から言って旧軍の倉庫である!!(大喜)
う~ん・・・この“出会い”・・・まるで導かれたような・・・(大笑)
拙者の霊感のなせるわざか?(大笑)

130_convert_20131019102320.jpg

この建物・・・・
山梨大学教育人間科学部の附属中学校の敷地内に建っていた。
大学の周辺を歩き回っても見つからないわけだ・・・
中学校とはね・・・(大笑)

で・・・問題は・・・
門の中に入れない!
鍵がかかっていないので、門は簡単に開けることが出来るのであるが、門には「関係者以外立ち入り禁止」の掲示板が・・・
さて・・・拙者は「関係者」なのか、そうではないのか???(大笑)

最近は、どこの学校施設に行っても、この手の看板が出ている。
「関係者以外立ち入り禁止」「無断立ち入り禁止」等々・・・
じゃぁ、許可を得て入ろうと思っても、誰に声をかければいいのか・・・
職員室は、ずっと奥のほうにあったり、どこに職員室があるのかわからなかったり・・・
学校によっては、職員室が校舎の2階にあったりする。(笑)
だいたい、門の直ぐ脇に、歴史的な建物やら、石碑や記念碑などがあることが多い。
直ぐ目の前なんだけど・・・わざわざあ奥の方まで入り込んで許可を得に行かねばならぬのか?(唖然)
不審者を排除するための警告板なのだろうが、不審者じゃない者にとっては迷惑な看板だ。
そこまで言うなら、門の脇に守衛室を設けるか、インターフォンを設置しておくべきではないか?

だいたい史跡跡に学校が建てられていることが多い。
このため、学校の敷地内に石碑が建っていたりするのである。
学校には直接用事はないが、この“史跡”のほうに用事がある場合はどうしたらいいのか・・・
困ったものである。

学校敷地内の“史跡”は、別にフェンスで囲って、学校敷地と分けて、見学者専用の入口を作ってくれれば、いいんだけどねぇ~
文部科学省・・・全国に通達を出してくれないかねぇ~(笑)

ここも同様・・・・
門の外から写真を撮るだけでもいいのだが、建物の脇に説明板がある。
読みたいんですけど・・・(大笑)
入ろうか、どうしようかと、気の小さな(大笑)拙者は散々迷ってしまった・・・
と・・・敷地内の建物の2階から、こちらを見ている人がいた!
どうも教職員らしい・・・
カメラをかざして、建物を指さし、“中に入って写真を撮ってもいですか?”と身振り手振りで合図する。
と・・・この若い男・・・
怪訝そうな顔をして拙者を見ているだけ・・・
“お~い!中に入ってもいいかって言ってるんだけど!”と身振り手振り・・・
窓を開けろよ!窓を開けりゃ声をかけるのに・・・
しかし、この男・・・窓を開けず、こちらを見ているだけ・・・
そのうち、他の女子職員に声をかけて、拙者を馬鹿にしたような笑いを浮かべて二人で拙者を見下ろすという始末!
このやろう!(怒)
頭にきた!(怒!)

拙者は短気である・・・しかも腹が減っているので、更に短気になっているのである!(大笑)
入ってやれ!(大笑)
警察を呼ぼうと何をしようと勝手にどうぞ・・・である!(怒)

説明板を読んでみたら・・・やっぱり思ったとおり!
歩兵第49連隊の食糧倉庫だった!(大喜)

写真を撮って、門を出て、駅に向う・・・
それにしても、あの職員の態度は気に入らぬ!(怒)
なにが人間科学だ・・・
“人間”という言葉を使っている割には“人間”が出来ていない!(怒)
どうも最近の若い教職員は質が低い・・・一体、何を勉強してきたんだ?
そういうのが子供達を教育するのか?
頭に来るんだよな・・・あの人を小バカにしたような態度・・・

カリカリしながら歩いていて、ふと気が付いた・・・
あそこに食糧倉庫があったということは、あの一角は連隊の敷地だったのではあるまいか?
ということは・・・あの一画のどこかに「歩兵第49連隊の跡」の碑が建っていてもおかしくはない・・
しまった!確認するのを忘れた!(大涙)
今更、また戻るのも面倒である。
あ~あ~やっちゃった・・・
どうも冷静さを欠くと、こういうミスを犯してしまう・・・
反省、反省・・・(大汗)

ようやく、喫茶店を見つける!
やった!昼食を食べよう!(笑)

137_convert_20131019102531.jpg

ランチのスパゲティ・・・これにサラダとコーヒーとデザートが付く。(喜)
お昼を少し過ぎただけなのに、お店には客が誰もいない・・・・
お店のママさんに大学生は来ないのかと尋ねたら、ここは大学の裏だから・・・と言う。
最近の大学生は喫茶店には行かないらしい。
拙者が大学生の頃は、よく喫茶店に入り浸っていたけどなぁ~(笑)

そこへ、常連の“後期高齢者”のオジサンがやってきた。
いつの間にか、3人でオシャベリとなる。
年金の話やら、まもなく100歳になる親の介護の話やら・・・(大笑)
見知らぬ人とのオシャベリ・・・これも旅の楽しいところである。(大笑)
スポンサーサイト





旅行 | 16:35:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する