■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
JR北海道
このところJR北海道での列車事故が多発している。
この間の貨物列車の脱線事故の原因は、レールの幅が基準値を超えていたにもかかわらず、放置していた為に起こったのだと言う。
しかし、本来の原因はそこにあるのではないという気がするのだが・・・

最近のJR北海道の主な事故は・・・・

2011年5月、特急「スーパーおおぞら14号」が脱線して全焼
2012年9月、貨物列車が脱線
2013年4月、特急「北斗20号」から出火
同年5月、特急「スーパーカムイ6号」から出火
同年7月、特急「北斗14号」、特急「スーパーおおぞら3号」から出火

こうも、出火、出火が続くと、普通は「テロではなかろうか?」と思うんじゃないのかね?
アメリカならそうなると思うんだけど・・・
どうも日本は平和ボケ過ぎて神経がマヒしているのではなかろうか?

2013年8月、貨物列車が脱線
そして今回、9月19日に貨物列車が脱線

こうなると、人命に関わらない程度の事故に抑えているようにも見える。
特急の火災から、乗客の乗らない貨物列車へターゲットを変えたようにも見える。
こうなると、悪質ないたずら?サボタージュ?・・・やっぱりテロ?(笑)

今回の事故の調査で、多数のレール異常が発見されたのだとか・・・・
識者は「信じがたい人命軽視だ」「ありえない事態だ」と言う・・・
それ・・・誰に言ってるの?
会社?
会社に向って言うのは、ちょっとピントはずれではないかという気がするのですが・・・(笑)

北海道は労働組合の力が強い土地柄であると聞いたことがある。
JR北海道も、当然、その影響を受けているのではなかろうか?
現場で実際に作業を行なっているのは・・・“労働者”ですよね?
彼らが異常を知っていて、わざと放置していたとしたとは考えないのだろうか?
上司から(管理職からの)指示に、わざと従わなかったのだとしたら?
これはサボタージュではなかろうか?
そういう可能性は否定できないのではなかろうか?
いや、その可能性のほうが高いのではなかろうか?
となると・・・会社だけ(経営陣だけ)を責めても仕方がないのではなかろうか?

仮に、労組のせいだとして、それをどうにもできなかった会社側(経営陣)にも責任はあろうが・・・
そうそう簡単なはなしではあるまい。
労働組合相手に戦うなんていう経営者は、そうそういるものではない。

2011年11月には事故処理に奔走していた社長が自殺にまで追い込まれるという体質なんだから・・・
亡くなった社長の遺志を尊重して、以後、安全管理に邁進するならわかるが・・・
社長が自殺した後に立て続けに“事故”が発生するというのは、どういうわけだ?
後任の社長、新経営陣に対する嫌がらせか?・・・と思われても仕方がないのではないか?

列車を脱線させる昔からの手段に「置き石」というのがある。
これで列車を脱線させることが出来るというのは、昔から知られている。
マスコミはご丁寧にも、レールの幅を何ミリ変えると列車が脱線すると、事細かに報道してくれた。
おかげで“よからぬ連中”に脱線の方法を教えてやったことになる。
規定ギリギリまでレールの幅を変えて放置しておけば、近日中に列車は脱線する。
時限爆弾と同じである。

これを「知る権利の行使」として認めていいかどうか・・・
安全に関わる報道には、もう少し神経を使うべきではなかろうか?

日本を滅ぼすのには鉄砲も大砲もいらない。
各所で、ちょっとした「いたずら」をしてやればいい。
原発で事故を起こさせ、鉄道で事故を起こさせ・・・
そうすることで、日本は内部から崩壊していく。
愚かな日本国民は、疑心暗鬼で大騒ぎ、これに風評を加味してやれば、う~ん・・・ガラガラと自ら崩壊していく。
まさしく、『孫子の兵法』の実践である。

『孫子の兵法』・・・もしかして、これは中国で生まれたんだよね?(笑)

マスコミは会社経営陣や経営体質だけではなく、労働組合の体質にも言及すべきではなかろうか?
それでこそ「知る権利の行使」ではないかと思うのだが・・・

労組は労働者の待遇改善、経営陣による違法な行為に目を光らせるということに神経を使うべきで・・・
どこかの誰かの手先になるような“サイドビジネス”をやってはいけませぬ・・・(大笑)
やっていないと信じたいですけど・・・(大笑)
スポンサーサイト


エッセイ | 09:57:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。