■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これはロシア語会話?(笑)
夕食から帰ってきたのはいいが・・・暇・・・(笑)
ホテル内のコーヒーショップに入ってみる。

席に座り「コ~フェ・パジャ~ルスタ!(コーヒーを下さい!)」
すると・・・美人のウェイトレスが「アメリカァ~ナ?」と聞いてきた。
拙者に向かって「アメリカ人ですか?」と尋ねる訳はないから・・・(大笑)
「アメリカンコーヒーですか?」って言っているのだろうと解釈するが、他のコーヒーがあるのか?ブレンドコーヒーなんていうものがあるのか?
しかし、コーヒーは「コーフェ」しか単語を知らないので・・・
「ダ!(はい!)」と答える。
こうなったら、コーヒーならなんでもいい・・・(笑)
「ミルク?」と更に聞いてきたので、これまた・・・「ダ!(はい!)」

ちょっと何か食べたいな・・・
朝鮮料理の夕食・・・ろくに食べなかったし・・・(笑)
レジの近くのガラスケースの中にケーキのようなものがあるのが見える。
ケーキを食べるか・・・
しかし、拙者は「ケーキ」をロシア語では何と言うのかを知らない・・・「ロシア語会話」の本に載っていなかった・・・(涙)
仕方がないので席を立ってショーケースに向うと・・・ウェイトレスが何事かというような顔をした。(大笑)
「え~と・・ケーキ!」(笑)
「???」
「え~と・・・これ!」とケーキを指さして・・・・
「シト~・エタ~?(これは何ですか?)」と尋ねたら・・・
「#%&*+#$%・・・・」
「へっ?・・・・」(大汗)

失敗した!やっちゃった!(涙)
「これは何ですか?」とロシア語で尋ねたら、当然、相手もロシア語で説明してくるよなぁ~
でも、拙者はロシア語を知らないのである!(大笑)
説明してもらっても分からない・・・
尋ねるべきではなかった・・・・
説明を求めた拙者がバカだった・・・(大笑)
「え~と・・・これ・・・フルーツケーキ?フルーツ?」
「????」
ありゃ、「フルーツ」が通じない?
「&%>*%$#*・・・」
ヒェ~・・・わからん!(大涙)

身振り手振りで、「こっちのほうが美味しい」と言っているようなので・・・
「ダ・パジャ~ルスタ(はい、お願いします)」

441_convert_20130919155902.jpg

何が嬉しいって・・・このコーヒーショップは喫煙可能!

さて・・・そろそろ帰りますか・・・・
「スショ~ト・パジャ~ルスタ(お勘定をお願いします)」
「ショ~ト?」と彼女・・・
ん?「勘定」は「スショ~ト」じゃなかったっけ?「ショート」だけで良かったんだっけ?
まぁ、よくわからんが・・・「ダ・パジャ~ルスタ(お願いします)」
で・・・ここで更に拙者のロシア語が通じるかどうか試してみた・・・(笑)
お金を渡しながら「スダーチ・ニ・ナーダ(おつりは結構です)」(大笑)
途端に、この美人のウェイトレスが「ええっ!」と驚きながら「スパスィ~バ!(ありがとう!)」(満面の笑み!)
おお!通じたか!(大喜)
「パジャ~ルスタ!(どういたしまして)、ダスビダ~ニャ!(さようなら!)」

実は、拙者は事前にメモ帳に「想定問答集」を作っておいたのである。(笑)
大学生の姪っ子に買ってもらった「ロシア語会話」の本の中から、多分、使うであろう言葉を、順番にメモしておいたのである。
で・・・このメモを“読み上げる”のである。(大笑)
おお・・上手くいった・・(大喜)
が・・・拙者はスケベ中年親父である。(笑)
美人の笑顔を見た瞬間・・・「美味しかったです」と言うのを忘れた!(大笑)

しかし、そこそこ、何とか通じたね~(笑)
メモを読み上げているだけなんだけど・・・なんかロシア語ペラペラみたいな感じだなぁ~(大笑)

夜、9時・・・といっても、外は明るい・・・
タバコを吸いにホテルの前の道路まで出かける。(笑)
スケベ中年親父・・・タバコを吸いながら、道行くロシア美人に目が釘付けである。(大笑)
と・・・そこに、小さな男の子を連れた若い夫婦がやってきた。
どうやら同じホテルの宿泊客らしい・・・
母親と男の子が部屋に向かい、父親がタバコを吸うため残った。
で・・・灰皿の前まで来たら、いきなり笑顔で話しかけられた。
「%&$>*#・・・・」
「はぁ?」
「&$#>+*%&・・・・」
「へっ?」(大汗)

ありゃりゃ・・・こりゃ参ったな・・・
「ヤー・イポーニツ(私は日本人です)」(大笑)
ちなみに、「イポーニツ」は男性が使う場合で、女性が使う場合は「イポーンカ」と語尾が変化する。
同じ「日本人」を言うのに語尾が変化するからロシア語はワケがわからんのです。
「ヤ~イズ・イポーニィ(私は日本から来ました)」
ここまで言えば、わかるだろ・・・拙者はロシア人ではないということが・・・(大笑)

ところがドッコイ・・・彼は話をやめない・・・(涙)
あの・・・あれ?・・・
「え~と・・・アイ・キャント・スピーク・ラッシャ!アイ・ドント・アンダ~スタンド!」
ん?英語も通じない????
そのうち・・・
「%&$%#・・・!!」(ワッハッハ!)と拙者の肩を叩きながら笑い出した・・・
ん?何か冗談でも言ったのか?・・・でも、俺・・・笑えないよ・・・意味がわからないから・・・

拙者がロシア語がわからないのではなく、聞き取れないと思ったのか、今度は怖ろしくゆっくりとしたロシア語で話すようになった。
一言、一言、区切って話してくれるのはありがたいが・・・
それでもわからないものは、わからない・・・(大涙)
だって、ロシア語の単語・・・知らないもん!(大笑)

「俺は×××だ」と言っているようである。
「ロシア人?」
「ニェット!(ちがう!)・・・×××!」
そこなんだよねぇ~・・・そこの×××がわからんのだよ・・・(涙)
ロシア語を話してるんだからロシア人じゃないの?
え?ウクライナ人・・・とか?
ロシアは多民族国家である・・・どこかの少数民族なのか?

つづいて「俺は×××に住んでいる」というようなことを言っているような・・・
どこかの田舎らしい・・・彼のジェスチャーでは、かなり寒いところらしい・・・
う~ん・・・わからんのだよ・・・どこかのマイナーな都市名を言われても・・・(笑)
「わからないなぁ~」と“困ったチャン!”のポーズ・・・

ウ~ン・・と悩んだ挙句・・・「ちょっと待って!」と手で拙者を制し、携帯電話をいじりだした・・・
で・・・携帯電話に入れてある写真を見せてくれた。
スゴイ田舎の家の前にエスキモーのようなスゴイ防寒服を来た彼が写っている。
ジェスチャーから想像するに・・・「これが俺!ここが俺の家!、すごく寒いところ」と言っているようである。(笑)

どうも、さきほど拙者が「日本人で日本から来た」ということを言ったので、彼も「××人で×××から来た」と言っているようである。(笑)

続いて車の写真・・・
「これ、俺の車!」(笑)
「おお!すごいね!」
「%&#$&$・・・ヤポーニ・・・*%&$%#&#!!」(笑)

彼のジェスチャーから想像すると、日本製の車を褒めているようだ・・・(大笑)
親指立てて、「グ~」って言うんだからそうだろう。
聞き取れたのは「ヤポーニ(日本)」とかっていう一言だけ・・・・
語尾は“状況”によって変化するが、「ヤポー」の部分だけは変わらない・・・
だから「日本」と言っていることだけはわかる。
車を指さして「日本」と言いながら親指立てて頷けば・・・「日本製の自動車は最高である!」という解釈しかあるまい!(大笑)

その次が家族の写真・・・子供と奥さんと、どこかへ行った写真なのだが・・・
ロシア語の説明ではさっぱりわからん・・・(笑)
動物園?・・・やたらと動物のアップの写真が続くが・・・
檻に入っているわけでもない・・・野放し?・・・サファリパーク?
一つ一つ、動物を指さし、ゆっくりとしたロシア語で何度も言う。
ん?「これは熊です」「これは牛です」って説明しているようである。(笑)
「#$%&!」と彼・・・
「#$%&?」と拙者・・・
“先生の後について発音してみましょう!”みたいな感じ・・・(大笑)
彼の発音を真似て口に出しても・・・意味はよくわからん・・・これ・・・水牛?

普通なら、こんなに話がわからないのでは逃げ出すところだが・・・
いや待てよ・・・面白そうだから粘ってみるか・・・(大笑)

彼が「バーン!バーン!」と鉄砲を撃つ仕草をした。
さっきの動物の写真と関係があるのか?
「シューティング?ハンティング?」
「*%>#$・・・!!」
「はぁ?」
ちょっと待ってくれ・・・と、彼は腕を組んで空を見上げる・・・
で・・・まもなく・・・「アーミー!(陸軍)」と英語で言った。(笑)
英単語を思い出していたようで・・・
続いて拙者の胸を指で突きながら「%&#%*&%?」・・・
わからん・・・(汗)
「私は陸軍の兵士です」と言った後、拙者の胸を突いたのだから・・・
もしかして、「お前の職業は何だ?」と拙者の職業を尋ねているのかな?
「ヤ(私)、プレジデント(社長)!」
それはあり得ない・・・とばかり、彼は驚いた表情に続いて、笑いながら人差し指を左右に振った。
「いや・・・本当に・・・ヤ・プレジデント!」
「オォ~!ニェ~ット(違うでしょぉ~)・・・」(大笑)
あれ?もしかして・・・プレジデントを「大統領」って訳してる?
拙者が大統領のわけがないでしょ!(冷汗)
「大統領じゃないよ・・・社長!・・・カンパニーのプレジデント!」
日本の大統領(首相)が、こんな道端でタバコを吸っているわけがないジャン!
彼は呆れ顔・・・・(大笑)

で・・・「%$%#&・・・・」
う~ん・・・またまた、わからん・・・(苦笑)
「どういう会社だ?」と聞いてるのかな?(笑)
「車!カー!エンジンの部品!作る!カンパニー!」・・・身振り手振りを交えて説明・・・
「エンジン?・・・オォ!エンジニ~ア!」
「へ?・・・エンジニア(技術者)?・・・ニェット!エンジニ~ア!プレジデントだってば!」
「????」

お互いに想像力を駆使しながら、道路の隅っこの灰皿の前でジェスチャーゲームである!(大笑)
ついに日が暮れてしまった・・・
ということは・・・夜10時を過ぎたということである。
つまり・・・軽く30分以上も“おしゃべり”(?)をしていたということになる。(唖然)

まもなく、すぐ近くで花火が上った!
ド~ン!
「おお!ファイアー・ワーク!(花火)!」
英語が通じないのに、どうして無理して英語を使おうとしちゃうんだろ?(笑)
外人を見ると、英語を話さなければ・・・と、つい、思ってしまう・・・(大笑)
どうせ通じないんだから日本語でいいんだけどねぇ~
どうして無理しちゃうのかね?(大笑)
彼も「&%$&#%&!!」・・・・
多分、同じこと言ってるんだよね?・・・「おお!花火だ!」って・・・(笑)

「トゥディ(今日)、ネービー(海軍)、メモリアル・デー(記念日)でしょ?」
「ニェット!、アーミー!(陸軍)・・・・&#$*>%・・・」
へぇ?海軍記念日のお祭りじゃないの?陸軍?・・・同じ日のわけがないと思うんだけど・・・
「ニェット!アーミー!・・・ネービー!」
ちょっと待って・・・と彼・・・
しばらく考えて出てきたのが・・・「フィッシュ・アーミー!」
フィッシュ(魚)、アーミー(陸軍)・・・????
「魚の陸軍?」・・・あ・・・そういうこと・・・(大笑)
だから、それを「ネービー(海軍)」って言うんだけど・・・

ちょっと観に行こうぜ!・・・ということで、海岸が見える場所まで二人で移動する。
ほぉ~結構、大きな花火が打ち上げられている!(笑)

では・・・ホテルに帰りますか・・・

なぜか彼は上機嫌・・・
「×××はダメだけど・・・」と嫌な表情をし・・・
「お前は×××だ!」と、拙者の胸を突きながら、親指を立てて「グッド!グッド!・・・%&$#%&!」・・・・
何かと(誰かと?)拙者を比較しているようだ。
拙者の肩を叩きながら・・・「%$&%##$!」・・・
想像するに・・・
誰か他の人と(例えば中国人観光客とか韓国人観光客とか)と話をしたら嫌な奴らだったが、「お前はいい奴だ!」と言っているのではなかろうか?(大笑)
「よくもまぁ~言葉が全然通じないのに、ここまでオシャベリが弾むとはねぇ~よく付き合ってくれた!お前は偉い!」と言っているに違いない。(大笑)

「スパスィ~バ!(ありがとう!)スパスィ~バ!」(笑)
これこそ、国際交流っていう奴である。(笑)
もう、破れかぶれである・・・(大笑)

さて・・・部屋に戻りますか・・・

と・・・彼が指先で自分の首を弾きながら「&$%$#&*>!・・・」と言う。
ん?首がどうかしたのか?
あ・・・ロシア語会話の本に書いてあったぞ!・・・確か、「酒を飲もう!」と誘う時に使う仕草である。
日本では、指でお猪口の形を作って、口の前でクイクイと動かして・・・「どうですか?一杯?」というのが、「酒を飲みませんか?」の仕草である。(笑)
つい・・・日本式の、この仕草が出てしまい・・・「これ?」
なぜか、通じた・・・(大笑)

「俺の部屋へ来いよ!」と言う。
いや、待てよ・・・部屋には奥さんと息子さんがいるんじゃないの?
まずいだろ・・・そこに上りこんで酒盛りは・・・こんな時間に・・・(笑)
それにロシア語会話の本も、自作の想定問答集のメモも部屋に置きっぱなしなのである。
タバコを吸うだけだったから、持参していない・・・
何もない中で、酒を飲んで思考が鈍ったら、会話どころではない・・・(大笑)
「ニェット・スパスィ~バ(いいえ、けっこうです)」
彼の仕草は「そう言わず、飲もうよぉ~!」を示しているが・・・
やっぱり、ここはお断りしておいたほうが無難だろう。
「ヤ(私)、スリープ!、寝る!ダスビダ~ニャ(さようなら)」(笑)

お互いに握手をして別れる・・・
彼は2階の部屋・・・拙者は3階である。

いやぁ~結局、1時間ぐらい“おしゃべり”(?)をしてしまったか?
クタクタに疲れたが・・・こういう疲れは・・・・なぜか心地いいものである。(嬉)
スポンサーサイト


旅行 | 15:16:57 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。