FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

地縛霊?
昨晩というか、今朝というか・・・真夜中の出来事・・・
これは夢なのか現実なのか、どうしてもわからないのだが、一応、記録に留めておこうと思ったので書く。

ふと・・・目が覚めた・・・
が・・体が動かない!
どうやっても体が動かない!(大汗)
何かに押さえつけられているような感じなのである・・・
これはもしかして、「金縛り」というものだろうか?

仰向けに寝たままの状態なのだが、部屋の様子が見える・・・
本来なら天井が見えていいはずなのだが・・・
もしかして、首が横を向いているのか?
それすら、よくわからない・・・
自分では完全に目が覚めていると思っているのだが・・・

なんとか寝返りを打って、横向きになろうとしたのだが、動かない!
満身の力をこめて、やっと横向きになる。

これはもしかしたら、夢かもしれない・・・と思い、頬っぺたをツネってみることにしたのだが・・・
これまた、腕が動かない!
重いなんていうものでは済まないほどの重さ・・・
ビクとも動かないのを、満身の力をこめて腕を上げ、やっとの思いで、頬っぺたをツネってみたが、何にも変わらない。
ということは・・・これは夢ではないのか?

首を少し動かすのにも、かなりの力が必要になる。

ここからが記憶が曖昧・・・

一度、起き上がってベッドに腰掛けたような記憶があるのだが・・・
その次に、どうやって机の前の椅子に座ったのかが、よく憶えていない・・・(笑)

部屋の隅に何故か若い女性が座っている・・・
あれ?・・・なんで?・・・
どうして、彼女がいるのに気がついたのかが、ハッキリしない・・・
頭からフードのようなものを被っているので顔は見えない・・・
「あんた、地縛霊か?」
どうして、いきなり、そういうことを聞いちゃったんだろう?(大笑)
すると、この女・・・コクリと頷いた・・・(大汗)
「そうか、地縛霊なのか・・・」
なぜか、怖いとか気持ち悪いとか・・・思わなかったんだから、今考えても不思議である。
拙者はホラー映画は怖くて大の苦手なのである。
わざと怖がらせるような、あのようなものは嫌いなのだが・・・
ただの幽霊ならば、特に怖いとは思わないのかなぁ~
そこのところが、自分でもよくわからん・・・

すると・・・この女、顔を上げ、拙者の顔を見ながらニコリと笑って、こう言ったのである。
「やっと素敵な人に会えて、嬉しいです・・・」
確かに、こう言ったのである!拙者のことを「素敵な人」と間違いなく言ったのである!(大笑)
記憶力が悪い割には、こういうことだけは、よく憶えている。(大笑)

が・・・ここで拙者は、また、馬鹿なことを言ってしまった・・・
「俺はここに何十年も住んでいるのに、やっと会えたとは、おかしいんじゃないの?あんた、本当に地縛霊なのか?本当に地縛霊なら、もっと早いうちに会っていてもおかしくないんじゃないの?」
・・・・と、言っちゃった!(大笑)
すると、彼女は不機嫌な顔になり黙ってしまった・・・・

で・・・
ここから先が記憶がない・・・・(大笑)

次に目が覚めた時は、いつの間に戻ったのか、ベッドの上・・・(笑)
枕元の時計を見たら午前5時半・・・
体中が痛くてたまらん・・・全身が筋肉痛という感じの痛みで・・・・
膝や腕を曲げ伸ばししてみたら、痛いのなんのって・・・首も肩も痛くて、上手く回らない・・・
金縛りから脱しようと、もがいたせいか?

今回のような、「金縛り」には滅多に遭う事がない。
53年の人生の中で、記憶にあるのは4回~5回程度である。

金縛りに遭っていた時は、確かに目が覚めていたと思うんだよなぁ~
あれは現実だったと思うのだが・・・
問題は、地縛霊のほうである・・・
あれは現実だったのか夢だったのか・・・わからない・・・

さすがに、今晩、寝るのがちょっと怖い・・・(大笑)
スポンサーサイト





日記 | 06:46:54 | Comments(2)
コメント
きゃー
いつもは楽しい日記が今回ブログすごーーく怖かった!!!!!
金縛りと思っていたのですが後半に来るとゾクゾク。。。
何でしょう?あっ 守護霊ですよ愛されているのだから。
それは確かに重兵衛さんは素敵なお方ですよ。はい。
しかし生身の私達が思うならともかく幽霊じゃあ理由があるのか。
何かお若い時に冷たく、無残におふりになった女性霊か、だからやっと
来たのですよ。それなのに重兵衛さんは記憶にもない。覚えていない。
それは不機嫌なお顔になりますかも。お気の毒に。
あーーーーまた訪れられるかも。
怖いけど乗りかかった船、もし再訪問があったらブログに載せてくださいね。
ちなみに私は若い時金縛りの後に知らない人形が顔をめがけて飛んできた怖い経験があります。枕の下のハサミを置くと良いと叔母に聞き置きました。
2013-10-22 火 10:57:56 | URL | お染 [編集]
Re: きゃー
え?若い時に?拙者が誰かを振ったって?(笑)
う~ん・・・思い当たる節はないのですが・・・
ん?あれ?・・・あの子かな?
それとも・・・あの子かな?(大笑)
ん?・・・あの子・・・死んでるの?(大笑)

拙者の部屋には、時々、霊が現れます。(大笑)
知人の女性が亡くなった時、通夜の日の晩に、拙者の部屋に彼女が現れましてね。
人の気配がしたので振り返ったら・・・彼女が立っていました。(笑)
確かに彼女の顔がチラリと見えたんですけどね・・・すぐに消えちゃいました。
話がしたかったんですけどねぇ~

地縛霊じゃなくて守護霊ね・・・
そういう解釈もあるか・・・(笑)

ハサミは「縁を切る」という意味なんでしょうかね?
守護霊を断ち切るわけにはいかないから・・・(大笑)
拙者はやめておきましょう。
枕の下に入れておくと、寝相が悪いから、どんなことになるか・・・危ないし・・・(笑)

また、何か起こったらブログに書きますね。(笑)
2013-10-22 火 15:56:00 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する