■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハバロフスク駅
拙者の宿泊しているホテルは館内は禁煙である・・・(涙)
というわけで、毎度、毎度、玄関前の歩道に設置されている灰皿のところまで出かけてタバコを吸わねばならない。
朝食前に一服・・・朝食後にも一服・・・

朝食後、早速、外に飛び出し、一服していたら、同じホテルの宿泊客で、外国人の“後期高齢者”の小母さんがやって来た。
拙者の顔を見るなり・・・吹き出した・・・(笑)
「あらぁ~また会いましたねぇ~」(大笑)
朝食前にも、ここで偶然一服していた“仲”である。(大笑)
行動パターンが同じである・・・国籍は違うが似たもの同士?(大笑)
こうなると、ついつい会話が発生する。

この小母さん・・・ドイツのベルリンから観光旅行で来たそうである。
ドイツ人だが、訛りのない綺麗な英語を話される。
言葉が通じない国での英会話ほど、ホッとすることはない・・・(大笑)
拙者の片言英語でも、話が通じるというのはありがたい・・・
この小母さん、今までの旅行の中で、今回のハバロフスクが一番、東なのだと言う。
それ以上、東には行ったことがないから日本にも当然行ったことがないとおっしゃる。
「是非、日本にも来て下さい!」(笑)・・・と拙者は“勝手に日本観光大使”を演じる。(笑)
「ところで、ドイツには行ったことがないのですが、いつ頃が旅行するにはベストシーズンですか?」と尋ねたら・・・
「いつでも大丈夫」とおっしゃる・・・
「ベルリンは良い所ですから是非おいでなさい」と言う。
で・・・・
「今は30℃から40℃くらいかな?いいところですよ~」と言う。
ん?・・・40℃・・・???
それ、どこがいいの?・・・猛暑じゃない?(大汗)
う~ん・・・「14(フォーティーン)」を「40(フォーティ)」と聞き違えたかな?(笑)
拙者の英語力なんてこんなものだ・・・まぁ、いいや・・・(大笑)
何だかんだと、しばらくの間、二人でタバコを吸いながらおしゃべりをする。

喫煙は、必ずしも悪いことばかりではない!
このようにコミュニケーションのきっかけにもなるのである!
そこのところを拙者は強調したい!(大笑)

今日は市内観光・・・・
まずは、『ウラジオストク駅』へ向う。

258_convert_20130912115239.jpg

駅の向かい側にレーニンの銅像が!
銅像好きの拙者としては、もっと近づいてみたいのだが、団体行動のため断念・・・
こういう時には団体行動は不便である。(大涙)

260_convert_20130912115320.jpg(ウラジオストク駅)

ウラジオストク駅は現役で使われている駅である。
が・・・内部には、展示パネルなどが設置されていて、「歴史的建造物」としての見学が出来るようにもなっているようである。

261_convert_20130912114552.jpg 267_convert_20130912114724.jpg

269_convert_20130912114951.jpg 266_convert_20130912133258.jpg

こういう建物・・・ワクワクするなぁ~(笑)

272_convert_20130912133627.jpg(ホームの上の陸橋から見る)

281_convert_20130912134101.jpg(ホームに降りて見る)

ん?・・・あれ?・・・
ホームに出ちゃったけど・・・
これでは、このまま列車に乗れちゃうんじゃないか?(笑)
日本のように改札がなく、まっすぐホームに行く事が出来るようである。
考えてみれば、列車の中で切符を確認すればいいんだから、そのほうが合理的かな?
改札口を設けるほうがコストがかかるような気がするなぁ~(笑)

287_convert_20130912134514.jpg

ホームに「記念碑」らしきポールが立っていた・・・
説明プレートはロシア語で書かれているので、意味がわからないが・・・(大笑)
「モスクワ」と「9288km」の文字だけはわかる。
わからん時には想像力を駆使するしかあるまい!(笑)
モスクワまで9288km・・・もしくは、モスクワから9288km地点・・・の記念碑ではあるまいか?
多分、そういうことだろう・・・
が・・・9288kmって、どのくらい遠くなのか実感が湧かない・・・(笑)
かなり遠いんだろうねぇ~(大笑)

この「ウラジオストク駅」は、かの有名なシベリア鉄道の東の端にある。
たぶん、モスクワを基点に考えるのだろうから、ここは終点ということか?
ここからモスクワまで列車の旅をするとして・・・
東京から新幹線で博多まで行くとして、だいたい距離にして1000kmでしょ?
その9倍?
あ・・・退屈になりそうだ・・・だめだ・・・我慢できない・・・(大笑)

このホームの上に、なぜか蒸気機関車が置いてある。
ちょうど、小さな男の子が大喜びして乗っていたので、この子のお父さんに撮影の許可を得て写真を撮る。
どこの国の男の子も機関車は好きなようである。(笑)

284_convert_20130912134604.jpg

で・・・男の子・・・
ポーズをとってくれたのはいいのだが、じっと真正面を見つめたまま・・・(笑)
あのぉ~・・・ボク・・・カメラはこっちなんだけど・・・(大笑)
モスクワに心馳せちゃってるのかな?(大笑)

この機関車には、幸いにも英語とロシア語の説明プレートが車体に取り付けられていた。
いやぁ~英語が大の苦手なのに、ロシア語と比べると、英語が簡単に思えてしまうのだから不思議である。(大笑)
それによれば・・・
この機関車は1942年6月11日にソ連と米国の間で結ばれた武器貸与法に基き、米国から貸与された米国製の機関車なのだそうだ。
ここ、極東路線では、第二次世界大戦の同盟国として米国から貸与された航空機、戦車、銃、食料、被服など、800万トンを輸送したのだそうである。
800万トン・・・ねぇ~・・・・あまりに数字が大きくて、さっぱりわからん・・・(笑)
で・・・最後に・・
「この機関車は、戦時中のソ連と米国の間における強力な協調の象徴である」で、締めくくられている。
ほぉ~・・・冷戦が終わると、こういう書き方になるのかな?(笑)
これが、冷戦中だったら・・・
「この機関車は、堕落した資本主義国家、米国の象徴である!」ってな感じになるのかな?(大笑)
これが、もし、中国なら・・・
「この機関車は、鬼畜米国の象徴で、我が人民30万人が轢き殺されたのである!」ぐらいの嘘を書くだろうなぁ~(大笑)

陸橋を渡り、線路の向こう側にある建物に向う。
と・・・
なぜか、多数の消防士と何本ものホース、人だかり・・・・
建物の入口からは濛々と白い煙が噴出している!(唖然)
火事?・・・テロ?(笑)
ガイドは平然と、この煙が噴出している入口に入って行く!
館内は煙で真っ白!
うそぉ~・・・普通、こういうところにお客さんを連れて入るかぁ~?(汗)
どうも、話によると火災訓練が終わったところらしい・・・
終わったからって言ったって、煙で真っ白なんだけど・・・

建物を抜けて展望台を兼ねる場所へ出たら・・・目の前は海!
どうやら、ここが『ウラジオストク港』のようである。

290_convert_20130912153656.jpg 291_convert_20130912153744.jpg

で・・・下を見下ろしてみたら、消防車が見えた。(笑)
訓練、御苦労様でした~
ロシアの消防車は赤と白のツートンカラーである。
日本のものより格好がいいような気がしないでもないなぁ~(笑)

294_convert_20130912155015.jpg

で・・・このビルは「港湾ビル」なのかな?・・・「ターミナルビル」?
大きな看板が出ている。
これ・・・ロシア語で「ウラジオストク」と書いてある。

292_convert_20130912153832.jpg

陸橋を渡り、駅舎の脇を通ってバスのところまで戻る・・・
この角度から見る駅舎もいいなぁ~(喜)

298_convert_20130912155354.jpg

と・・・陸橋の向こうから中国人の団体が・・・
この団体の中国人ガイド・・・マイク片手にスピーカーを使って説明をしているのである!
うるせぇ!うるせぇ!
そうじゃなくとも、中国人はうるさいっていうのに・・・
ギャーギャーワーワー・・・・
お前ら、陸橋を渡る人の迷惑になっているってことに気がつかないのかね?(怒)
あ~・・・この団体を日本人の団体だとロシア人が思わないでくれることを祈るのみ・・・
外見が似ているだけに迷惑だ・・・(大笑)

299_convert_20130912155430.jpg

駅の目の前は、バスなどが停まる場所になっているらしい・・・
う~ん・・・そこにバスがいると邪魔なんですけど・・・(笑)
駅舎の正面は広く開けてくれないと・・・いい写真が撮れないんですけど・・・(笑)
スポンサーサイト


旅行 | 10:21:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。