■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
博物館めぐり
今朝、目が覚めたら8時半!
寝坊した!(大汗)
まぁ、日本時間なら午前6時半だから、拙者としては寝坊してもおかしくはないのだが・・・(大笑)
持参してきた目覚まし時計・・・
アラームをセットしていなかった・・・(涙)
アホである。
幸いにも今日の出発時刻は午前10時だから良かったが・・・

で・・・朝食・・・
ホテルのレストランでバイキングなのだが、時間が遅かったせいもあるのか、食べるものが何もない・・・

044_convert_20130828213343.jpg

結局・・・朝食は、こんなもので済ませる・・・

ツアーバスに乗り移動・・・
バスの中で現地ガイドから今日の予定を聞かされ驚く・・・
当初の我々のスケジュールと違う!(唖然)
今日は博物館などに行く予定なのだが、ガイドは「そういう話は聞いていません。普通の観光だと聞いています」と言う。
「軍事博物館を見るために、このツアーに参加したんだから、それじゃ困るよ」と“ヨコヤマさん”が声を上げた。
ごもっとも、である。
一体、この企画はどうなっているのやら・・・
とにかく会社に連絡をして確認を取ってみる、とガイドさん・・・

ホテルを出て直ぐに停車・・・
ん?ホテルの直ぐ脇である。

047_convert_20130828213529.jpg 049_convert_20130828213651.jpg

ここに銅像が建っている。
後ろに見える建物は、我々が宿泊しているホテルである。(笑)

この銅像・・・
ヤコブ・ディアチェンコとかという軍人の銅像で・・・
1858年・・・日本では安政5年ごろ・・・井伊直弼が大老になったころであるが・・・(笑)
国境警備隊長として、この地にやってきて、要塞を築いたという。
たぶん・・偉い人なんでしょうねぇ~
(ガイドさんの話を相変わらず真剣に聞いていないので良くわからんが・・・)(苦笑)

で・・・道の反対が「郷土博物館」だそうで・・・
見学をするのかと思ったら、敷地内を通過して、裏手にある公園へ・・・

053_convert_20130828220145.jpg 055_convert_20130828220226.jpg

ここにも、もう一つ、銅像が建っていた。(笑)
銅像好きの拙者としては、楽しいが・・・
他の参加者の方々の気持ちはわからない・・・(大笑)

056_convert_20130828220313.jpg 059_convert_20130828220359.jpg

この人は・・・ムラヴィヨフ・アムールスキーという名の提督である。
19世紀の頃の東シベリア提督で、清国(中国)と条約を結んで、アムール川の左岸をロシア領にした人らしい。
立派な人なんでしょうねぇ~
だから、この人の名を取って、この目の前を流れる川を「アムール川」って名付けたのかな?
またもや、ガイドさんの話を聞いていなかった・・・

061_convert_20130828221609.jpg
(公園から見たアムール川)

このアムール川の深さは平均で5~6メートルだそうで、冬には厚さ1メートルの氷が張るのだそうだ。

この公園には昔の大砲が置かれていた。
郷土博物館の野外展示品なのだろう・・・

066_convert_20130829192600.jpg

この大砲は1860年製のものである。
日本では桜田門外の変で我が水戸の浪士によって井伊直弼が殺された年である。
当時の日本には、こんな大砲はなかったんだよなぁ~
これ、鉄製だもんなぁ~・・・当時の日本の大砲はせいぜい青銅製か?

071_convert_20130829192642.jpg

こちらの大砲は、1884年製で、ドイツのクルップ社が製造したものである。
日本は明治17年・・・
この年に「清仏戦争」が起こっている。
この戦争は、ベトナムの領有を巡って清国とフランスが戦った戦争である。
もしかしたら、そういうこともあって、ドイツはロシアにこの大砲を売り込んだか?(大笑)

次に向ったのは、すぐ近くにある『赤軍博物館』・・・
ここは、いわゆる軍事博物館である。
今回のツアー・・・ここに訪問するのが一つの目的という参加者も多い。(拙者もその一人)
だから、ここを行程から外されたのでは、何しに来たのかわからないのである!(笑)

109_convert_20130829194816.jpg(赤軍博物館)

ここには、ノモンハン事件の資料や日本軍の遺品などが展示されているという。
が・・・なんと・・・休館だと言う!(驚)
そんな・・・馬鹿な・・・である。
休館日に合わせてツアーを組むバカがどこにいるんだ?(怒)

現地旅行社の女社長(・・・とみんなが言っていた)もやってきて、交渉の結果、屋外に展示されているものだけは見学させてくれるということになった。
う~ん・・・ノモンハン事件の展示が見られなかったのは痛い!(大涙)
ホテルから歩いても来れそうな距離だから、今度はツアーじゃなくて個人旅行で来てみようかな・・・(大笑)

076_convert_20130829195047.jpg 084_convert_20130829195136.jpg

中庭にズラリと兵器が並ぶ・・・・

079_convert_20130829194943.jpg

これは、愛称「カチューシャ」と呼ばれる「多連装ロケット砲」・・・
BM-13という車両で、8本のレールの上下に2本づつ・・・計16本の132ミリロケット弾を装填して、連続で発射する。
シュン!シュン!シュン!シュン!・・・とものすごい音をたててロケット弾を発射して撃ち込むという怖ろしい兵器である。
これがあの有名な「カチューシャ」かと、実物を見て感動した。(笑)

090_convert_20130829203608.jpg

これはまた、ちっちゃな戦車である!(笑)
説明板があるが、全てロシア語!(唖然)
が・・・なんとなくわかる。(笑)
この戦車は「T-18」という戦車で1927年製らしい。
1927年は、日本では昭和2年・・・芥川龍之介が自殺した年である。(関係ないか・・・)
この戦車・・・重量は5.9トン、乗員は2名・・・だそうだ。
こんなに小さけりゃ、2名が限界だろうね?(大笑)

092_convert_20130829203725.jpg

これは、写真か何かで見た覚えがあるんだよなぁ~
英語で言えば、「キッチンカー」(?)
日本語では「炊飯車」「炊事車」・・・かな?
「野戦炊事車」というのかな・・・馬に引かせて移動する車で・・・戦場で食事を作る車なんだよね。
ロシア語の説明板は・・・・ロシア語の単語がわからないので、想像するしかない・・・(大笑)
たぶん、「KP-2-42]というのが、この「野戦炊事車」の型式だと思う。(笑)
1951年製造ということらしいが・・・
ん?拙者が生れる9年前に作られたの?・・・馬で引く「炊飯器」が?(笑)
ゴムタイヤが装着されているから、本体の形は変わらないけど・・・馬で引かずに車で引いていたのかな?
ということは、炊事するにはかなり便利で、その形を継承続けている「優れもの」ということか・・・

097_convert_20130829203806.jpg

この戦車は「BT-7」という戦車で、1935年製・・・
日本は昭和10年・・・2・26事件の1年前・・・
乗員3名が乗る戦車で、重量は説明板によれば、14.65トンである。
この戦車は昭和14年(1939年)に起こった「ノモンハン事件」の後半戦に投入された戦車である。
この戦車のおかげで日本軍は散々な目に遭っている。
う~ん・・・この戦車か・・・我が日本軍を苦しめた戦車は・・・
感無量・・・である。

098_convert_20130829221850.jpg

この戦車は「T-34ー85」という戦車・・・
「T-34]という戦車はソ連の有名な戦車である。
説明版には1939年製と書かれているが、これはちょっとおかしい・・・
確かに初期型のT-34ならば、その頃の生産だろうが・・・
「T-34-85」というのは1943年以降に作られた85mm砲搭載の型なのである。
この「85型」の生産数は約3万両にも及ぶという。
第二次大戦後には海外にも輸出された型である。
重量35トン、乗員5名・・・
大戦中は主にドイツ軍と戦った戦車である。

100_convert_20130829221927.jpg

この写真では、ちょっと分かりづらいかもしれないが・・・
一番左が「T-18」、真ん中が「BT-7」、手前のが「T-34-85」である。
その大きさの違いがわかるか・・・な?(笑)

101_convert_20130829223213.jpg 083_convert_20130829223116.jpg

ここには、ミサイルやら近代の戦車など、戦後に作られた兵器も展示されていたが・・・
拙者は全く興味がない・・・(笑)
興味があるのは、第二次大戦のものだけ・・・である。

ツアー参加者、それぞれ自由に見て回っていたが・・・
その姿を見て現地ガイドが半分呆れていた・・・(大笑)
「ここに来る人は、大概、戦車の前で記念写真を撮っておしまいなのですが、皆さん、熱心に見られるのですねぇ」・・・と言う。(笑)
皆さん・・・というより、特に拙者は・・・と思っていて話しかけてきたのではあるまいか?(大笑)

約30分ほどの見学を終え、時刻は11時を過ぎた・・・

次に向うは・・・・・ん?
郷土博物館?(汗)
さっきの場所でしょ?戻るの?・・・・なんだろ・・・それ・・・

051_convert_20130830114504.jpg

で・・・行ってみたら・・・休館だという。(唖然)
さっき、ここの前を通ったでしょ?
気が付かなかったの?
「もしかして、俺達、日本の右翼には見せたくないものがあるから、急遽、休館にしたんじゃないの?」(笑)と拙者が言ったら、みんなが笑った・・・
なにせ、このツアー・・・例によって例の如く・・・保守派(簡単に言うと右翼・・・笑)の参加者ばかりなのである。(大笑)

しばらく待たされたが、現地ガイドの交渉により、一部だけを見学できることになった。
はぁ・・・一部ねぇ~・・・(笑)

館内では、掃除のオバチャンが床掃除をしていた・・・(笑)
その他、業者らしき人達がなにやら工事も行なっていた・・・
どうやら本当に休館だったようである。
が・・・あとから数人、ロシア人が見学に入って来た・・・
となると、これは何だ?(笑)
休館なのかどうかさっぱりわからん・・・・

110_convert_20130830120334.jpg 113_convert_20130830120411.jpg

115_convert_20130830120450.jpg 116_convert_20130830120524.jpg

展示物の説明文は、全てロシア語である!(笑)
大学時代に、第二外国語はロシア語を選択していたのだが、30年以上も接していないと、ほとんど忘れてしまっている。(大笑)
かろうじて、なんとか文字は読めるが、意味は全くわからない・・・(笑)
ボキャブラリーなんか全然ないもんね・・・
大学を卒業後も独学でロシア語を勉強していたらなぁ~・・・30年だからなぁ~
さぞかしペラペラになっていただろうに・・・などと思うが・・・
英語すら満足に出来ないんだから、多分、拙者は語学の才能がないのだと思う。
30年かかっても多分、無理だな・・・(笑)

118_convert_20130830130212.jpg 120_convert_20130830130305.jpg

この博物館にはジオラマの展示がある。
ロシアの内戦の時の様子を描いたジオラマである。
ロシア国内が赤軍と白軍に分かれて内戦をしたのである。
たしか・・・1922年の内戦終結間近の様子を描いたものだったと思うが・・・
ガイドさんが「バラチャイスカ村」とかなんとか言っていたけど・・・
よく聞いていなかったから、わからない。(笑)
興味がないから、どうしようもない・・・聞いても頭に入らないし・・・

それより、このロシアの内戦の時にニコラエフスクで起こった「尼港事件」のほうが興味があるんだけど・・・(笑)
この事件は大正9年(1920年)にニコラエフスクで起こった赤軍パルチザンによる虐殺事件である。
虐殺を行なった赤軍側には朝鮮人や中国人も加わっていた。
だから、拙者は彼らが嫌いなのである!(怒)
彼ら赤軍はニコラエスクを占領し、ロシア人住民を処刑したのだが、それだけでは済まず、現地に住んでいた日本人居留民も襲ったのである。
特に女性はことごとくレイプされた挙句、虐殺されたと言う。

我が親父は子供の頃、映画館で、この尼港(にこう)事件の記録映画を見たことがあると言っていた。
虐殺事件後、現地に入った日本軍が撮影したものだろう。
いわゆる「ニュース映画」だったのではあるまいか。
虐殺された日本人のショッキングな映像は、今も忘れられないと言っていた。
その貴重なフィルムは、今はどこにあるのだろう?・・・見てみたいものである。

ここには日本軍の守備隊も駐留していたのだが、彼らも皆殺しになった。
我が水戸の歩兵第2連隊第3大隊を主力とする部隊である。
武器の引渡しを要求した赤軍に対し抵抗をしたところ、赤軍と、なんと、中国海軍が共同で日本軍守備隊を攻撃し、虐殺したのである!
だから、拙者は中国人が嫌いなのである!(怒)
なんで、お前ら中国人がロシアの内戦に首を突っ込んでいるんだよ!(怒)
ニコラエフスクのロシア人住民の約半数が虐殺されたそうだが、日本人居留民と日本軍守備隊は、ほぼ全員が虐殺されたと言われている。

茨城県人として、わが歩兵第2連隊の将兵が虐殺されたニコラエフスクを訪問してお参りしてあげたいのだが・・・
ここからは遠いしなぁ~
やっぱり、もう一度、今度は個人旅行で来るしかないかな・・・(涙)

123_convert_20130830140214.jpg 124_convert_20130830140247.jpg

125_convert_20130830140319.jpg 126_convert_20130830140401.jpg

やっぱり、博物館は個人で訪れたほうが、ゆっくり見られていい・・・
歴史に詳しくて日本語の話せるガイドを個人的に雇って・・・(笑)
表記は全てロシア語だからなぁ~・・・少しロシア語も勉強したほうがいいか?(大笑)
かなりハードルが高いけど・・・

1時間にも満たない、せいぜい30分程度の見学を終えて、次に向う・・・・
スポンサーサイト


旅行 | 12:21:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。