■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハバロフスクへ!
昨晩は、京成成田駅前のホテルに前泊・・・
今日から4泊5日の「極東ロシア・ツアー」に出発する。
訪問地は、ハバロフスクとウラジオストクである。
生まれて初めてのロシア!
ワクワクである・・・(笑)

当初の出発時刻は午後だったのだが、出発直前に出発時間が午前中に変更となる。
昨晩、ホテルに宿泊していて良かった・・・(笑)

今回のツアー・・・
参加者は男性11名、女性1名の合計12名・・・
で・・・最年少者は拙者と、同じ年のもう一人・・・
つまり12人中10名が拙者より年上なのである。(笑)
毎回参加される“ヨコヤマさん”が今回も参加されているので心強い・・・
他に2名・・・どこかでお会いしたことがあるような・・・(大笑)
「台湾でしたっけ?済州島でしたっけ?」
どうも、拙者は他人の顔と名前が覚えられない・・・(大涙)
今回は添乗員さんが体調不良で入院し、退院したがドクターストップがかかって同行できないと言う。
が・・・この添乗員さんの陸自幹部候補生の同期の方が現地での解説役と引率をするので安心してくれとのこと。

午前11時30分発のSU4679便でハバロフスクへ向う。

SU4679便は「アエロフロート・ロシア航空」の便名なのだが、機体は「ウラジオストク航空」である。
共同運航便らしい・・・

001_convert_20130827215225.jpg

飛行時間は3時間弱・・・
その間、飲み物と機内食のサービスがある。

003_convert_20130827215306.jpg

この写真を撮った瞬間・・・スチュワーデスが吹っ飛んできて・・・怒られた・・・(大汗)
英語で何か言われたのだが・・・残念ながら拙者は英語が良くわからない・・・(笑)
ロシア人が早口でしゃべる英語はなおさらわからない・・・(大笑)
飛行中に写真を撮ってはいけない・・・ということなのか・・・
それとも、美人のスチュワーデスさんにカメラを向けたので肖像権の侵害だと言っていたのか・・・
よくわからないけど・・・怒られた・・・・

確かにスチュワーデスさんは美人ですけど・・・愛想がない・・・(寒~)

そのかわり、機内食は素晴らしいのかというと・・・そうでもない・・・
パサパサのハンバーガーである・・・(涙)
食べている最中に早くも回収作業が始まるという、素晴らしいサービス・・・(笑)
急いで食べねばならぬという忙しさ・・・
素晴らしいサービスである・・・(大笑)

004_convert_20130827215339.jpg 005_convert_20130827215407.jpg

日本とハバロフスクの時差は、2時間(夏時間適用)(冬時間の場合は1時間)・・・・
日本時間に2時間をプラスする。

006_convert_20130827222315.jpg

午後4時過ぎ(現地時間)にハバロフスクの空港に到着・・・
明日の予定にある「日本人墓地参拝」を、今日のうちに済ましてしまおうということで「日本人墓地」へ向う。

009_convert_20130827223406.jpg

008_convert_20130827223247.jpg(バス停のようです・・・)

午後5時半、「日本墓地」に到着・・・

011_convert_20130827223443.jpg

013_convert_20130828113341.jpg 020_convert_20130828113730.jpg

017_convert_20130828113659.jpg

終戦後、抑留された日本人の墓地だが・・・
墓石が建っているお墓を見ると、1970年代、1980年代にお亡くなりになられた方のお墓だった。
ということは・・・抑留とは別に、この地に住みついた日本人がいるということか?
現地のガイドさんが、抑留者の遺骨は日本に還っているというようなことを言っていたような気がするが・・・
そうなると、この日本人墓地をお参りする意味は何だろう?
“いない”のにお参りするのか?
よくわからん・・・・

約20分程度の参拝を終え、夕食会場に向う・・・

024_convert_20130828114740.jpg

町の中で、かなり汚いバスを見かけた。(大笑)
こちらの人は「洗車」というのはしないらしい・・・(大笑)

027_convert_20130828114951.jpg

午後6時過ぎ、市内のレストランに到着する。
外見も洒落ているが、内部の雰囲気もいい・・・
こういうの、好きなんだよなぁ~・・・日本人なんだけど・・・(笑)

028_convert_20130828115025.jpg

031_convert_20130828115913.jpg 

032_convert_20130828115700.jpg 035_convert_20130828115743.jpg

夕食を終え、ホテルに向う・・・

026_convert_20130828114918.jpg 036_convert_20130828124403.jpg

こういう建物、好きなんだよねぇ~・・・日本人なんだけど・・・(笑)
どうしてなのか?
ワクワク興奮しちゃうんだよねぇ~(笑)

037_convert_20130828124442.jpg

ホテルに到着!
とても、ホテルとは思えない建物である・・・(苦笑)
ん?アパート?古びたマンション?(笑)

ちなみに・・・今は午後7時半である!
夜の7時だというのに、この明るさ!(唖然)
ここでは、陽が沈むのは、午後10時ごろだと言う・・・(唖然)
午後9時半ごろになって、ようやく日本の夕方・・・日差しがギラギラして、まもなく陽が沈みますよ・・・という感じ・・・
あ~・・・どうも調子が狂うなぁ~
2時間の時差なんか付けない方がいいんじゃないの?

040_convert_20130828124606.jpg 039_convert_20130828124528.jpg

外観はイマイチだったが・・・部屋は、まともだった・・・(笑)

041_convert_20130828130820.jpg

が・・・テレビは・・・ここ・・・(笑)
しかも・・・小さい・・・(涙)
まぁ、ないよりはいいか・・・

あ~暇だ・・・(大笑)
夜だっていうのに明るいし・・・
周囲が繁華街なら散策するところだが、周囲は林に囲まれているような感じだし・・・
下手に外をブラブラ歩くと危険だからやめてくれと現地ガイドに言われているし・・・(笑)
ロシア人は体がデカイからなぁ~・・・絡まれたら、対応する自信がない・・・(涙)

というわけで・・・1階にある売店へ買物に出かける。
一応、ロシア語の挨拶をメモして、そのメモを見ながら店員のオバチャンに挨拶したが・・・
愛想がない・・・(汗)
ムッとしながら、とりあえず返事をしてくる・・・
ニコリと笑ったら皺が増えるから笑顔にならないのかね?(笑)

『ポストニックウォーター』というスポーツドリンクを1本とミネラルウォーターを1本買う。
スポーツドリンクは95ルーブル(約350円)、ミネラルウォーターは25ルーブル(約92円)だった。

他国のツアー旅行では、現地ガイドがバスの中で封筒に入った現地のお金を用意して両替してくれるのだが・・・
この国ではそういうことはやらないようだ。
「両替はホテルのフロントでお願いします」と言う。
このホテルと現地旅行社が系列会社だということで、そうするのかも知れない。
拙者は日本を発つ時に、すでにルーブルに両替しておいたから不便は感じなかったが・・・(笑)
自由行動が利かないツアー旅行の時は、事前に多少の現地通貨に両替しておいたほうがいいと思う。
到着早々、喉が渇いても飲み物が買えないようでは不便である。(笑)

042_convert_20130828130557.jpg 043_convert_20130828130636.jpg

部屋の窓から見た景色・・・
これで、夜8時半である!・・・・明るい!(涙)

あ~暇だぁ~(笑)
フロントに行って、マッサージサービスがあるか尋ねる。
拙者のロシア語の挨拶に笑顔で応えてくれた!
おお、一応、拙者のロシア語は通じたのね?(笑)
で・・・マッサージ・・・
こっちの話はロシア語では無理!
そんな難しい会話はできない・・・(大笑)
というわけで・・・英語で話をする。
フロントの女の子も英語が出来るので助かった。(笑)
こうなると・・・英語が苦手な拙者だが、頼りにするのは英語ということになるわけで・・・(笑)
こりゃ、やっぱり英語は身につけておいたほうがいいなぁ~・・・と再認識したのでありました。(笑)

マッサージをお願いし、部屋に戻って読書・・・
夜10時を過ぎ、陽が沈んで暗くなったころ、部屋の電話が鳴った!
はぁ?誰?・・・電話に出てみたら・・・
「ママサンデス!ワカイ、キレイ、オンナノコ、ドウデスカ?」と女性の声・・・
おお!なんと嬉しいお誘いではないか!(大笑)
が・・・それならそうと、もう少し早く電話をいただきたかった・・・(涙)
マッサージを頼んじゃった!(大笑)
というわけで・・・お断りする。(大泣)(大笑)
「ニェ~ト・スパスィ~バ!」(いいえ、結構です!)

まもなくマッサージさんが部屋にやって来た・・・
間違いなく体重は100キロを超しているよね?・・・という巨漢のオバチャンである。(驚!)
が・・・このオバチャン、異常に明るい人・・・
ロシア人に、こんなに愛想がいい人もいるのかと驚いた。
いきなりケラケラ笑いながら日本語で「コンニチワ!」(笑)
日本語が話せるのかと思ったら、話せないと言う。(大笑)
日本語、少し・・・英語、少し・・・ロシア語、たくさん・・・(大笑)
3ヶ国語のチャンポンである。(笑)
が・・・・比率は、ロシア語が99%、日本語0.5%、英語0.5%である・・・
つまり・・・通じない・・・(大笑)

まさか、その巨漢で拙者の背中には乗らないでしょうね?・・・と尋ねたかったが・・・(大笑)
ベッドの端に座って、「ここで揉むから、ここに寝ろ」とジェスチャー・・・・
おお、助かった・・・(大笑)
大きなゴツイ手でグイグイ揉んでくれる。
いやぁ~さすがは巨漢のオバチャンである。
力がある!(大笑)
首を揉まれた時は、これはさすがに気持ちが良かったぁ~(大喜!)
大満足のマッサージ・・・・1時間、1500ルーブル(5550円)なり!
スポンサーサイト


旅行 | 22:05:48 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。