■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦友会会報の原稿を渡す
我が戦友会の会報・・・・
拙者が一人で執筆、編集、発行を行なっている。(笑)
会員に「何か書いて下さい」とお願いしても、みなさん御高齢である・・・
最前線で戦って生還した戦友も、もう90歳を超している。
文章を書くなんて・・・とても、とても・・・無理!(大笑)

その昔、若いときに体験談を書いていた方々も、もう何度もは書かないし、書けない・・・
過去に書いた体験記でもいいから提供してもらいたいのだが、これもなかなか難しい。
こちらのほうは、どうも精神的に・・・という感じのようである。
つまり、戦友会の会報などに下手に体験談を載せると、他の戦友から何だかんだとクレームがつくらしいのだ。
「日付がちがう」「名前が間違っている」「地名が違う」「そんなことが本当にあったのか?俺は見ていないぞ」等々・・・
本人は自分の記憶に従って書いているのだが、あ~でもねぇ、こ~でもねぇと、後から色々言われたり手紙が届いたりするらしい。
過去にそういうことを少なからず、皆さんは経験しているようで、お願いしても「いやぁ~勘弁して」と苦笑いを浮かべ逃げてしまうのである。(笑)
う~ん・・・この気持ちはわからないでもない・・・

その証拠に、戦友会以外の、たとえば老人会の会報などには体験記を投稿していたりする。
同じ戦場で戦った人がいないのならば・・・と、気軽に体験談を披露できるからだろう。
その気持ちもわからないでもない。(笑)

面白いことに、最前線で弾の下をくぐってきたような“歴戦の勇士”ほど、自分の体験談や手柄話のようなことを自分から積極的に話したり書いたりしない。
みなさん、遠慮深いのである。
反面、やたらと自慢話をするような人は、詳しく聞いてみると、たいして弾の下はくぐっていない・・・(笑)
我が戦友会の方ではないが・・・靖国神社などでやたらと知ったかぶりして偉そうなことや、威勢のいいことを言っている人に会うことがあるが、聞いてみると最前線には行っておらず、内地で終戦を迎えていた・・・なんていう人が多い。

実戦経験者には、結構、遠慮深く大人しい人が多い。
だからこそ、そういう人の貴重な体験談を是非お聞きしたいのだが、そういう人だから、なかなか話してくれない。(涙)
拙者の祖父もそうだったが、戦場でのことは、なかなか話してくれないのである。

部隊の記録として、キチンとしたものを残そうという人達は、「部隊史」の編集員として戦友に声をかけ、体験談や資料を集め、「部隊史」を制作している。
そういう方々は、悲しいかな、大役を終えたというわけだろうか、早々とこの世を去っておられる。
編集員をやった、こういう方々なら何か原稿を書いてくれるかなぁ~と思うのだが、不思議なことに、こういう方々がお亡くなりになってから、拙者が戦友会に関わるようになり、会報を担当することになったのである。
戦友会としてはグッドタイミングかもしれないが・・・(笑)
拙者としては・・・(苦笑)・・・である。

というわけで・・・誰も原稿を書いてくれないから、自分で書くしかない。(大涙)
で・・・何を書くかで毎回頭を痛める・・・(笑)
内容が薄い会報を発行するのは、カネの無駄遣いである。
なんとか内容を充実させようと思うのだが、これがまた難しい・・・

今回は、拙者が現地に行った時の、慰霊と戦跡訪問の「旅行記」で埋めたが・・・
次号はどうしようか・・・すでに次号のことで頭が痛い。(笑)

本来は、毎年、決まった時期に発行すべきなのだろうが・・・
こんな調子だから、遅れに遅れる・・・
特に締切日を決めていないから、遅れるのは当然だし、自分ひとりでやっていることだから、怠けやすい。(大笑)

今回も、「8月には発行します」などと会長に調子のいいことを言っておきながら・・・遅れた・・・(笑)
昨日、ようやく原稿が仕上がった。(大笑)
もう8月も終わりなんだけど・・・(大汗)
一応、原稿はレイアウトまで拙者が行なうことにしている。
ほぼレイアウトそのままに印刷にかけるわけだが、それでもゲラのチェックは必要で・・・
何度も確認したはずなのに、この段階で誤字や脱字が見つかることがあるのだ。
拙者がいかにオッチョコチョイであるかを確認する作業でもある。(大笑)
これからゲラのチェックと印刷だから・・・会員の手元に届くのは9月だな・・・(大汗)

印刷物の苦手なところは、一旦発行してしまうと訂正がきかないところである。
これがウェブサイトだったら、直ぐに訂正してデータを更新をすればいいだけだが・・・
印刷物となると、そういうわけにはいかない。
何度も読み直しているうちに、言い回しや内容を変えたくなって・・・
仕舞いには全部を書き直したいという衝動に襲われる。
こうなると、いつまで経っても「完成」しない・・・(大笑)
えい!やっ!・・・と思い切って無責任にならないと、精神的に参ってしまうのである。

今回も同様・・・(大笑)
もう、これでいいや!・・・と半分無責任になって・・・(大笑)
本日、印刷屋の“シンゴちゃん”に原稿のデータを渡す。
スポンサーサイト


日記 | 21:51:29 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。