FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

フィリピンへ行く
例によって例の如く・・・フィリピンに行く・・・・(笑)

前回の課題・・・
展示品の持ち主のネームプレートの作成・・・
ディソンさん、フクダさん、それぞれが博物館に「貸し出し」ている。
が・・・所有者の名前がどこにも記載されていないので、館長が替わったら、もうわからなくなる。
というわけで・・・それぞれの所有者名を明記したプレートを10枚づつ作成してくれるよう頼まれた。
で・・・これは簡単に作成できた。

それと、もう一つが、前回、クラーク観光局のガイ氏から頼まれた観光リーフレットの翻訳である。(大汗)
まぁ、出発の1週間前にでもサラサラッとやれるだろうと思ったのが大間違い!(大笑)
だいたい、英語が苦手な癖して簡単に訳せると思うほうが間違っているのだが・・・
どうして調子に乗っちゃったのかなぁ~・・・
1週間もあれば・・・などと、あれから放置したまま・・・(大笑)
で・・・いざ、和訳し始めたら・・・日本語にならない!
どう頭をひねっても・・・日本語にならないのである!(大涙)
こりゃ、最悪である!

そういうわけで、ここ1週間は辞書を片手に(と言っても、電子辞書だが・・・)、う~ん・・・と唸り続けていた。(大涙)
翻訳というのは、やってみると難しいものである。(今頃気付くとは・・・アホである)
そのまま英文を訳すと「日本語」にならないのである。
言っていることはわからないでもないが、「変な日本語」になってしまうのである。
で・・・流暢な日本文にしようとすると、かなり原文から離れてしまうのである。
う~ん・・・どうしよう・・・(笑)
“直訳”がダメなら“意訳”ということになるのだろうが、拙者がやると“異訳”になってしまう・・・

観光局長の要望は、この英文の観光リーフレットに日本語に訳した紙を挟んで日本人観光客に渡したいのだそうだ。
リーフレットに挟むので、用紙のサイズは制限されるから、当然、文字数も制限されることになる。
ダラダラと日本語で書く訳にはいかない・・・
なんとかかんとか、それらしき体裁が整ったのが昨晩になってである。(大笑)
文章はイマイチなので、とてもじゃないが渡せない・・・
一応、こんな感じでどうでしょうか?・・・の見本ということで持参することにした。
これで今回は時間を稼ぎ・・・(大笑)
次回、“洗練された日本語”に書き直して、渡せばいいか・・・な?(笑)

前回同様、午後5時20分発のANAでマニラに向う。

が・・・相変わらずボケている・・・
5時20分発に搭乗するということは、午後3時20分までには成田空港に到着して搭乗手続きをしなくてはならない・・・・
スカイライナーで上野駅から成田空港までは約1時間・・・
午後2時頃のスカイライナーに乗らねばならぬということになる。
午後2時頃のスカイライナーに乗るには、遅くとも午後1時過ぎ頃には上野駅に着かねばならぬ。
上野駅に午後1時頃に着くには、何時の特急に乗って上野に向えばいいのかな?(笑)
ん?あれ?おや?・・・・
どうせ夕方の便だから・・・などと余裕綽々で家にいたが・・・
我が家がどこにあるのか、すっかり忘れていた!(大笑)
ヤバイ!・・・・慌てて家を出る!(大笑)

無事に成田空港第一ターミナルに到着・・・
搭乗手続きは、前回同様、機械を使ってやってくれと担当の女の子が言う。
「前回、エラーが出て手続きできなかったんだけど・・・」
「試しにやってみて下さい」
「最初からカウンターで手続きしたほうが早いと思うんだけど・・・」
「とにかく、やってみて下さい。やり方をお教えしますから」
拙者は機械の操作が苦手なんだけどなぁ~
だからATMも使わないんですけど・・・(笑)
で・・・やってみたら、やっぱりダメ!
係員の女の子が二度も挑戦したが、それでもダメ!
仕舞いには・・・「予約が取れていないようですねぇ~」と言う!(驚)
「そんなことはないでしょ!」(怒)
手元には“Eチケット”という“切符”も持っているんだし・・・
「カウンターの方で手続きをお願いします」と言う。
「ほら、だから最初から言ったでしょ?」

どうも拙者はANAの機械とは相性が悪いようである。

今晩はマニラに一泊し、明日、長距離バスに乗ってクラークへ向う予定・・・
これも前回同様の行程だが・・・
今回はバスターミナル近くのホテルに泊まろうかと考えた。
が・・・
拙者が10年以上も使っている旅行社・・・客の要望を聞いてはくれないのである!(大笑)
今回は定宿のホテルではなく、別のホテルに泊まってみたいのだが・・・
「あそこは値段が高いので・・・」と言う。
「少しぐらい高くても構わないんだけど・・・」
「近くに安いホテルがあるかどうか探して見ますね」と言う。
「安いホテルが見つからなかったら、値段が高くても、そのホテルにしていいからね」と言っておいたのに・・・結局は、いつもの定宿となる。
理由は・・・お金がもったいないから・・・というのだから笑ってしまう。
客の拙者が「高くてもいい」」と言っているのに応じてくれないのである!
金銭感覚が麻痺している?経済観念がない?・・・拙者を心配してなのか・・・いつものホテル。
たまには贅沢してみたいんだけどなぁ~(笑)
向こうからすると、十分、あなたは贅沢をしています・・・ということなのだろうか?(大笑)

バスターミナル近くの値段の高いホテルに泊まるより、いつものホテルに泊まってタクシーでバスターミナルに向かうほうが安いと言う・・・
確かにそうなんだけど・・・(涙)

空港では、いつもの“サンデーくん”が迎えに出てくれて・・・
送迎車でガイドの“ステラさん”がお迎えに来てくれ、ホテルのチェックインの手続きをしてくれた。
これもいつものパターンである。(笑)

いつもと違うのは・・・なんと・・・部屋のシャワー!
お湯が出ない!
なんともオンボロな・・・・
老舗のホテルで、かなり老朽化しているのであるが・・・更に老朽化したようで・・・
まさかの“はずれクジ”に当ってしまったようである。(涙)
水しか出ないシャワーでは・・・ねぇ・・・
今更、部屋を代えてもらうのも面倒なので、そのまま・・・寝る!(笑)
スポンサーサイト





旅行 | 10:48:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する